ソフトバンク回線の格安SIMおすすめランキング5選!速度と料金を一覧で比較

  • 2024年6月11日
※本記事に掲載している情報について
  • 本記事は細心の注意を払って作成し更新していますが、情報の正確性や安全性を保証するものではありません。
  • 本記事で紹介しているインターネット回線は、すべてベストエフォート型サービスです。
  • 最大通信速度は技術規格上の最大値であり、実際の速度とは利用環境・機器・混雑状況によって異なります。
  • 掲載している実効速度は、当サイトおよび第三者の速度計測による検証結果であり、一定の効果を保証するものではありません。
※インターネット回線の契約について
  • インターネット回線のご契約前に、光回線各社のホームページに記載されている注意事項や利用規約を必ずご確認ください。
  • 契約後の利用に関するご不明な点は、サービス提供元へ直接お問い合わせください。
※広告について
本記事には広告が表示されます。
ソフトバンク回線が使える格安SIMおすすめランキング!通信速度や料金で徹底比較

ソフトバンク回線が使える格安SIMのおすすめランキングでは、速度の速さと料金の安さを元に順位を決定しています。

料金には割引キャンペーンなどの特典も含めています。

ソフトバンク回線のメリット・デメリット

ソフトバンク回線のおすすめランキングの前に、メリットとデメリットを把握しておくのも重要です。

また、おすすめランキングを作成する際に重視した項目をソフトバンク回線の格安SIM選び方として解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

格安SIMおすすめランキングTOP3

  • LINEMO

    ★★★★☆4.1点

    3GBと20GBどちらのプランも格安!無料オプションが人気。

    • 3GBプラン990円は格安SIMの中でも最安級
    • 20GBプラン2,728円も格安SIMの中で最安級
    • ソフトバンク同等の回線速度だから速い
    • 提供エリアも広い
    • 5Gも利用できる
    • LINEアプリがギガフリーで使い放題
    • 乗り換え・新規なら高額ポイント還元
    • eSIMに対応
    • 事務手数料が無料
    • iPhone系保証サービスあり
    おすすめする理由
  • ワイモバイル

    ★★★☆☆3.9点

    割引を使えるなら激安!データ繰り越しが人気。

    • キャリア並の通信速度
    • 家族割・おうち割適用で大幅に安いくなる
    • 店舗でのサポートが受けやすい
    • 余ったデータ容量を繰り越せる
    • 無料でメールが使える
    • 端末の割引キャンペーンが豊富
    • eSIMに対応
    • ソフトバンクWiFiスポットが利用できる
    おすすめする理由
  • mineo

    ★★★☆☆3.7点

    低速無制限や独自サービスが人気でファンが多い!

    • 月額料金の安いデータSIMも選べる
    • 通信速度は普通
    • 格安で低速無制限にできるオプションがる
    • 低速でも最低限のことは出来るので人気
    • 10GB以上のプランなら無料で低速無制限が付けられる
    • 低速無制限のプランがあり料金が激安
    • フリータンクなどユーザーのコニュニティーで特典を受けられる
    おすすめする理由
おすすめランキング5選

総合評価でのおすすめランキングもありますが、利用用途や使い方別で比較もしているので是非チェックしてみてください。

カテゴリ別おすすめソフトバンク回線の格安SIM

割引の中でも光回線とソフトバンク回線のスマホセット割は非常にお得です。

もし光回線も検討できる人は、格安SIMとセットで光回線の見直しもしてみてください。

光回線とセットでおすすめのソフトバンク回線格安SIM

ソフトバンク回線のおすすめ格安SIMを比較しよう!

おすすめランキングを作成するにあたり、料金・速度・特典を比較しています。

それぞれの回線を比較して、自分に合ったソフトバンク回線を選びましょう。

料金を比較
速度を比較
特典を比較

ソフトバンク回線のおすすめ格安SIMを一覧で比較

事業者申し込みデータ量価格通話速度の目安光セット割の有無
LINEMO
LINEMO
公式サイト3GB、20GB990円、2,728円LINE通話無料
22円/30秒
52.98Mbpsなし
ワイモバイル
ワイモバイル
公式サイト4GB~30GB2,365円〜5,115円22円/30秒68.39Mbpsソフトバンク光
mineo
mineo
公式サイト1GB〜20GB250円〜2,178円専用アプリ利用
11円/30秒
40.21Mbpseo光
NUROモバイル
NUROモバイル
公式サイト3GB~40GB792円~3,980円11円/30秒66.53MbpsNURO光
So-net光
b-mobile
b-mobile
公式サイト1GB〜30GB1,089円〜7,469円専用アプリ利用
11円/30秒
26.67Mbpsなし

比較したソフトバンク回線の格安SIM8社

この記事の監修者
加藤文也
加藤文也KatoFumiyaReYuu Japan株式会社取締役
中古スマホEC事業、光回線・格安SIM・WiFiなどのインターネットに関する6つのメディアを運営管理している。
当メディアがおすすめするインターネット回線の比較に関するコンテンツは、総務省消費者庁によって管理され公表されている情報を参考に、第三者による調査結果や利用者の評判・口コミなどの客観的事実をもとに作成しています。詳しくはコンテンツ制作・ランキング作成に関するポリシーを参照してください。
※記事の内容に間違いがあった場合には、ReYuu問い合わせへご連絡ください。
※記事内の金額は全て税込み表記となります。
目次
auのお得な最新人気機種
au Online Shop お得割
順位1位2位3位4位
機種Xperia 1 VI
Xperia 1 VI
Google Pixel 8a
Google Pixel 8a
Galaxy S24
Galaxy S24
Google Pixel 8 Pro
Google Pixel 8 Pro
価格112,800円~47円~57,800円~65,400円~
特徴SONYの最新技術
全てハイスペック
オリジナル機能が
便利!そして安い
2024年4月の新型
AI機能が充実
ハイスペック
でも安い!
購入公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
※記載の内容は2024/6/5時点の情報です。【必読】auオンライン購入から自宅受け取りして初期設定するまでの手順

ソフトバンク回線のメリット・デメリット

ソフトバンク

まず最初に、ソフトバンク回線のメリットとデメリットを解説します。

通信品質が安定している

ソフトバンク回線は「ユーザーの体感を損なわないこと」を最も大切にしており、AIを導入しながら通信品質の改善を日々行なっています。

他社からの乗り換えで速さを実感した方も多く、ソフトバンクではダウンロードとアップロード双方の速度を快適に保つことで、ユーザーの体感に配慮しています。

そのためネット上では「ソフトバンクが以前より繋がりやすくなった」「通信品質が良くなった」という評判をよく見かけるようになりました。

ただ、中には「地方で繋がりにくい」というクチコミも目立ちます。

ソフトバンクはドコモやauに比べてエリアカバー率が若干低いため、市街地から離れた山間部などでの利用には課題があると言えるでしょう。

ソフトバンクからの乗り換えが簡単

ソフトバンクが購入したスマホなら、ソフトバンク回線の格安SIMでもそのまま使えるので安心です。

格安SIMに乗り換える際は、ソフトバンクのサービスは基本的に使えなくなりますが、LINEMO・ワイモバイルなら一部サービスの利用もできます

格安SIMワイモバイル
ワイモバイル
LINEMO
LINEMO
キャリアメール@ymobile.ne.jp
@yahoo.ne.jp
×
持ち運びは有料
Yahoo!プレミアム特典 for Y!mobile 無料×
キャリア決済ワイモバイル
まとめて支払い
ソフトバンク
まとめて支払い

