光回線の乗り換え方法|工事不要なおすすめインターネット5選

  • 2024年4月16日
※本記事に掲載している情報について
  • 本記事は細心の注意を払って作成し更新していますが、情報の正確性や安全性を保証するものではありません。
  • 本記事で紹介しているインターネット回線は、すべてベストエフォート型サービスです。
  • 最大通信速度は技術規格上の最大値であり、実際の速度とは利用環境・機器・混雑状況によって異なります。
  • 掲載している実効速度は、当サイトおよび第三者の速度計測による検証結果であり、一定の効果を保証するものではありません。
※インターネット回線の契約について
  • インターネット回線のご契約前に、光回線各社のホームページに記載されている注意事項や利用規約を必ずご確認ください。
  • 契約後の利用に関するご不明な点は、サービス提供元へ直接お問い合わせください。
※広告について
本記事には広告が表示されます。
失敗しない光回線の乗り換え方法|おすすめ5選を紹介

本記事では、光回線の乗り換え方法おすすめの光回線についてまとめています。

失敗しない光回線を乗り換えるコツや乗り換えが簡単なおすすめインターネット回線も解説しているので、光回線の乗り換えを検討されている方は、ぜひご一読ください。

光回線の乗り換え確認ポイント

光回線を乗り換えるデメリット・注意点5つ
光回線を乗り換えるメリット4個
この記事の監修者
加藤文也
加藤文也KatoFumiyaReYuu Japan株式会社取締役
中古スマホEC事業、光回線・格安SIM・WiFiなどのインターネットに関する6つのメディアを運営管理している。
当メディアがおすすめするインターネット回線の比較に関するコンテンツは、総務省消費者庁によって管理され公表されている情報を参考に、第三者による調査結果や利用者の評判・口コミなどの客観的事実をもとに作成しています。詳しくはコンテンツ制作・ランキング作成に関するポリシーを参照してください。
※記事の内容に間違いがあった場合には、ReYuu問い合わせへご連絡ください。
※記事内の金額は全て税込み表記となります。
目次

光回線の乗り換え方法は3種類ある

光回線の乗り換え方法

光回線の乗換方法は、3種類あります。

乗り換え元のサービスと乗り換え先のサービスの組み合わせによって、どのタイプで乗り換えるのかが決まります。

光回線の乗り換え方法
  • 転用:フレッツ光から光コラボ
  • 事業者変更:光コラボから別の光コラボ
  • 新規:光コラボから独自回線(またはその逆)

転用:フレッツ光から光コラボ

転用:フレッツ光から光コラボ

現在NTT東西のフレッツ光回線をお使いの方が、「お客さまID」や「ひかり電話番号」はそのままで、光コラボに切り替えることを「転用」と呼びます。

光コラボとは、NTT東西以外の事業者が、NTT東西の光回線と独自のオプションを組み合わせて販売するパッケージ商品です。

「〇〇光」という名称がつくほとんどのサービスは、この光コラボにあたります。

転用の場合、アクセス回線としてNTT東西の光回線をそのまま継続利用するため、回線の引き込み工事は基本的に発生しません

事業者変更:光コラボから別の光コラボ

事業者変更:光コラボから別の光コラボ

光コラボをお使いの方が、別の光コラボやフレッツ光へ切り替えることを「事業者変更」と呼びます。

たとえばドコモ光からソフトバンク光に変更することは、「事業者変更」にあたります。

2019年7月に事業者変更制度が開始されたことにより、ひかり電話番号を変えることなく別のコラボ事業者へ変更することができるようになりました。

事業者変更の場合も、転用と同様に、アクセス回線としてNTT東西の光回線を利用するため、工事費は基本的に発生しません

新規:光コラボから独自回線(またはその逆)

新規:光コラボから独自回線(またはその逆)

新規契約では回線を引く形となるため、回線引き込み工事が必要です。

転用や事業者変更に該当しないケースでは、新規での契約となります。

これから契約する先または現在使用している回線が、「独自回線」である場合は、新規で回線を引く必要があります。

新規申込するケース
  • 独自回線へ乗り換えるとき
  • 独自回線から乗り換えるとき

独自回線とは、アクセス回線(自宅~プロバイダ設備までの伝送線)にNTT東西のフレッツ光を使用せず、その企業が独自に整備した回線を使うものをいいます。

独自回線の事業者の例は、次のとおりです。

独自回線事業者の例
  • auひかり
  • NURO光
  • 電力系の光回線(コミュファ光、MEGA EGG光、ピカラ光、BBIQ光、eo光)
  • ケーブルテレビ系の光回線(J:COMひかり、他各地域のケーブルテレビ会社)

