@nifty光の評判|口コミをまとめて本当に遅いのか調査

  • 2024年5月16日
※本記事に掲載している情報について
  • 本記事は細心の注意を払って作成し更新していますが、情報の正確性や安全性を保証するものではありません。
  • 本記事で紹介しているインターネット回線は、すべてベストエフォート型サービスです。
  • 最大通信速度は技術規格上の最大値であり、実際の速度とは利用環境・機器・混雑状況によって異なります。
  • 掲載している実効速度は、当サイトおよび第三者の速度計測による検証結果であり、一定の効果を保証するものではありません。
※インターネット回線の契約について
  • インターネット回線のご契約前に、光回線各社のホームページに記載されている注意事項や利用規約を必ずご確認ください。
  • 契約後の利用に関するご不明な点は、サービス提供元へ直接お問い合わせください。
※広告について
本記事には広告が表示されます。
@nifty光の口コミ・評判|本当に遅いのか徹底解説

今回はが運営する、@nifty光(ニフティ光)の口コミ・評判・噂について検証・解説しています。

ネット上の評判を見ると「回線速度が遅い」という意見が多いため、心配な方も多いのではないでしょうか。

2022年8月からは新料金プランも開始しているので、その内容も気になるところ。

そこで本記事では、@nifty光の最新の料金プラン速度キャンペーンを徹底調査!

噂通り本当に遅いのか検証してみたので、@nifty光を検討している方はぜひ参考にしてくださいね。

【結論】@nifty光はどんな人におすすめ?

@nifty光のメリット・デメリット

  • メリット
  • デメリット
    • au/UQモバイルのスマホセット割がある
    • 月1回ノジマの店内商品が8%オフで購入できる
    • 申請手続き不要でポイントが自動付与される
    • 工事費は実質無料ではない
    • 実効速度がやや遅い
    • ルーター機種によって本来のスピードは本来のスピードが出ない

@nifty光の評価レビュー

評価項目評価点数
料金★★★☆☆3.5
速度★★★☆☆3.6
サービス★★★☆☆3.8
総合評価★★★☆☆3.6
※評価レビューの採点基準や注意点は光回線の評価レビュー一覧をご確認ください。

@nifty光の基本情報

項目戸建てマンション
月額料金5,720円4,378円
最大通信速度最大1Gbps/最大10Gbps
平均下り速度234.51Mbps
工事費825円×24回687.5円×24回
事務手数料3,300円
キャンペーンキャッシュバック:現金30,000円 or @nifty使用権45,000円相当
無料サービス:Wi-Fiルーターが最大25ヶ月間無料
セット割au/UQモバイル
契約期間2年〜3年
違約金4,840円3,630円
運営会社ニフティ株式会社
詳細申込サイト

\お得なキャンペーン実施中!/@nifty光公式を見る
この記事の監修者
加藤文也
加藤文也KatoFumiyaReYuu Japan株式会社取締役
中古スマホEC事業、光回線・格安SIM・WiFiなどのインターネットに関する6つのメディアを運営管理している。
当メディアがおすすめするインターネット回線の比較に関するコンテンツは、総務省消費者庁によって管理され公表されている情報を参考に、第三者による調査結果や利用者の評判・口コミなどの客観的事実をもとに作成しています。詳しくはコンテンツ制作・ランキング作成に関するポリシーを参照してください。
※記事の内容に間違いがあった場合には、ReYuu問い合わせへご連絡ください。
※記事内の金額は全て税込み表記となります。