ソフトバンクメールは使えなくなりますが、LINEMOはそのままソフトバンクまとめて支払いが継続利用ができます。

ワイモバイルは「ワイモバイルまとめて支払い」が利用可能です。

さらにLINEMO・ワイモバイルなら、契約手数料もかからず乗り換えられるのでお得ですね。

他社からの乗り換えはSIMロック解除が必要

以前はドコモ回線やau回線の格安SIMが主流だったので、ソフトバンクスマホはSIMロック解除して乗り換える必要がありました。

ソフトバンクで購入したスマホで格安SIMに乗り換える場合、ソフトバンク回線を選べばSIMロック解除が不要です。

キャリアのSIMロック解除窓口

キャリアお客様サポート窓口受付時間
ドコモSIMロック解除My docomo24時間受付
auSIMロック解除My au9:00〜21:30
ソフトバンクSIMロック解除My SoftBank9:00〜21:00

他キャリア端末のSIMロック解除を忘れると、契約しても使えないので注意しましょう。

※iPhone 13シリーズと2021年10月以降に発売したAndroidはSIMロックはありません。

ソフトバンク回線以外に乗り換えるとSIMロック解除が必要になり、ソフトバンクショップにお願いした場合、追加で3,300円かかります。

他社販売のAndroidはプラチナバンドが使えない

キャリアが販売するAndroid端末は、各キャリア向けにカスタマイズされたモデルで、他キャリアのプラチナバンド周波数には非対応です。

そのため、Android端末は対応周波数の問題があり、他キャリア回線の格安SIMだと繋がりにくいということも。

ソフトバンクの提供エリア内であっても、ビルの中や地下など、高周波数帯が届きにくい場所は電波を掴みにくくなります。

他キャリアのAndroid端末では、ソフトバンクのプラチナバンドが使えないことはデメリットになります。

場所によっては全く使い物にならなくなるので、他社Androidを利用している方は、できるだけ端末に合った格安SIMに乗り換えるようにしましょう。

通話オプションが利用できない場合が多い

格安SIMは各社かけ放題などの通話オプションがとても豊富です。

ドコモ回線やau回線の格安SIMでは利用できる場合が多いですが、ソフトバンク回線の格安SIMは通話オプションが利用できない場合があります

通話が多い方は、ソフトバンク回線の格安SIMではなく、ドコモ回線やau回線の格安SIMの方がお得な場合もあります。

この記事では、通話オプションを含む、無料特典などの独自サービスも比較していていますので、ぜひ参考にしてください。

ソフトバンク回線の格安SIM選び方|ランキングの根拠

選び方

ここからは、今回のランキングの根拠を解説します。

この根拠は、そのまま格安SIM選びのポイントにもなりますので、選択に悩んでいる方はぜひ確認してみてください。

利用したいデータ量と月額料金をチェック

ソフトバンク回線の格安SIMの中で、ロケットモバイルは低速無制限で法人契約のため、今回の比較には含んでいません。

まずは、ソフトバンク回線の格安SIM7社の料金をデータ量ごとに比較していきます。

音声通話対応プランの料金7社比較

料金比較1GB3GB5GB10GB15GB20GB30GB40GB
LINEMO
LINEMO
-990円-新プラン!7月下旬提供開始
2,090円:10GBまで
-2,728円
新プラン!7月下旬提供開始
2,970円:20GBまで
新プラン!7月下旬提供開始
3,960円:30GBまで
-
ワイモバイル
ワイモバイル
-2,365円:4GB--4,015円5,115円-
mineo
mineo
1,298円-1,518円1,958円-2,178円--
NUROモバイル
NUROモバイル
-792円990円1,485円1,790円2,699円-3,980円
b-mobile
b-mobile
1,089円1,529円1,969円3,069円4,169円5,269円7,469円-
QTモバイル
-1,100円:2GB1,540円:4GB
1,760円:6GB
1,980円-2,200円3,300円-
HISモバイル
HISモバイル
*HISモバイルのソフトバンク回線では、データ専用「ビタッ!プラン」のみ利用可

ドコモ回線、au回線の格安SIMと比べると、ソフトバンク回線の中で音声通話プランが使える格安SIMは6社と少ないです。

料金の比較では、NUROモバイルは割引がなくても全体的に料金が安く、40GBのプランまで提供されているのが特徴です。

LINEMOは3GBでは990円・20GBでは2,728円ですが、キャリア回線を使えて速度の評価が良いので、コスパは優れているといえるでしょう。

さらに、LINEMOは7月下旬以降に新プランが登場します。今までなかった10GBまでと30GBまでのプランが新しく提供開始になります。

b-mobileは1GBから30GBまで1GB刻みでプランを選べるのが利点ですが、料金は割高なので注意しましょう。

ワイモバイルはもともとの料金は比較的高めですが、割引が適用されると他の格安SIMと同等の料金で利用できます。

20GB以上利用する方は、ドコモ回線、au回線の格安SIMなどその他の格安SIMの方が向いているかもしれません。

格安SIMの特徴や独自サービスをチェック

ソフトバンク回線の格安SIMを選ぶ際は、料金の安さだけでなく、各格安SIMのオプション・独自サービスも忘れずにチェックしましょう。

格安SIMでは通話オプションが豊富にありますが、ソフトバンク回線の格安SIMは通話オプションが利用できない場合があるので注意が必要です。

ソフトバンク回線の格安SIMの通話オプション比較

通話のオプション比較5分かけ放題10分かけ放題かけ放題
LINEMO
LINEMO
7ヶ月間割引で無料
550円
新プラン!7月下旬提供開始
5分かけ放題無料のプラン開始
※20GB、30GBプランのみ
-1,650円
ワイモバイル
ワイモバイル
-770円60歳以上の方は1,100円割引
1,870円
mineo
mineo
-初月無料
550円
初月無料
1,210円
QTモバイル
-880円1,600円
b-mobile
b-mobile
無料--
NUROモバイル
NUROモバイル
*ソフトバンク回線では利用できません。
HISモバイル
HISモバイル
*ソフトバンク回線では利用できません。

通話オプション比較では、b-mobileが5分かけ放題が無料で利用できます。

通話が多く、データ量が少ない方はかなりお得に使えるのでb-mobileの990ジャストフィットSIMプランがおすすめです。

また、LINEMOは7月下旬以降に新プランが登場し、20GBと30GBのプランでは5分かけ放題が無料になります。

ソフトバンク回線の格安SIMの中で、NUROモバイル、HISモバイルは通話オプションは利用できないので注意しましょう。

NUROモバイル、HISモバイルにはかけ放題を含むプランもありますが、同様にソフトバンク回線では利用ができません。

契約後に後悔しないためにも、最初に確認しておきましょう。

オプションや無料特典にも注目

昨今の格安SIMは価格競争よりも、独自サービスに力を入れている傾向があります。

データ量は同じでもオプションの有無によってお得になったり、損をしてしまうこともあるので、申し込み時には無料特典は必ずチェックしておきましょう。

ソフトバンク回線格安SIMのオプション・無料特典

ソフトバンク回線格安SIM繰り越しシェア独自サービス・特典
LINEMO
LINEMO
××LINEの通話無料
・LINEギガフリー
・LINEスタンプ使い放題(20GBプラン)
ワイモバイル
ワイモバイル
◯翌月まで・最大3回線までシェアできる
(追加の回線は音声通話できない)
Yahoo!プレミアム無料(月額508円)
・シェアプランでStick WiFiが使える
・店頭サポートが受けられる
mineo
mineo
◯翌月まで
月額110円のオプションあり
繰り越しを無制限にできる
パケットシェア
・最大10回線でシェアできる
・最大1.5Mbpsデータ無制限オプション
・夜間データ無制限オプション
・対象オプション契約でデータ量増量
NUROモバイル
NUROモバイル
◯翌月までパケットギフト
・データをプレゼントできる
家族も友達もOK!
・3ヶ月毎にデータがもらえる
・データのアップロードがノーカウント
・SNSカウントフリー
b-mobile
b-mobile
××・データ専用SIMもある
・プリペイドSIMもある
QTモバイル
◯翌月まで×・転送電話無料
・留守番電話無料
・端末補償サービス無料