失敗しない!光回線の乗り換え先を選ぶ方法

比較

乗り換える光回線を選ぶポイントは、以下の4つです。

それぞれの項目について詳しく見ていきましょう。

乗り換えで使えるキャンペーン・キャッシュバックを確認

cashback

光回線の中には、他社の違約金等を還元してくれる業者やキャッシュバックのある光回線があります。

解約に関する費用負担が大きい場合は、それらの業者から選ぶのがおすすめです。

キャッシュバック額は引越しシーズンの2〜4月、9月周辺で増量されることが多いです。

光回線他社違約金還元キャッシュバック
auひかり
auひかりのロゴ
最大55,000円最大81,000円
NURO光
NURO光
最大20,000円45,000円
ビッグローブ光
ビッグローブ光
-48,000円
とくとくBB光
(GMO光アクセス)
GMOとくとくBB光
乗り換え:40,000円
乗り換え以外:32,000円
ソフトバンク光
SoftBank光
最大100,000円最大40,000円

乗り換えに使えるキャンペーンやキャッシュバックを利用するときに注意したいのは、次の2つ。

乗り換えキャンペーンの注意点
  • 受け取り条件が厳しくないかをチェックする
  • キャシュバックをもらえても実質料金が高くなってしまう場合がある

光回線のキャッシュバックには条件が厳しいものがあります。

結局受け取れないことを避けるために、受け取り条件を事前に確認しましょう。

またキャッシュバックがある回線とない回線を比べると、違約金補償のない光回線は料金が安かったり、契約の縛りがない場合が多いです。

2年〜3年の実質料金をしっかり確認して比較することが大切です。

月額料金は2〜3年の実質料金を確認する

とくとくBB光と他社の料金比較

ランニングコストの負担の少なさも、回線を選ぶ上で大事なポイントです。

以下に実質月額料金の安い光回線をピックアップしましたのでぜひ参考になさってください。

光回線実質月額(戸建)実質月額(マンション)
auひかり
auひかりのロゴ
実質3,800円実質2,040~3,800円
※住居タイプによって変動
とくとくBB光
(GMO光アクセス)
GMOとくとくBB光
実質3,929円実質2,844円
NURO光
NURO光
実質3,950円実質3,950円
おてがる光
おてがる光
4,708円3,608円
ドコモ光
ドコモ光
実質5,164円実質3,844円
(※)3年間の月額料金総額からキャッシュバック金額と工事費を差し引き、36ヶ月で割った実質料金となります。

戸建であれば、auひかりが最もコストを抑えて利用できる光回線です。

キャッシュバックとして最大81,000円を受け取れるため、実質の月額費用は2,800円となっています。

集合住宅であれば、GMOとくとくBBが最も安く利用できるでしょう。

もともとの月額料金が安い上に、キャッシュバックとして32,000円を受け取れます。

セット割は割引率が高い

ドコモ光セット割

スマホのセット割とは、指定キャリアのスマホの利用料金から値引きを受けられるサービスです。

auとUQmobileであれば、多くの光回線がセット割に対応しています。

スマホセット割対象の光回線割引詳細
au/UQmobileauひかり
コミュファ光
BBIQ 光
@TCOM光
ピカラ光
MEGA EGG光
So-net光 プラス
BIGLOBE光
BIGLOBE×eo光
@nifty光
auスマホから最大1,100円割引
・UQ mobileから最大858円/月割引
※光回線に光電話の加入が必要
auAsahiネット光・光回線から最大1,200円/月割引
・月額料金割引サービスと併用不可