@nifty光の良い評判・口コミ

@nifty光

まずは、Twitterで@nifty光の評判・口コミについて見ていきましょう。

通信速度やサポートの対応など、実際の@nifty光ユーザーの声を集めてみました。

@nifty光の良い口コミには、通信速度の速さ、キャンペーンやノジマの家電値引きなどの豊富な特典に好意的な評価が見られました。

通信速度は賛否両論なものの、IpV6対応ルーターを利用していれば、回線が込みやすい夜間でもかなりの速度が出るようです。

また、全国展開しているフレッツ光と同じエリアなため、auひかり・NURO光・電力会社系光回線などが未提供のエリアでも利用できる点は好印象のようです。

さらに、2022年8月からサービスを開始した新プラン「WebLiko」に期待する声も多く見られました。

\お得なキャンペーン実施中!/@nifty光公式を見る

@nifty光の悪い評判・口コミ

bad

@nifty光の悪い口コミは、通信速度の遅さや対応の悪さに不満を持つ意見が多く見られました。

とりわけ目立ったのが、通信速度の遅さです。

こちらはポジティブな口コミでも触れましたが、全体的には賛否両論。

とはいえ、遅いと感じている方でも50~90Mbps前後は出ているため、普通に利用する分には問題ないかと思います。

NURO光もそうですが、通信速度がいくら早くてもオンラインゲームなどではラグが発生してしまうという口コミも見られます。

ゲームなどをメインにインターネットを利用する方には、あまり向いていないかもしれません。

もう1点気になったのが、サポート対応の悪さです。

もちろんサポートに対する不満は、光回線あるあるかつ担当者にもよりますが、知識の不十分さや工事日についての折り返し連絡がない点は、ユーザーが不安に思ってしまうの当然だと思います。早急に改善してほしいですね。

\お得なキャンペーン実施中!/@nifty光公式を見る

@nifty光のメリット3個

メリット

@nifty光のメリットは、次の3つです。

それぞれを詳しく見ていきましょう。

au/UQモバイルのスマホセット割がある

@nifty光のauスマートバリューセット割

@nifty光(※)は、auスマートバリューとUQ自宅セット割に対応します。

auの場合は月額料金が最大1,100円、UQモバイルの場合は最大858円も値引きされるので、かなりお得ですよ。

永年割引なのも嬉しいところ。

なお、割引の適用条件は、@nifty光電話、au・UQモバイル指定プランへの加入が条件となっています。

(※)@nifty光 WebLikoは対象外

閉じる

月1回ノジマの店内商品が8%オフで購入できる

@nifty光ならノジマの家電割引

@nifty光の利用者(※)は、月に1回、ノジマの店頭商品を8%オフで購入できます

たとえば50,000円のロボット掃除機を購入する場合、ニフティ会員なら46,000円で購入できますよ。

さらに1円=1ポイントとして「ノジマスーパーポイント」も還元されるので、ダブルでお得になります。

@nifty光を運営するニフティ株式会社は、ノジマの子会社。

日常のお買い物もお得に節約できるのはうれしいですね。

(※)nifty光 WebLikoは対象外

申請手続き不要でポイントが自動付与される

ニフティポイント

@nifty光(※)なら、特典は現金とニフティポイントのどちらかを選択可能。

特典にニフティポイントを選択した場合、ニフティポイントが自動で付与されます

面倒な申請手続きは必要ありませんし、メールを見逃すこともありません。

さらにニフティポイントは現金よりも実質的な価値が高く、お得に利用できますよ。

キャッシュバック申請の手続きを忘れそうで不安な方は、@nify光の特典でニフティポイントを選択すると管理が楽になるでしょう。

(※)ニフティポイントが付与されるのは@nifty光のみ。@nifty光 WebLikoは対象外。

\お得なキャンペーン実施中!/@nifty光公式を見る
ReYuuストア

@nifty光のデメリット・注意点3個

デメリット

@nifty光のデメリット・注意点にも触れていきます。

@nifty光のデメリット・注意点は、次の3つです。

工事費は実質無料ではない

construction

@nifty光/@nifty光 WebLikoは、工事が発生した場合、「工事費の分割代金相当額が月額料金から割引される」ことはなく、普通に分割で支払っていきます。

「工事費代が月額料金から割引され、工事代金が実質無料となる」光回線に比べると、少し損した気分になりますね。

ただ、フレッツ光や光コラボを使用している(転用/事業者変更で申し込む方なら、基本的に工事は発生しません。

よって工事代金が発生してしまうデメリットは、転用や事業者変更で申し込む方なら関係ないといえます。

回線の新設(新規)で申し込む方なら工事代は発生しますが、その分特典が多く付与されます。

工事費実質無料となる回線よりも総支払額が安くなるので、工事費のデメリット分が相殺されますよ。

実効速度がやや遅い

速度

@nifty光は、光コラボの中でも実効速度が遅い部類に入ります。

2023年3月現在の下り速度は223.7Mbps。

平均実効速度を集計するサイト「みんそく」のランキングでは、62位中56位と、やはり低めです。

使用する分には問題ない速度ではありますが、他回線に比べるとスピードが出ないと言えるでしょう。

ルーター機種によっては本来のスピードが出ない

@nifty(ニフティ)プロバイダIPv6対応

@nifty光のIPv6通信は、接続方式に以下2つから割り当てられるしくみとなっています。

@nifty光のIPv6通信方式
  • OCNバーチャルコネクト(NTTコミュニケーションズ)
  • v6プラス(JPIX)
  • ※上記のうちどちらかが割り当てられ、ユーザーは選択できない