LINEMOは、「LINEギガフリー」でLINEアプリの音声通話・メッセージ送受信などでデータ量を消費しないというメリットがあります。

mineoは最大1.5Mbpsデータ無制限や夜間データ無制限などオプションなどが充実しており、データ量をたっぷり使いたい方におすすめです。

それぞれに違った特徴があるので、比較をして「自分に合ったサービス」や「一番お得になるサービス」を探してみると良いでしょう。

ソフトバンク回線の格安SIMおすすめランキング5選

LINEMO

LINEMO
ソフトバンク回線の格安SIMおすすめ1位
  • LINEの通話無料
  • 事務手数料無料
  • 3GB:990円
  • 20GB:2,728円
  • 平均実効速度:62.23Mbps
  • 事務手数料:無料
  • セット割の有無:×
  • データ繰り越し:×
  • データシェア:×
  • eSIM対応:

ワイモバイル

ワイモバイル
ソフトバンク回線の格安SIMおすすめ2位
  • セット割がお得!
  • 通信速度が速い
  • データ量:4GB~30GB
  • 月額料金:2,365円〜5,115円
  • 平均実効速度:85.75Mbps
  • 事務手数料:3,850円
  • セット割の有無:最大1,650円割引
  • データ繰り越し:
  • データシェア:
  • eSIM対応:

mineo

mineo
ソフトバンク回線の格安SIMおすすめ3位
  • 低速無制限が人気
  • 長期利用者特典が豊富
  • データ量:1GB〜20GB
  • 月額料金:1,298円〜2,178円
  • 平均実効速度:51.96Mbps
  • 事務手数料:3,300円
  • セット割の有無:光回線から330円割引
  • データ繰り越し:
  • データシェア:
  • eSIM対応:

NUROモバイル

NUROモバイル
ソフトバンク回線の格安SIMおすすめ4位
  • プランが豊富で安い
  • 独自サービスが豊富
  • データ量:1GB~40GB
  • 月額料金:792円~3,980円
  • 平均実効速度:60.69Mbps
  • 事務手数料:NEOプランは無料
  • セット割の有無:1,100円割引×12ヶ月間
  • データ繰り越し:
  • データシェア:
  • eSIM対応:

b-mobile

b-mobile
ソフトバンク回線の格安SIMおすすめ5位
  • 5分かけ放題無料
  • 1GB毎にプランが選べる
  • データ量:1GB〜30GB
  • 月額料金:1,089円〜7,469円
  • 平均実効速度:30.87Mbps
  • 事務手数料:3,300円
  • セット割の有無:×
  • データ繰り越し:×
  • データシェア:×
  • eSIM対応:×

こだわり別ソフトバンク回線のおすすめ格安SIM

格安SIM/格安スマホ【LINEMO】ワイモバイルとの違い

ここからは格安SIM選びでこだわりたいことを重視したおすすめを紹介していきます。

人それぞれこだわりポイントは違いますので、ご自身がピンとくるものをチェックしてみてくださいね。

速度で選ぶならLINEMO・ワイモバイル

LINEMOフィーバータイム|【公式】LINEMO - ラインモ|格安SIM/格安スマホ

格安SIMを選ぶ時に一番こだわりたいのは速度ですね。

この記事の平均速度比較でも紹介していますが、速度が速いのがLINEMOとワイモバイルです。

LINEMOはソフトバンクのオンライン専用プラン、ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドのため厳密にはMVNOではなく、ソフトバンクと同じ通信回線を使っています。

やはり、ソフトバンクと同じ通信回線を利用できるのが速度が速い理由です。

ソフトバンク回線格安SIM回線種類
LINEMO
LINEMO
ソフトバンク
ワイモバイル
ワイモバイル
ソフトバンク
mineo
mineo
ソフトバンク(MVNO)・ドコモ(MVNO)・au(MVNO)
回線の選択ができる
NUROモバイル
NUROモバイル
NEOプランのドコモ(MVNO)回線は専用回線
その他のプランはソフトバンク(MVNO)・ドコモ(MVNO)・au(MVNO)
回線の選択ができる
b-mobile
b-mobile
ソフトバンク(MVNO)音声SIMプラン
ドコモ(MVNO)データプランのみ

どちらも同等の速度ですが、ややワイモバイルの方が速いです。とはいえ、日常使いでは、体感の速度差は感じないでしょう。

速度重視の方には、LINEMOとワイモバイルがおすすめです。

\お得なキャンペーン実施中!/LINEMO公式を見る

データを使う月と使わない月があるならLINEMO

LINEMOベストプラン(料金プラン)|格安SIM/格安スマホ【LINEMO】公式サイト

月によって使うデータ量が変わる方には、使ったデータ量に応じて料金が変わる新プランに変わるLINEMOがおすすめです。

LINEMOは今までは3GBと20GBのプランのみでしたが、3GBまで、10GBまで、20GBまで、30GBまでの4つのデータ量の新しいプランに変わります。

LINEMOの新プラン

プラン3GBまで10GBまで20GBまで30GBまで
今までのプランミニプラン
990円:定額制
-スマホプラン
2,728円:定額制
-
7月下旬以降提供開始
新プラン
990円:従量制2,090円:従量制2,990円:従量制
5分かけ放題無料
3,960円:従量制
5分かけ放題無料
LINEMOベストプランLINEMOベストプランV
6月14日受付開始
LINEMOベストプラン
発売記念キャンペーン
利用開始月の翌月〜2024年9月末まで*
10GBまで990円
--

*キャンペーン条件:6月14日から新たにミニプラン契約の方、利用中の方でエントリーした方

プラン変更をしなくても、データをあまり使わない時は3GBまでの料金。データをたくさん使う方は30GBまで使うことができ、データ量を余らせて損をすることもないでしょう。

さらに、20GBと30GBまでのプランでは、5分かけ放題が無料になるので、より柔軟な使い方ができるようになりそうですね。

\お得なキャンペーン実施中!/LINEMO公式を見る

サポートで選ぶならワイモバイル

Yahoo!モバイル - ワイモバイルが選ばれる6つの理由

ワイモバイルは、ショップを全国に展開しているため、契約内容の変更やトラブル時の相談も対面で行うことができます。

LINEMOは、オンライン専用プランのため基本的に、申し込みや各種手続きも全てオンラインです。

サービス実店舗サポート端末セット販売データ繰り越し通話オプションキャリア決済キャリアメールYahoo!プレミアム特典
LINEMO
LINEMO
×・LINE
・チャット
××・5分以内:550円
・完全かけ放題:1,650円
対応なし
持ち運びは有料
×
ワイモバイル
ワイモバイル
〇全国約2,500店舗・店舗
・電話
・チャット
〇翌月まで
シェアもできる
・10分以内:880円
・完全かけ放題:1,980円
対応@ymobile.ne.jp
@yahoo.ne.jp
Yahoo!プレミアム for Y!mobile
・Yahoo!ショッピングで最大12%ポイント還元
・雑誌読み放題
・スマホのバックアップ容量無制限など 他