ドコモやソフトバンク/ワイモバイル、楽天モバイル、一部の格安SIMも、各々で提供している光回線とセットで使うことで割引を受けられますよ。

スマホセット割対象の光回線割引詳細
ソフトバンク
ワイモバイル
ソフトバンク光ソフトバンクから最大1,100円/月割引
ワイモバイルから最大1,188円/月割引
光回線に「指定オプション(550円/月)」が必要
ドコモドコモ光ドコモスマホから最大1,100円/月割引
楽天モバイル楽天ひかり光回線の1年目が0円
OCNモバイルoneOCN光光回線が7ヶ月間0円
新規工事と事務手数料が無料
スマホ代が220円/月割引
NURO mobileSo-net光 minico
So-net光 プラス
NURO光
スマホ代が1年間0円~
BIGLOGE mobileビッグローブ光スマホ代が220円/月割引
IIJmioIIJmioひかりIIJmioのSIM1契約につき光料金が660円/月割引
LIBMO@TCOMスマホ代が220円/月割引
ピカラモバイルピカラ光スマホ代が330円/月割引
mineo eo光スマホ代から330円/月 割引
QTモバイルBBIQ光スマホ代が最大220円/月割引

2年間利用した場合、通常料金と比べてお得になる金額は次の表のとおり。

スマホ通信キャリアセット割で2年間使用した場合のトータル割引額
ワイモバイル最大28,512円割引
au最大26,400円割引
ドコモ最大26,400円割引
ソフトバンク最大26,400円割引
楽天モバイル24,000円割引 ※光回線から割引
UQモバイル最大20,592円割引
IIJmio15,840円割引 ※光回線から割引
OCNモバイルone総額15,840円+新規工事費分が割引
(スマホ料金から 5,280円
光回線から 7,260円
事務手数料分 3,300円)
NURO mobile9,504円割引
ピカラモバイル 7,920円割引
mineo7,920円割引
BIGLOGE mobile5,280円割引
LIBMO5,280円割引
QTモバイル最大5,280円割引

お使いのスマホがワイモバイルであれば、ソフトバンク光とセットで使うことで、2年間で最大28,512円割引になりますよ。

ドコモやau、ソフトバンク、楽天モバイルにおおいても割引額は2万円以上となっています。

セット割がある光回線であれば、スマホとセットで使うとかなりお得になりますよ。

通信速度は平均実効速度を比較する

速度

光回線を満足に使う上で、通信速度は非常に重要なポイントです。

光回線は、フレッツ光網を利用する「光コラボ」と、単独でインターネット網に接続する「独自回線」の2タイプがあります。

回線速度を比べると、光コラボよりも独自回線の方が高速です。

光コラボは経路上でNTTの設備を利用するため、設備を増強するにはNTTの許可が必要です。

ただ設備を増強するためのハードルが高いため、混雑する時間帯になると速度が低下しやすくなっています。

速度を重視する方には、独自回線がおすすめです。

独自回線の速度ランキング

順位光回線(独自回線)実効速度(下り)
1位eo光
eo光
591.62Mbps
2位コミュファ光
コミュファ光
554.7Mbps
3位NURO光
NURO光
535.82Mbps
4位ピカラ光
ピカラ光
504.87Mbps
5位J:COM NET光
J:COM
481.97Mbps
6位auひかり
auひかりのロゴ
469.9Mbps
7位BBIQ光
BBIQ
425.34Mbps
8位メガエッグ光
MEGA EGG
389.52Mbps

※参照元:みんなのネット回線速度

ほとんどの独自回線は実効平均速度が400Mbps以上となっており、回線速度は超高速です。

独自回線のうち、全国展開しているのはauひかり。

全国展開ではないものの、多くの地域で提供されているのはNURO光とJ:COM光です。

その他は電力会社の子会社が運営している光回線で、利用できる地域は限定されています。

光コラボの速度ランキング

順位光回線(光コラボ)実効速度(下り)
1位ドコモ光×PLALA
(GGGGオプション)
ドコモ光
367.91Mbps
2位TNCヒカリ
TNCヒカリ
366.0Mbps
3位GameWith光
GameWith光
363.03Mbps
4位AsahiNet光
AsahiNet光
350.86Mbps
5位エキサイト光
エキサイト光
346.65Mbps
6位excite MEC光
エキサイトMEC光
332.4Mbps
7位BB.excite光 Fit
BB.excite光 Fit
330.22Mbps
8位ソフトバンク光
SoftBank光
325.44Mbps
9位おてがる光
おてがる光
319.17Mbps
10位IIjmioひかり
IIJmioひかりのロゴ
313.06Mbps