その他の格安SIMの多くも、ショップはなく全てオンライン対応のことが多いです。

対面のサポートの方が安心という方は、ワイモバイルがおすすめです。

\お得なキャンペーン実施中!/ワイモバイル公式を見る

通話無料で選ぶならb-mobile

b-mobile|990ジャストフィットSIM X

短い電話をよくかける方には、1回5分までの通話が無料で何度でもかけ放題のb-mobileがおすすめです。

b-mobileの料金プランは、1GBごとに220円が加算されるプランでデータ量が多い方には不向きです。

ですが、5分以内の通話無料のため、電話料金を気にして控える必要がありません。

電話専用の利用など、通話無料の特典重視で格安SIMを探している方におすすめです。

\お得なキャンペーン実施中!/b-mobile公式を見る

低用量の安さで選ぶならNUROモバイル

NUROモバイルの料金プラン

NUROモバイルはソフトバンク回線の格安SIMの中でも、3GB〜15GBプランの料金が最安となっています。

「データ量は少なめで大丈夫」という方も多いですから、本当に必要なデータ量だけを安い料金で利用できるのは嬉しいですね。

バリュープラスVS
3GB
VM*
5GB
VL*
10GB
VLL*
15GB
音声通話792円990円1,485円1,790円
データ+SMS792円990円1,485円1,790円
データ627円825円1,320円1,625円
対応回線3キャリア選択可
無料オプション・バリューデータフリー
LINEの対象機能の通信料無料
・3ヶ月毎にギガ増量無料(*対象プランのみ)
キャンペーン・バリュープラスお申し込み特典
初月0円+月額料金3ヵ月割引

料金の手頃さや安さを基準に低容量プランを選びたい方は、NUROモバイルを候補に入れてみてください。

迷っている方は0.2GBが330円で利用できる「お試しプラン」もあるので、速度や繋がりやすさを試してから決めるのも良いでしょう。

\お得なキャンペーン実施中!/NUROモバイル公式を見る

データ無制限で選ぶならmineo

パケット放題 Plus|料金・サービス|格安スマホ・SIM【mineo(マイネオ)】

mineoの「パケット放題 Plus」を利用すると、最大1.5Mbpsでデータ使い放題のプランがあります。

料金は月額385円なので、たっぷりデータ量を使いたい場合はパケットを追加チャージするより断然お得です。

動画視聴や楽曲のストリーミングを頻繁にする方でも無制限で使えて、追加料金の心配がないのは嬉しいですよね。

さらに電話なしのデータSIMプランでも、おすすめはmineoです。

マイそく最大通信速度音声通話データ
低速無制限32kbps250円-
300kbps660円660円
1.5Mbps990円990円
3Mbps2,200円2,200円
対応回線3キャリア選択可

最大300kbpsが無制限で使えるマイそくプランなど、データのみで使う場合もお得になるプランが多く揃っています。

低速無制限で使えるプランを探している方はmineoを候補に入れて間違いありません。

\お得なキャンペーン実施中!/mineo公式を見る

データのみプランで選ぶならHISモバイル

国内向けプラン(ビタッ!プラン) | 格安SIM(スマホ)ならHISモバイル

ソフトバンク回線の格安SIMをデータプランで選ぶなら、データ通信のみが198円から利用できるHISモバイルの「ビタッ!プラン」がおすすめです。

100MBから細かくデータ量が分かれており、データが足りなくなった際には1GB330円で追加できます。

データ容量/月基本料金/月
~100MB198円
~2GB770円
~5GB1,320円
~10GB2,310円
~15GB3,300円
~30GB5,775円
データ追加330円/1GB

通話やSMSはなしで、シンプルにデータだけを購入したいという方にぴったりですね。

HISモバイルはソフトバンク回線では、音声通話プランは利用できないので注意してください。

\お得なキャンペーン実施中!/HISモバイル公式を見る
ReYuuストア

光回線とセットになるソフトバンク回線のおすすめ格安SIM

おうち割光セット

ドコモ、au、ソフトバンクの携帯キャリア3社がネットや電気などその他サービスとセットで月額料金が割引になる料金プランを各社発表したこともあり、格安SIMでもセット割の特典が増えています。

ワイモバイルはソフトバンク光とのセット割があり、料金プランによって最大1,650円の割引が受けられます。

ソフトバンク回線格安SIMのセット割一覧

格安SIMおすすめネット回線セット割概要
ワイモバイル
ワイモバイル
ソフトバンク光
最大1,650円割引・最大37,000円キャッシュバック
・他社違約金負担100,000円
NUROモバイル
NUROモバイル
NURO光
NURO光
1,100円割引
(12ヶ月間のみ)
・NURO光の月額料金が1年間月額980円に!
・60,000円現金キャッシュバックなど
So-net光
792円割引
(12ヶ月間のみ)
・Sプラン2ヶ月お試し無料
・M/Lプラン2年間月額料金割引
mineo
mineo
eo光
eo光
330円割引
(光回線から)
・関西電力エリア限定
・月額料金990円×12ヶ月間割引など
QTモバイル
BBIQ
最大330円割引・九州電力エリア限定
・最大30,000円キャッシュバックなど
どの格安SIMでもお得とくとくBB光
(GMO光アクセス)
GMOとくとくBB光
なし・縛り・違約金なし
・月額3,773円〜でずっと変わらず安い
最大117,000円キャッシュバック

ソフトバンク回線の格安SIMで光回線とのセット割引を実施しているのは、上表の4社です。

mineoやQTモバイルはエリア限定、NUROモバイルはセット割がありますが1年間限定の割引です。

その点、ワイモバイルは最大1,650円の割引が永年受けられるので大きな割引になりますね。

また、そもそもセット割がなくても料金の安い光回線もあります。

ソフトバンク回線の格安SIMに乗り換えるなら、ぜひネット環境も1度見直してみてください!

eSIM対応しているソフトバンク回線の格安SIM

利用開始までの流れ|手続き方法|【公式】LINEMO - ラインモ

スマホにSIMが内蔵されているeSIMだと、SIMカードの抜き差しの手間なく利用を始めることができます。

現在ソフトバンク回線でeSIMが利用できるのは下記の格安SIMです

  • LINEMO
  • ワイモバイル
  • mineo
  • NUROモバイル

eSIM対応の格安SIMが現時点ではやや少ないのは残念なポイントです。

このようにブランドによって利点が異なるので、特徴を比較しながら選ぶことをおすすめします。

複数回線でのシェアや通話かけ放題プランの内容、データ量がお得になるサービスがあるかどうかも比較するポイントになります。

ソフトバンク回線のおすすめ格安SIMを一覧で比較

料金

ここでは、ソフトバンク回線のおすすめ格安SIMを一覧にして比較していきます。

ソフトバンク回線の格安SIMを料金で比較

料金・安い・節約

ソフトバンク回線の格安SIMに乗り換えると、月額料金はソフトバンクより圧倒的に安くなります

利用されることの多い3GBから30GBのプランで、ソフトバンクと格安SIMの月額料金を比較すると次の通りです。

ソフトバンクと格安SIMの料金比較

事業者3GB10GB20GB30GB
ソフトバンク
ソフトバンク
3,278円3GB以上7,238円
LINEMO
LINEMO
990円-2,728円-
ワイモバイル
ワイモバイル
2,365円:4GB-4,015円5,115円
NUROモバイル
NUROモバイル
792円1,485円2,699円3,980円:40GB
mineo
mineo
1,518円1,958円2,178円-
b-mobile
b-mobile
1,529円2,189円5,269円7,469円
QTモバイル
QTモバイル
1,100円:2GB-2,200円3,300円

ソフトバンクより安く使えることはもちろんですが、同じデータ量でも格安SIMによって月額料金に差があることが分かりますね。

特にNUROモバイルなら3GB792円から利用できるので、ソフトバンクの3,278円に比べてかなりお得です。

また20GBで一番安い料金設定をしているのがmineoです。

ソフトバンクが無制限で7,238円のところを、mineoでは低速無制限のオプションをつけても2,178円で使えます。

ソフトバンク回線の格安SIMはブランドによって料金プランが多くあるため、申し込み前に比較をしておくとわかりやすいです。

ソフトバンク回線の格安SIMを速度で比較

速度

MVNO(格安SIM提供会社)は、稀に低速になり格安SIMに乗り換える時の不安要素でもあります。

特に、格安SIMは「お昼に遅くなる」とよく言われています。

これはキャリアから回線設備を借りてサービスを提供している関係で、通信が混雑しても追加の帯域を用意できないためです。

お昼の通信速度を比較

お昼の平均速度事業者
70Mbps以上SoftBank
60Mbps以上ワイモバイル
50Mbps以上LINEMO
35bps以下・NUROモバイル
・mineo
15Mbps以下・HISモバイル
・b-mobile
・QTモバイル

通信速度引用元:みんなのネット回線速度

上表は、ソフトバンク回線の格安SIM7社のお昼の時間帯の平均速度の比較です。

ワイモバイルとLINEMOは、混雑しやすいお昼の時間でも50Mbps以上で安定しています。

15〜30Mbpsほどあれば、多くのことは問題なく使えることが多いですが、10Mbps以下になると遅いと感じることがあるでしょう。

最近はMVNOであっても割と快適に使える格安SIMが増えているので、実際にユーザーが速度測定した平均速度を参考にさらに詳しく比較してみました。

ソフトバンク回線の格安SIMの速度比較

速度比較平均ダウンロード速度平均アップロード速度平均Ping値測定件数
※参考値
ソフトバンク
ソフトバンク
108.13Mbps
(凄く速い)
18.67Mbps40.1ms1386件
LINEMO
LINEMO
62.23Mbps
(速い)
14.27Mbps40.96ms601件
ワイモバイル
ワイモバイル
85.75Mbps
(凄く速い)
15.7Mbps40.58ms835件
mineo
mineo
51.96Mbps
(速い)
12.06Mbps61.9ms1114件
NUROモバイル
NUROモバイル
60.69Mbps
(速い)
13.48Mbps47.64ms468件
b-mobile
b-mobile
30.87Mbps
(普通)
9.14Mbps52.0ms65件

引用元:みんなのネット回線速度

上表は、直近3ヶ月の平均速度の比較です。

よくLINEMOとワイモバイルは「ソフトバンクと同等品質」と言われていますが、利用者の実測値を元にした平均速度は若干遅くなっているように感じます。

とはいえ、60Mbps以上は速い速度と言えるでしょう。

おすすめ格安SIMはどれも通常の使用には問題のない速度ですが、快適さを重視するなら平均速度が速い格安SIMから選んでみてください。

速度重視でソフトバンク回線の格安SIMを利用したい方は、LINEMOかワイモバイルを選べば間違いなさそうですね!

ソフトバンク回線の格安SIMを特典で比較

実質料金

格安SIM各社は、それぞれお得なキャンペーンを多数開催しています。

ここでは、月額料金が割引になるキャンペーンを比較します。

今月のキャンペーン

  • LINEMO:LINEMOベストプラン発売記念キャンペーン
    9月下旬まで!新プランが10GBまで990円
  • NUROモバイル:月額料金割引特典あり
    NEOプランは最大16,000円キャッシュバックあり
料金比較1GB3GB5GB10GB15GB20GB30GB40GB
LINEMO
LINEMO
-990円
5,940円相当
PayPayポイント還元
-2,090円
6月14日受付開始新プラン
10GBまで990円
-2,728円
10,000円相当
PayPayポイント還元
新プラン
7月下旬提供開始
30GBまで3,960円

-
ワイモバイル
ワイモバイル
-2,365円:4GB
3,000円相当
PayPayポイント還元
--4,015円
一括20,000円相当
PayPayポイント還元

5,115円
一括20,000円相当
PayPayポイント還元
-
mineo
mineo
1,298円-1,518円1,958円-2,178円--
NUROモバイル
NUROモバイル
-792円 初月無料
3ヶ月間 396円
990円 初月無料
3ヶ月間 495円
1,485円 初月無料
3ヶ月間 990円
1,790円 初月無料
3ヶ月間 1,097円
2,699円
キャッシュバック
13,000円(MNP)
-40GB:3,980円
キャッシュバック
16,000円(MNP)
b-mobile
b-mobile
1,089円1,529円1,969円3,069円4,169円5,269円7,469円-
QTモバイル
-1,100円:2GB1,540円:4GB
1,760円:6GB
--2,200円3,300円-

LINEMOは7月下旬以降に新プランが登場予定で、6月14日から「LINEMOベストプラン発売記念キャンペーン」が開催中です。

6月14日から新たにミニプラン契約の方、さらに利用中の方でエントリーした場合もキャンペーンの対象になります。

キャンペーンの利用で、10GBまでが990円で利用できます。(キャンペーン適用の価格は9月下旬まで)

NUROモバイルは3GBで792円と最も安く、低容量帯での価格設定は非常に優秀といえますがキャンペーンでさらに安くなります。

他にも各社キャンペーンを複数開催しています。

ソフトバンク回線の格安SIMをキャンペーンで比較

事業者キャンペーン一覧
LINEMO
LINEMO
・LINEMOベストプラン発売記念キャンペーン
・スマホプラン対象!乗り換えで10,000ポイント
・ミニプラン対象!PayPayポイントプレゼントキャンペーン
・データ追加購入が半年間おトクキャンペーン
・LINEMOおかえりだモンキャンペーン
・5分以内通話無料オプション550円が7ヶ月間割引
・フィーバータイムで高額割引キャンペーンを実施
ワイモバイル
ワイモバイル
・ワイモバイル10周年大感謝祭
・最大一括20,000相当PayPayポイントプレゼントキャンペーン※公式ストア限定
・紹介キャンペーン※公式ストア限定
・10周年大特価端末登場!※公式ストア限定
・ワイモバイル10周年大感謝祭大抽選会※公式ストア限定
・家族割引サービス 2回線目以降の各基本使用料が毎月1,100円の割引
・データ増量無料 キャンペーン3
・新どこでももらえる特典
・ソフトバンク 認定中古品 iphone
mineo
mineo
・mineo10周年感謝祭
・moto g53j 5G購入で電子マネーギフトプレゼントキャンペーン
・eo光とmineoのセット契約で毎月330円割引
・かけ放題サービス初月無料
・対象オプション契約で「パケ増し」毎月のデータ量が2倍に
・紹介アンバサダー制度 1,500円〜3,500円分の電子マネーギフトなど
・契約事務手数料無料
nuroモバイル
NUROモバイル
・バリュープラスお申し込み・特典 初月0円+月額料金3か月割引
・NEOプラン申し込み特典13,000円をキャッシュバック
・NEOプランWお申し込み特典16,000円をキャッシュバック
・5分/10分かけ放題プランが乗り換えで6ヶ月間440円割引
・NURO 光・NUROモバイルセット割引特典
・1年間NUROモバイルの月額料金が0円!
・So-net 光 & NUROモバイル セット割
b-mobile

なし

最近の格安SIMはキャンペーンが豊富で、大手キャリア並の数が常時開催されています。

LINEMO、ワイモバイル、NUROモバイルの3社は20GB以上のプランを申し込みと高額なキャッシュバックやポイント還元があります。

キャンペーンの詳細はこの記事の後半で詳しく紹介していますので、乗り換えを検討している方はぜひキャンペーンを活用してくださいね。

ReYuuストア

ソフトバンク回線のおすすめ格安SIMを詳しく解説

選び方

ここまで比較した料金・速度・割引のポイントを踏まえて、ソフトバンク回線でおすすめの格安SIMを詳しく解説します。

おすすめ順に紹介しますので、ご自身の使い方に合うかチェックしてくださいね。

ソフトバンク回線のおすすめ格安SIM
  • 1位:LINEMO
    初期費用0円×LINE使い放題で990円〜
  • 2位:ワイモバイル
    家族で利用すれば月額1,078円〜と格安
  • 3位:mineo
    月額250円~の無制限プランで人気再燃中
  • 4位:NUROモバイル
    ソフトバンク回線の格安SIMの中で最安値級
  • 5位:b-mobile
    5GB以上から1GB単位で上限設定できる段階制