※参照元:みんなのネット回線速度

光コラボの中で最も速度の速いドコモ光×plala(GGGGオプション)は、専用帯域のオプションを提供している、ゲーマー向けの回線となっています。

独自回線には劣るものの、光コラボの中には平均実効速度300Mbps以上を誇る回線が多数あります。

300Mbps以上あれば、ほとんどの方はストレスなく利用できるでしょう。

ちなみに200Mbps代でも充分オンラインゲームや動画視聴はできるレベルなので、通信速度にシビアな方以外は問題なく利用できると考えて大丈夫です。

【2023年】光回線の乗り換えにおすすめ5選

おすすめ
乗り換えでおすすめの光回線は、以下の5つです。

それの光回線について、詳細を解説します。

通信速度の速い回線を使いたい人:auひかり

auひかり(プロバイダGMOとくとくBB)

auひかりがおすすめの理由
  • 最大72,000円キャッシュバック
  • 電話同時申込なら最大82,000円キャッシュバック
  • 他社違約金を30,000円まで還元
  • 回線速度が高速だから快適に利用できる
  • au・UQモバイルなら永年スマホ料金が割引

auひかりの基本情報

項目戸建てマンション
月額料金5,610円~3,740円~
最大通信速度最大1Gbps/最大10Gbps
平均下り速度515.27Mbps(速い)
事務手数料3,300円
工事費実質無料
キャンペーン最大72,000円キャッシュバック
・au電話を同時契約で最大82,000円キャッシュバック
・10ギガなら10,000円CB増額(最大92,000円)
・乗り換えなら30,000円還元(auPay/月額割引)
・スマホセット割
・高性能Wi-Fiルーター無料プレゼント
セット割au・UQモバイル
最大月額1,100円割引
契約期間2~3年
違約金2,290円~
運営会社KDDI株式会社
詳細申込サイト

現在お使いの回線の通信速度に不満がある方には、auひかりがおすすめです。

auひかりは独自回線なので、回線速度が高速です。

全国に展開しているので、多くの地域で利用しやすいといえるでしょう。

最大82,000円のキャッシュバックと、他社違約金の30,000円の還元も受けられますよ。

82,000円という高額なキャッシュバックを設定している業者は珍しいので、もらえるうちに申し込んでおくことをおすすめします。

スマホとのセット割もあり、auであればスマホ料金が最大1,100円/月割引、UQモバイルであれば最大858円/月割引となります。

\特典最大153,250円相当!/auひかり(GMOとくとくBB)を見る

利用中の回線の解約金が高額な人:ソフトバンク光

ソフトバンク光 キャッシュバック

ソフトバンク光がおすすめの理由
  • 他社違約金を最大10万円まで還元+キャッシュバック最大37,000円
  • 回線速度もそこそこ速い
  • IPv4 over IPv6対応ルーターをオプションでレンタルできる

ソフトバンク光の基本情報

項目戸建てマンション
月額料金5,720円4,180円
最大通信速度最大1Gbps/最大10Gbps
平均下り速度305.21Mbps(速い)
事務手数料3,300円
工事費実質無料
キャンペーン最大37,000円キャッシュバック
他社違約金補償100,000円
セット割ソフトバンク
最大月額1,100円割引
契約期間2~5年
違約金4,180円~
運営会社ソフトバンク株式会社
詳細代理店サイト

違約金の補填を3万円までとしてる業者が多い中、ソフトバンク光では、乗り換えに伴う違約金一式を最大10万円まで還元してくれます。

もし現在の回線を解約するときの違約金一式が3万円を超える場合は、ソフトバンク光が一番の候補となるでしょう。

さらに最大37,000円をキャッシュバックしてくれるのは、嬉しいですね。

光コラボの中では回線速度もそこそこ速いため、大きな不満なく利用できます。

IPv4 over IPv6対応ルーターも月513円のオプションで提供してくれるので、ご自身で機種選定する手間を省けるのも嬉しいポイントです。

\最短2ヶ月!最大37,000円CB!/ソフトバンク光(代理店)を見る

スマホとセットで安いものに乗り換えたい人:IIJmioひかり

iijmioひかりのキャンペーン

IIJmioひかりがおすすめの理由
  • スマホとセットで光回線が永年660円/月割引
  • 格安スマホのIIJmioもかなり安い
  • 実効速度300Mbps以上だから不満なく利用できる