1位:LINEMO

LINEMO

ソフトバンク回線の格安SIMおすすめ1位は「LINEMO」です。

割引などを適用しなくても3GBが月額990円という基本料金の安さで、ソフトバンクや他キャリアからの乗り換えで携帯代を大幅に安くできます。

特に毎月3GBで十分というライトユーザーにとっては、LINEMOの3GBが月額990円という「ミニプラン」は、非常に使いやすくコスパの良いプランです。

項目スマホプランミニプラン
月額基本料2,728円990円
データ通信容量20GB3GB
平均速度(下り)64.48Mbps
速度制限時の通信速度最大1Mbps最大300kbps
音声通話料30秒22円
契約事務手数料無料
違約金無料
セット割なし
無料オプションなし
海外利用980円~
詳細公式サイト
LINEMOのメリット
  • ソフトバンク品質の快適通信
  • 3GBが990円、20GBが2,728円
  • LINEがカウントフリーで使い放題!
  • 通話オプションが7カ月間550円割引
  • 5分かけ放題の通話準定額なら7カ月間0円!
LINEMOのデメリット
  • 余ったギガを繰り越せない
  • 端末を販売していない
  • 店頭サポートがない
  • お家割 光セットなどの割引はない

ソフトバンク品質の高速で快適な通信

格安SIMとは違い、LINEMOはソフトバンクのオンライン専用プランです。

そのため、ソフトバンクと同じ回線が使えるので口コミでも速度に関する良い口コミが多いです。

格安SIMに乗り換えて速度が遅くなるのがイヤな方は、キャリア品質で使えるLINEMOがぴったりです。

LINEMOの新プラン登場!7月下旬以降に提供開始

LINEMOベストプラン(料金プラン)|格安SIM/格安スマホ【LINEMO】公式サイト

LINEMOは通信環境が快適なだけでなく、LINEMOはLINEがカウントフリーでデータ消費なしで使えます。

LINEでの通話・ビデオ通話もデータ消費なく使えるので、連絡手段がLINE中心の方に特におすすめです。

また、LINEMOは7月下旬以降に新プランが登場予定です。

今までなかった10GBまでと30GBまでのプランが新しく提供開始になり、20GB以上のプランでは5分かけ放題がプランに含まれています。

6月14日からは、新プラン発売記念キャンペーンも開催中です。

新たにミニプラン契約の方、さらに利用中の方でエントリーした場合もキャンペーンの対象になります。

キャンペーンの利用で、10GBまでが990円で利用できます。(キャンペーン適用の価格は9月下旬まで)

他にもキャンペーンは新規契約・他社から乗り換えのどちらでも対象で、高額なPayPayポイント還元など規模の大きなキャンペーンが多いのも特徴です。

LINEMOの新規・乗り換えキャンペーン

  • LINEMOベストプラン発売記念キャンペーン
  • スマホプランは乗り換えで10,000PayPayポイント還元
  • ミニプラン対象!PayPayポイントプレゼントキャンペーン
  • 【期間限定】LINEMOおかえりだモンキャンペーン
  • データ追加購入が半年間おトクキャンペーン
  • 1回5分以内の通話が7ヶ月無料になる、通話オプション割引キャンペーン2
  • フィーバータイムで高額割引キャンペーンを実施

LINEMOでは過去に「他社からの乗り換え」「新しい番号」で契約したことがある方が対象の乗り換えキャンペーンも実施しています。

過去に乗り換えキャンペーンを利用した場合でも、利用できる貴重なキャンペーンなのでぜひ活用して手続きしましょう!

スマホプラン対象!PayPayポイントプレゼントキャンペーン|【公式】LINEMO - ラインモ|格安SIM/格安スマホ

\お得なキャンペーン実施中!/LINEMO公式を見る
※詳細はLINEMOの公式サイト(https://www.linemo.jp/)でご確認ください。
閉じる

2位:ワイモバイル

ワイモバイル

ソフトバンク回線の格安SIMおすすめ2位は「ワイモバイル」です。

ワイモバイルの料金プランは各種割引が充実しているので、うまく割引を使えば3GBなら1,078円からと、格安SIMとほぼ変わらない料金で利用することができます。

ワイモバイルの月額料金

項目シンプル2 Sシンプル2 Mシンプル2 L
月額基本料2,365円4,015円5,115円
データ通信容量4GB20GB30GB
光セット割もしくは家族割適用時1,078円
2,178円3,278円
通信量1GB以下の割引対象外-1,100円-2,200円
データ増量オプション時+2GB増量
6GB
+5GB増量
25GB
+5GB増量
35GB
平均速度88.58Mbps
制限時の通信速度最大300kbps最大1Mbps最大1Mbps
音声通話22円/30秒
契約事務手数料3,300円
違約金4,000円
無料オプションなし
海外利用3GB980円~
詳細ワイモバイル公式を見る
ワイモバイルのメリット
  • 家族利用 or ソフトバンク光とセットで3GB 1,078円〜
  • データ増量オプションが6カ月間無料
  • ソフトバンク品質の快適通信!
  • 他社から乗り換えで端末がおトクに購入できる
ワイモバイルのデメリット
  • 割引がないと月額料金が高い
  • 家族間の無料通話やデータシェアができない
  • 端末の販売はしているが機種が少ない
  • 初期手数料:3,300円の初期費用がかかる

セット割や家族割など割引が充実している

ワイモバイルは割引が使えないのであれば、他社と比べても月額料金は高めとなっています。

家族割引サービス、光回線のソフトバンク光などとセットにするとずっと最大1,650円割引が受けられます。

  • 家族割 ⇨家族で使うと最大1,100円の割引
  • ソフトバンク光 おうち割光セット
    シンプル2 Sは1,100円割引、シンプル2 M/Lは1,650円割引
  • 通信量1GB以下の場合割引
    シンプル2 Sは対象外、Mは-1,100円割引、Lは-2,200円割引
  • データ増量無料キャンペーン3 ⇨月額料550円が6ヵ月間無料

データ増量オプションが無料になる期間中は圧倒的な安さです!

ただ、料金プランには「わかりずらい」「セット割を利用しないと高い」など悪い口コミも目立ちます。

ソフトバンク品質の高速で快適な通信

ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドのため通信速度・エリアはソフトバンクと同等です。

通信速度が遅い傾向にある格安SIMですが、ワイモバイルは当初から別格の速度を誇っていました。

ワイモバイルは他社からの乗り換えでお得になる特典やキャッシュバック(PayPayポイント還元)が豊富です。

6月はワイモバイル10周年大感謝祭のキャンペーンが複数あります。

SIMのみ契約の場合は、プランによって一括20,000相当PayPayポイント還元などおトクなキャンペーンが開催されます。

新規契約・乗り換えを検討している方はキャンペーン情報を契約前に必ずチェックしましょう。

ワイモバイルの新規・乗り換えキャンペーン

オンラインストア|Y!mobile - 格安SIM・スマホはワイモバイルで

  • 【SIMのみ契約特典】一括20,000相当PayPayポイント還元*
  • 【ワイモバイル10周年大感謝祭】紹介キャンペーン
  • 【ワイモバイル10周年大感謝祭】10周年大特価端末登場!
  • 【ワイモバイル10周年大感謝祭】大抽選会
  • データ増量オプション月額料550円が6ヵ月間無料
  • 【端末セール】ソフトバンク 認定中古品 iPhone

*契約方法、指定料金プラン、指定オプション加入など条件があります。

ワイモバイルを家族や友人に紹介すると、最大10,000円相当のPayPayギフトカードがもらえる紹介キャンペーンでも開催中です。

紹介する方はワイモバイルを契約していなくても参加できるのでぜひチェックしてみてください!