IIJmioひかりの基本情報

IIJmioひかり戸建てマンション
月額利用料5,456円4,356円
mio割合計額から660円割引
通信速度最大1Gbps
事務手数料新規:880円
転用:1,980円
事業者変更:3,300円
新規開通工事費22,000円
契約解除料※3,000円
※24ヶ月以内に解約すると解除料が発生します。

スマホの通信キャリアも移行して、光回線と合わせて安いところに乗り換えたい方には、IIJmioひかりがおすすめです。

IIJmioひかりは、格安スマホのIIJmioとセットにすることで、光回線料金が永年660円/月割引になります。

戸建は4,796円、集合住宅なら3,696円で利用できますよ。

さらに格安スマホのIIjmioも、一般的な格安スマホと比べてかなり安めの料金設定となっています。

たとえば音声eSIMなら、4ギガで990円/月、20ギガで2,000円/月となっています。

上記以外にもたくさんのプランがあるので、ご自分の利用するギガに応じてお好きなプランを選択できますよ。

光回線の速度も300Mbps以上と光コラボの中では高速な部類に入るので、問題なく利用できるでしょう。

\お得なキャンペーン実施中!/IIJmioひかり公式を見る

契約期間の縛りのないものに乗り換えたい人:おてがる光

おてがる光公式サイト

おてがる光がおすすめの理由
  • 契約期間の縛りなし・解約金0円
  • 月額料金が安い
  • 実効速度が300Mbps以上だから快適に使える

おてがる光の基本情報

項目戸建てマンション
月額料金4,708円3,608円
最大通信速度最大1Gbps
平均下り速度290.65Mbps(普通)
事務手数料3,300円
工事費実質無料
キャンペーン・新規の場合
初月無料
・事業者変更、転用の場合
1年間月額料金550円割引
セット割なし
(電気とのセット割)
契約期間なし
違約金なし
運営会社株式会社エクスゲート
詳細公式サイト

いつでも気軽に解約したい方には、おてがる光がおすすめです。

おてがる光は、契約期間の縛りがなく、いつ解約しても解約金は0円です。

さらに月額料金も他の光回線に比べて安く、手頃な価格で利用できます。

戸建ては4,708円、マンジョンは3,608円で利用できますよ。

実効速度も300Mbps以上となっており、決して遅くはありませんよ。

おてがる光は、品質もコスト面も満足できる光回線といえるでしょう。

\お得なキャンペーン実施中!/おてがる光公式を見る

セット割なしで光回線のランニングコストを下げたい人:GMOとくとくBB光

とくとくBB光のキャッシュバックキャンペーン

GMOとくとくBB光がおすすめの理由
  • 本サイト限定!
    全員30,000円キャッシュバック中!
  • お乗り換えなら最大60,000円キャッシュバック!
  • オプション加入なら最大27,000円キャッシュバック
  • Wi-Fiルーターの貸し出し0円

GMOとくとくBB光の基本情報

項目戸建てマンション
月額料金4,818円3,773円
最大通信速度最大1Gbps/最大10Gbps
平均下り速度229.24Mbps(普通)
事務手数料3,300円
工事費実質無料
キャンペーン本サイト限定!全員30,000円キャッシュバック
他社違約金保証最大60,000円キャッシュバック
・オプション加入なら最大25,000円CB増額
・Wi-Fiルーターレンタル無料
セット割なし
契約期間なし
違約金なし
運営会社GMOインターネットグループ株式会社
詳細公式サイト

セット割なしで光回線のランニングコストを下げたい方には、GMOとくとくBB光がおすすめです。

GMOとくとくBB光なら、戸建て4,818円、マンション3,773円で利用できますよ。

月額料金が安い光回線はサービスが充実していないと思われがちですが、GMOとくとくBB光はそうではありません。

乗り換えであれば最大60,000円、乗り換え以外の方も30,000円のキャッシュバックをもらえます。

さらに、回線と同時申し込みすると、Wi-Fiルーターのレンタル料金が永年0円に。

3年利用した場合は、Wi-Fiルーターを譲渡してくれる点も嬉しいですね。

GMOとくとくBB光なら、光回線のコストを下げながらも、充実したサービスを利用できます。

\本サイト限定!最大126,000円CB/とくとくBB光公式を見る

ReYuuストア

光回線を乗り換えるデメリット・注意点5つ

デメリット

光回線を乗り換えるデメリットを見ていきましょう。

それぞれについて詳しく解説します。

更新月以外に乗り換えると違約金が発生する

スケジュール・カレンダー

多くの光回線は2~3年の複数年契約・自動更新となっており、更新月以外に解約すると違約金が発生します。

2022年7月に電気通信事業法が改正されたため、2022年7月以降に契約した光回線であれば、違約金の金額は1月あたりの料金と比較的安くなっています。

ですが2022年6月までに契約していた光回線の違約金は、約1万円~3万円程度と高額です。

工事費の支払いが残っていたら請求される

現在お使いの回線の工事費を分割で支払っていた場合、支払期間中に解約すると、残りの工事費を支払う必要がでてきます

工事費は2年または3年の分割払いとなっていることが多いです。

乗り換えの申し込みをする前に、残債があるかどうかを確認しましょう。

新規工事費が発生する場合がある

construction

移転や回線変更を伴わない転用・事業者変更であれば、基本的に新規工事費はかかりません。

一方「新規」で契約するときや以下の乗り換えパターンのときは、新規回線引き込み工事が発生します

転用や事業者変更でも回線工事が必要なパターン
  • 転用/事業者変更に伴い光回線タイプを変更するとき
  • 転用/事業者変更と同時に移転するとき

新規工事費が実質無料でも2~3年使わないと無料にならない

新規工事費が発生したケースでは、多くの事業者で「新規工事費が実質無料」となるキャンペーンが開催されています。

新規工事費を2年または3年の分割払いにし、分割支払い金と同額料金を利用料金から値引きするというものです。

この場合「2年(または3年)使えば無料」なのですが、契約期間以内に解約すると工事費の残債を一括返済する必要がある点に注意してください。

もし契約先の回線を使用する期間が短ければ、「工事費実質無料」の恩恵を受けることはできません。

新しい事業者では提供されないサービスがある

契約する事業者が変わることで、今提供を受けているサービスの提供を受けられなくなる可能性があります。

現在の契約内容を改めて確認しましょう。

乗り換え前に確認すべき契約内容
  • ひかり電話
  • 映像サービス
  • プロバイダとの契約内容(メールアドレス、固定IPなどのオプションサービス)