【ワイモバイル10周年大感謝祭】「紹介キャンペーン」|Y!mobile - 格安SIM・スマホはワイモバイルで

\お得なキャンペーン実施中!/ワイモバイル公式を見る

3位:mineo

mineo

ソフトバンク回線の格安SIMおすすめ3位は「mineo」です。

mineoは、パケット放題 Plusでデータ量無制限になるのが特徴の格安SIMです。

以前からフリータンクやマイネ王などの独自サービスが人気でしたが、パケット放題 Plus開始後は他の格安SIMからの乗り換えも増えています。

mineoの月額料金

料金プランデータ量通常料金
マイピタ
+パケット放題Plus
最大1.5Mbpsで無制限
1GB1,298円
5GB1,518円
10GB1,958円
20GB2,178円
マイそく
(使い放題)
32kbps250円
300kbps660円
1.5Mbps990円
3Mbps2,200円
契約事務手数料3,300円
SIM発行料:440円/枚
詳細mineo公式を見る
mineoのメリット
  • 最大3Mbpsの低速無制限プランがある
  • お昼に超低速でOKなら無制限プラン「マイそく」でさらに安くなる
  • 専用アプリを使用すれば通話かけ放題
mineoのデメリット
  • 無制限プランは平日昼間が超低速になってしまう
  • 端末の販売はしているが機種が少ない
  • 初期手数料:3,300円、SIMカード手配料:440円の初期費用がかかる

パケット放題 Plus|料金・サービス|格安スマホ・SIM【mineo(マイネオ)】

パケット放題 Plusの料金

項目1GB5GB10GB20GB
利用料金(マイピタ)1,298円1,518円1,958円2,178円
パケット放題Plus+385円10GB以上無料!

パケット放題 Plusは、プラン料金に+385円するだけで最大1.5Mbpsのデータ量無制限で使えるようになります。

3日10GB制限はありますが、毎月のデータ量を気にせず使いたいなら、mineoが最強の格安SIMになるでしょう。

mineoは、24時間データ使い放題や22時30分〜7時30分までデータ使い放題など高速データ通信の無制限オプションもあります。

mineoデータ使い放題オプション

オプション名料金概要対象コース
夜間フリー990円/月22時半~7時半まで使い放題
通常のmineo速度
マイピタ
マイそく
データ使い放題198円/回申し込みから24時間使い放題
通常のmineo速度
マイそく

わずかな月額で高速データ通信無制限が使えるという魅力的なメリットには、多くの好意的な口コミがありました。

お昼に使わないなら無制限プラン「マイそく」でさらに安くなる

格安スマホ・SIM【mineo(マイネオ)】

料金プランは毎月1〜20GBの「マイピタ」とデータ量使い放題の「マイそく」の2種類があります。

「マイピタ」は高速通信で上限が20GBですが、低速無制限だけでいい人向けに「マイそく」プランも用意されています。

通常プラン+パケット放題 Plusよりお得な月額料金で使えて、さらに快適な最大3Mbpsのコースも用意されています。

マイそくの料金プラン

マイそく速度制限音声通話+データ通信
(デュアルタイプ)
データ通信のみ
(シングルタイプ)
プレミアム最大3Mbps2,200円
スタンダード最大1.5Mbps990円
ライト最大300Kbps660円
スーパーライト最大32Kbps250円-
注意事項・月曜~金曜の12時台は最大32kbpsになります。
・混雑回避のための速度制限および通信最適化の適用が必須となります。
・3日間で10GB以上利用時も速度制限があります。

速度は32kbps~3Mbpsと制限されはするものの、データ制限の上限を一切気にせず利用できます

ただし、混雑回避のため「平日12時台に最大32kbps」とほぼ使いものにならないくらい遅くなるという超強力なデメリットがあります。

メインでの利用は厳しいかも知れませんが、Wi-Fi環境と組み合わせたり、サブ回線での利用など安さ重視ならかなりお得に利用できるのは間違いありません。

mineoの新規・乗り換えキャンペーン

  • mineo10周年感謝祭
  • 長期利用特典「ファン∞とく」特典内容アップデート!
  • moto g53j 5G購入で電子マネーギフトプレゼントキャンペーン
  • かけ放題初月無料
  • 対象オプション契約で使える「パケ増し」で毎月のデータ量が2倍に!

mineoは10周年を迎えて、6月から「10周年感謝祭」が開催されておりユニークな企画が盛りだくさんです。

格安SIMでは珍しく長期利用者するユーザー向けの特典も多く、mineoは独自サービスも豊富です。

mineo公式Xアカウントでも4週連続でキャンペーンが実施されているので、ぜひチェックしてみてください。

mineo10周年感謝祭|特集|格安スマホ・SIM【mineo(マイネオ)】

\お得なキャンペーン実施中!/mineo公式を見る

4位:NUROモバイル

NUROモバイル

ソフトバンク回線の格安SIMおすすめ4位は「NUROモバイル」です。

NUROモバイルは、ソニーネットワークコミュニケーションズが運営する格安SIMです。

「VSプラン」は格安SIMで最安値級で、主要SNSのデータがカウントフリーになる「NEOプラン」や3ヶ月に1回データ量がもらえたり独自サービスも人気の理由です。

NUROモバイルの月額料金

プランデータ量月額料金特典データ超過後の速度
VSプラン3GB792円 -最大200kbps
VMプラン5GB990円Giga+(3GB)
VLプラン10GB1,485円Giga+(6GB)

VLLプラン
15GB1,790円Giga+(9GB)
かけ放題プラン
かけ放題ジャスト
※docomo・au回線のみ
1GB+5分通話930円通話し放題
1GB+10分通話1,320円
1GB+通話し放題1,870円
NEOプラン20GB2,699円対象SNSカウントフリー
Giga+(15GB)
最大1Mbps
NEOプランW40GB3,980円対象SNSカウントフリー
Giga+(15GB)
詳細NUROモバイル公式を見る
NUROモバイルのメリット
  • 主要SNSのデータカウントフリー ※NEOプランのみ
  • バリュープランは格安SIMで最安値級
  • 対象プランは3ヶ月に1回データ量プレゼント
  • 光回線とのセット割でスマホ代が1年間0円
NUROモバイルのデメリット
  • ソフトバンク回線で無制限かけ放題が利用できない
  • 契約後に回線のキャリアを変更できない

3ヶ月使えば実質データ量アップ

NUROモバイルは独自サービス「Gigaプラス」で、VMプラン・VLプラン・NEOプラン・NEOプランWの継続3ヶ月毎にデータ量がもらえます。

NUROモバイルのGigaプラス

Gigaプラスでもらえるデータ量
  • VMプラン5GB +3GB ⇨8GB
  • VLプラン10GB +6GB ⇨16GB
  • VLLプラン15GB +9GB ⇨24GB
  • NEOプラン20GB +15GB ⇨35GB
  • NEOプランW40GB +15GB ⇨55GB

契約から3ヶ月使えば、NEOプランは実質35GB、NEOプランWは55GBも使えます。もらったデータ量は2ヶ月後まで有効です。

速度重視ならNEOプランがおすすめ

NUROモバイルはドコモ・au・ソフトバンクの3つの回線から選択ができますが、NEOプランのみドコモ専用回線です。

3つの回線の中で速度の評判が一番良いのはNEOプランで、平均実効速度でもその他回線と2倍以上の速度差があります。

キャリア別平均速度計測件数
ドコモ(専用回線)71.81Mbps275件
SoftBank回線50.38Mbps163件
au回線37.55Mbps41件

平均実効速度引用元:みんなのネット回線速度

口コミでもNEOプランの速度の評判が良く、速度重視ならNEOプランをおすすめします。

それ以外のプランは3つの回線から選択ができますが、速度の評判が良いのはドコモ回線とソフトバンク回線です。

au回線は速度が遅くなる頻度がやや多いようで、遅いという口コミが目立ちます。

光回線とセット割でスマホ代が1年間0円

NURO 光のセット割 | NURO 光 2ギガ/10ギガ

NUROモバイルはNURO光とSo-net 光とのセット割特典があり、プランによってはNUROモバイルの利用料が1年間0円に!