とくに転用の場合は、現在お使いのプロバイダとの契約内容に注意してください。

光コラボは光回線とプロバイダが一体となって提供されるため、転用と同時にプロバイダ事業者が変更されてしまいます。

プロバイダを変更しても問題ないか」という点で、プロバイダとの契約内容を確認してください。

なお光コラボ事業者が取り扱わないサービスのうち、NTT東西が提供するサービスであれば、引き続きNTT東西から提供されます。

光回線を乗り換えるメリット4個

メリット

光回線を乗り換えるメリットは、次の4つです。

それぞれのメリットについて、詳細を見ていきましょう。

申込み特典を利用できる

auひかりのキャッシュバック

多くの光回線では、新たに契約する方向けに申し込み特典を用意しています。

光回線を乗り換えるだけで以下のような申込み特典を利用できるので、金銭的なメリットが大きいといえます。

光回線の申込み特典例
  • 違約金の還元
  • キャッシュバック
  • IPv6対応無線ルーターの無料貸出

違約金の還元がある光回線では、実際に支払った違約金分を現金や月額料金からの割引という形で還元してくれます。

キャッシュバックのある光回線では、現金や電子マネーをもらえますよ。

同時契約すれば、IPv6対応の無線ルーターを無料でレンタルしてくれる業者もあります。

購入すると1万円以上かかるものなので、お得ですね。

光回線を乗り換えるだけで、結果的にプラスになるケースも多くあるでしょう。

ランニングコストを安くできる

料金・安い・節約

乗り換えることで、光回線のランニングコストを安くできる場合があります。

とくに「フレッツ光+プロバイダ」という形で契約されている方は、光コラボに乗り換えると、多くのケースでランニングコストを下げられますよ。

光コラボを利用されている方は、月額料金の安い光コラボへ事業者変更することでランニングコストを下げられるでしょう。

「光回線のランニングコストが高いな・・・」と悩まれている方は、ぜひ光回線の乗り換えを検討してください。

回線速度が速くなる

auひかりの回線速度

光回線の乗り換えで、回線速度を改善できる場合があります。

回線速度が速くなる乗り換えパターンは、主に次の2つです。

回線速度が速くなる乗り換えパターン
  • フレッツ光/光コラボ→独自回線
  • フレッツ光/光コラボ→回線速度の速い光コラボ

フレッツ光/光コラボ→独自回線

現在フレッツ光や光コラボを利用されている方は、独自回線(auひかりやNURO光、電力系光回線等)に変更することで、回線速度をスピードアップできますよ。

フレッツ光や光コラボでは、フレッツ光網を経由しないとインターネットに接続できません。

フレッツ光網の設備がボトルネックとなり、混雑した場合に回線スピードが遅くなりやすいのです。

一方独自回線は、フレッツ光網を経由しないため回線速度が高速です。

フレッツ光/光コラボ→回線速度の速い光コラボ

独自回線ほどのスピードアップとはなりませんが、回線速度の速い光コラボに乗り換えることで、回線スピードを改善できる場合があるでしょう。

フレッツ光/光コラボでインターネットに接続するとき、「フレッツ光網→プロバイダ設備→インターネット網」という経路をたどります。

他事業者の光コラボに乗り換えれば、接続するプロバイダ設備が変わります

契約先のプロバイダ設備が充実していれば、スピードが改善される可能性があるでしょう。

ただ、そのプロバイダの設備が充実している(=回線速度が速い)かどうかは、口コミ等で判断するしかありません。

回線速度を改善したい場合は、口コミの調査をし、契約先を慎重に選ぶ必要があります。

転用/事業者変更なら工事なしで乗り換えできる

転用や事業者変更で乗り換えるのであれば、基本的に工事なしで乗り換えられます。

契約先に支払う初期費用は契約事務手数料だけなので、大きな費用負担なく乗り換えられますよ。

手軽に乗り換えたい方は、転用や事業者変更で乗り換えることを検討してみましょう。

閉じる

▲目次に戻る

光回線の乗り換えでかかる費用

支払い方法

光回線の乗り換えでかかる費用は、乗り換えパターンによって異なります。

光回線の乗り換えでかかる費用
  • 転用:事務手数料(約3,300円)
  • 事業者変更:事務手数料(約3,300円)+違約金+工事費残債
  • 新規:事務手数料(約3,300円)+新規工事費(2~3年の分割払い)+違約金+工事費残債

それぞれのパターンごとに、詳細を解説します。

転用の場合

転用でかかる費用
  • 基本的に事務手数料(3,300円)のみ
  • 契約しているプロバイダによっては違約金がかかる

転用の場合にかかる費用は、基本的に事務手数料のみです。

事務手数料は光コラボ事業者によって異なりますが、ほとんどが3,300円となっています。

ただ、プロバイダによっては違約金が発生するものがあります。

たとえば、OCNの2年契約プランを2022年6月30日以前に申し込んでいた場合は、更新月以外に解約することで2,400円の違約金がかかりますよ。

ちなみに契約期間があるものといえばフレッツ光の「にねん割」がありますが、転用の場合NTTへの解約金は発生しません。

事業者変更の場合

事業者変更でかかる費用
  • 必ずかかるのは事務手数料(3,300円)
  • 更新月以外に解約する場合:+違約金
  • 回線工事費を分割払い中の方:+工事費残額

光コラボから別事業者の光コラボへ乗り換える場合、必ず発生するのは事務手数料(約3,300円)だけです。

ただし、更新月以外に解約される場合は、違約金の支払いが必要になりますよ。

たとえばソフトバンク光を2022年6月30日以前に契約し、更新月以外に解約される場合、10,450円の解除料がかかります。

また回線工事費を分割払い中の方は、未払い分を一括で支払う必要があるでしょう。

たとえばソフトバンク光の場合、開通工事費は最大26,400円で月々1,100円×24回の分割払いとなっています。

仮に12回支払いが終わった状態であれば、残額は13,200円となるでしょう。

新規の場合

新規で乗り換えるときにかかる費用
  • 必ずかかるのは事務手数料(3,300円)+新規工事費(光コラボ最大26,400円、独自回線4万円~)
  • 新規工事費は2~3年の分割払い
  • 更新月以外に解約する場合:+違約金
  • 回線工事費を分割払い中の方:+工事費残額

新規で乗り換える場合、必ずかかるのは事務手数料(約3,300円)と新規工事費です。

ただ、ほとんどのケースで新規工事費は2~3年の分割払いとなるので、大きな支払いが発生することはありませんよ。

たとえばNURO光の場合、新規工事費は44,000円で、約1,200円×36回の分割払いとなります。

また、現在使用されている光回線を更新月以外に解約する場合は、違約金が発生するでしょう。

たとえば、auひかりホームタイプ1ギガ(3年契約)を2022年6月30日以前に申し込みし、更新月以外に解約される場合、16,500円の解除料が発生します。

さらに現在使用されている光回線の回線工事費を分割払い中の方は、工事費の未払い分を支払う必要があります。

仮にauひかりホームタイプ1ギガ(3年契約)を1年で解約するのであれば、残額の27,094円を一括で支払う必要があるでしょう。

ReYuuストア

光回線を乗り換える手順

手順・流れ

光回線を乗り換える手順を、申し込み形態ごとに見ていきましょう。

まず、光回線の乗り換えがどの申し込み形態に当たるのかを確認してください。

光回線乗り換えの申し込み形態3種
  • フレッツ光から光コラボ:転用
  • 光コラボから光コラボ:事業者変更
  • 光コラボから独自回線(またはその逆):新規

以下、乗り換え手順です。

転用の場合

  1. 既存のプロバイダを解約しても問題ないかどうかを確認
  2. NTT東西から転用承諾番号を取得
  3. 光コラボへ「転用」で申し込む
  4. 回線開通後プロバイダを解約する

転用の場合は、既存のプロバイダの契約内容をよく確認してください。

既存のプロバイダを解約しても問題が発生しないかどうか、という点でチェックしましょう。

回線が開通したあとに、既存のプロバイダ契約を解約します。

事業者変更の場合

  1. 既存の契約先から事業者変更承諾番号を取得
  2. 光コラボへ「事業者変更」で申し込む
  3. 回線開通時、自動的に既存契約先と解約される

事業者変更の場合は、回線開通と同時に、自動的に既存契約先と解約となります。

新規の場合

  1. 光回線へ「新規」で申し込む
  2. 回線引き込み工事に立ち会う
  3. 回線開通後、既存の光回線を解約する

新規契約の場合は、新たに回線を引き込む工事が発生します。

回線が開通してから、既存の契約回線を解約しましょう。

▲目次に戻る

光回線の乗り換えでよくある質問

Q&A

光回線の乗り換えでよくある質問と答えをまとめました。

乗り換えでは必ず工事費が発生する?

使用するアクセス回線が変わらない場合は、工事費は発生しません。

工事費が発生しない具体的なケースは、「フレッツから光コラボ」と「光コラボから光コラボ」の場合です。

今の回線を解約するタイミングはいつ?

転用の場合は、回線開通後にプロバイダ契約の解約手続きをお願いします。

事業者変更の場合は、解約手続きは不要です。回線が開通すると自動的に解約となります。

新規契約の場合は、新たな回線が開通したあとに解約手続きしましょう。

▲目次に戻る

乗り換えに使えるキャンペーンを要チェック

まとめ
光回線を乗り換える方法についてまとめると、以下となります。

光回線を乗り換える方まとめ
  • 転用・事業者変更・新規の3つの乗り換え方法がある
  • 乗り換えに使えるキャンペーン・キャッシュバックをチェックしよう
  • 月額料金やスマホのセット割、通信速度も要チェック

本記事を参考に、ぜひお得な光回線へ乗り換えてくださいね。

▲目次に戻る

この記事を書いた人
22歳でIT関連企業に就職後、法人営業として13年間仕事してきました。ハードウェア販売、会計・売り上げ管理ソフトウェア導入の経験を活かし、IT関連の記事を執筆しています。ネットを使った調べ物が大好き。