さらにNURO光の月額料金も割引になり、NURO光を1年間980円で利用できます。

NUROモバイルは新規またはお乗り換えで、月額基本料金が3か月割引やキャッシュバックキャンペーンも開催中です。

NUROモバイルのキャンペーン

NUROモバイル

  • バリュープラスお申し込み特典初月0円+月額料金3か月割引
  • NEOプランを新規またはお乗り換えで13,000円キャッシュバック
  • NEOプランWを新規またはお乗り換えで16,000円キャッシュバック
  • NURO光 & NUROモバイル セット割特典
  • So-net 光 & NUROモバイル セット割特典
\お得なキャンペーン実施中!/NUROモバイル公式を見る

5位:b-mobile

b-mobile

ソフトバンク回線の格安SIMおすすめ5位は「b-mobile」です。

b-mobileは日本初のMVNO事業者の日本通信が運営する格安SIMで、ソフトバンク回線の取り扱いを真っ先に始めた老舗格安SIMです。

料金プランは段階制プランで、1GB毎に+220円で使えます。

b-mobileの月額料金

データ量月額料金
1GB1,089円
2GB1,309円
3GB1,529円
4GB1,749円
5GB1,969円
1G毎に+220円
20GB5,269円
1G毎に+220円
30GB7,469円
詳細b-mobile公式を見る
b-mobileのメリット
  • 5分通話無料
  • 使った分だけ1GBずつの段階制プラン
  • 1GB単位で上限設定OK
  • 2GB以降は1GB 220円と安い!
b-mobileのデメリット
  • 料金が割高
  • 端末の販売をしていない
  • 完全かけ放題のオプションがない

使った分だけ支払う「990ジャストフィットSIM」

b-mobile公式 世界初のMVNO 日本通信|b-mobile(bモバイル)

b-mobileの月額基本料は利用したデータ量により変わり5GBから1GB単位で上限を設定でき、1GB毎に+220円で使えます。

「990ジャストフィットSIM」はソフトバンク回線のプランで、上限が設定できるので使いすぎの防止もできます。

また、料金に5分通話かけ放題が無料で含まれています・

b-mobileは音声通話SIMのプランの他にもデータ通信専用SIMやプリペイド商品などがあり、使い方に合わせたプランを選ぶことができます。

日本通信SIMのプランがさらに安い

日本通信SIM 合理的なスマホ料金誕生【公式】

日本通信が運営するもう1つの格安SIMの日本通信SIMにさらに安いプランがあります。

b-mobileとの違いは、日本通信SIMはドコモ回線のみの格安SIMです。

日本通信SIMにもかけ放題のオプションや5分かけ放題を含むプランもあります。

月額料金のもっと安い格安SIMにしたい方やよく電話する方は日本通信SIMのプランがおすすめです。

日本通信SIMシンプル290みんなのプラン30GBプラン
月額基本料290円1,390円2,178円
データ容量1GB10GB30GB
超過データ量1GBあたり220円
最高100GBまで
1GBあたり220円
最高30GBまで
1GBあたり220円
最高50GBまで
通話料30秒11円30秒11円30秒11円
無料通話-通話70分まで無料
もしくは1回5分以内の通話無料に変更可能
通話オプション70分無料通話 +700円
通話かけ放題 +1,600円
通話かけ放題
+1,600円
通話かけ放題
+1,200円
eSIM対応
詳細b-mobile公式を見る

b-mobileはeSIM非対応ですが、日本通信SIMはeSIMも対応可能になりました。

注意点は「990ジャストフィットSIM」のソフトバンク回線から日本通信SIMへ、あとからプラン変更ができません。

b-mobileと日本通信SIMは同じ事業者になるので、MNP転出を使って変更をすることもできないのでプラン選びの際は注意しましょう。

b-mobileのキャンペーン

  • なし
\お得なキャンペーン実施中!/b-mobile公式を見る
閉じる

▲目次に戻る

ソフトバンク回線の格安SIMでよくある質問

Q&A

こちらでは、はじめてソフトバンク回線の格安SIMを利用する時や、使い始めなどによくある質問をまとめました。

格安SIMでも5Gは使える?

ソフトバンク回線の格安SIMブランドはほぼ全てが5Gに対応しています。

各キャリアの5G対応エリア・対応端末であれば、5Gでネット通信が楽しめます。

ただ、5G通信には5G対応プランや追加オプションの契約が必要なので、通常料金よりも割高になります。

どの格安SIMが良いか選べない時は?

格安SIMの種類が多すぎて選べない時は、お試しプランで体験してみることがおすすめです。

例えばmineoの「プチ体験」なら、月330円から契約解除料なしで最大2カ月間利用できます。

格安SIMの速度や使用感に不安を感じている方は、まずはお試し体験で始めてみましょう。

格安SIMでもサポートは受けられる?

格安SIMは大手キャリアに比べると実店舗を持つブランドが少ないため、何かあった時のサポートはチャットやメール・電話が中心となります。

ソフトバンク回線の格安SIMで実店舗が一番多いのはワイモバイルで、契約者を対象に店頭での無料スマホサポートも行っています。

スマホ使用に不安のある方は、ワイモバイルを候補に入れてみてはいかがでしょうか。

▲目次に戻る

ソフトバンク回線の格安SIMでスマホ料金は超安くなる!

格安SIM/格安スマホ【LINEMO】公式サイト|必要な費用一覧|料金プラン

画像引用元:格安SIM/格安スマホ【LINEMO】

今回は、ソフトバンク回線で使える格安SIMの料金や速度を比較し、おすすめ格安SIMを5社紹介しました!

ソフトバンク回線のおすすめ格安SIM
  • LINEMO
    ソフトバンク品質×LINE使い放題で990円〜
  • ワイモバイル
    家族で利用すれば月額1,078円〜と格安
  • mineo
    月額250円~のデータ利用無制限プランで人気再燃中
  • NUROモバイル
    ソフトバンク回線の格安SIMの中で最安値級
  • b-mobile
    5GB以上から1GB単位で上限設定できる段階制

どの格安SIMも、ソフトバンクから乗り換えれば圧倒的に安くなります!

さらに、LINEのカウントフリーや無制限化など、格安SIM独自のサービスもあります。

速度面ではソフトバンク本ブランドより劣りますが、ドコモ回線やau回線よりお昼の速度には期待できます。

ソフトバンクの料金が高いと思っている方は、ぜひ今回の解説を参考に、使い方に合った格安SIMに乗り換えてください!

▲目次に戻る

この記事を書いた人
人にいろいろ説明するのが好きなwebライター兼古本屋。分かりにくい情報を分かりやすく伝えることを心がけています。