「OCNバーチャルコネクト」が割り当てられたユーザは、「OCNバーチャルコネクト」対応のルーターがないと、本来の通信速度が出ません。

同様に、「v6プラス」が割り当てられたユーザーは、「v6プラス」対応ルーターでないと本来の速度を出せないのです。

「OCNバーチャルコネクト」にも「v6プラス」のどちらにも対応しているルーターであれば、万事OK。

もし片方の方式にしか対応していないルーターを利用し、対応していない接続方式が割り当てられてしまった場合、「@nifty光 v6サービス」を解除して再申請する作業が必要になります。

このあたりの説明は会員募集のページに記載がなく、やや不親切といえます。

また「OCNバーチャルコネクト」よりも「v6プラス」の方がスピードが出やすいとのこと。

@nifty光の実効速度が遅い原因も、この接続方式が関係しているのかもしれません。

@nifty光の会員サポートサイトでどちらの事業者になっているか確認してみると良いでしょう。

\お得なキャンペーン実施中!/@nifty光公式を見る

@nifty光の料金プラン

料金・安い・節約

@nifty光の光コラボ関連の光回線は、全部で2種類提供中です。

@nifty光の料金プラン
  • @nifty光
  • @nifty光 WebLiko

2つのサービスの違いは次の表のとおりです。

項目@nifty光@nifty光 WebLiko
接続方式IPoE
IPv4 over IPv6
PPPoE
IPoE
IPv4 over IPv6
電話サポート無料有料
(3,000円/件)
割引auスマートバリュー
UQ自宅セット割
ノジマでの割引
契約期間・解約手数料ありなし

@nifty光 Weblikoでは、新しい接続方式のみを提供し、従来の接続方式であるPPPoE接続を提供しません。

混雑しやすい設備を経由することがないため、高速での通信が期待できます。

ただPPPoE接続でないと接続できないサービスを利用している場合は、利用できなくなる可能性があるでしょう。

またWebLikoは電話サポートが有料となっており、基本的にWebのみで解決する必要があります。

設定などに不安がある方は、WebLikoでなく@nifty光を選択することをおすすめします。

WebLikoは契約期間と解約手数料がありませんが、auやUQモバイルのスマホセット割やノジマでの割引もなくなってしまいます。

お得さという点では、@nifty光の方が優れているといえるでしょう。

では、2サービスの料金を詳しく見ていきましょう。

@nifty光の料金

@nifty光の料金

@nifty光の標準料金は、次のとおりです。

@nifty光の標準月額料金
  • 戸建:5,720円
  • マンション:4,378円

一定期間上記の料金から割引が入るため、お得に利用できますよ。

新規で契約する場合は24ヶ月間、転用/事業者変更で申し込む場合は36ヶ月間割引が入ります。

割引を反映した月額料金は、次のとおりです。

項目新規
(24ヶ月割引)
転用/事業者変更
(36ヶ月割引)
戸建25ヶ月目まで:4,895円
26ヶ月目以降:5,720円
~37ヶ月目:5,170円
38ヶ月目以降:5,720円
マンション~25ヶ月目:3690.5円
26ヶ月目以降:4,378円
~37ヶ月目:4,048円
38ヶ月目以降:4,378円

※現在フレッツ光を使っていない状態は「新規」、現在フレッツ光をお使いの方は「転用」、他社の光コラボを利用している方は「事業者変更」

割引が入ることで、新規であれば戸建4,895円、マンション3690.5円で利用できますよ。

転用/事業者変更であっても、戸建5,170円、マンション4,048円なので、決して高くはありません。

契約期間は3年または2年。

更新月以外に解約した場合、以下の解除料金が発生します。

@nifty光の解除料金
  • 戸建:4,840円
  • マンション:3,630円

@nifty光 WebLiko

@nifty光 WebLiko

@nifty光 WebLikoの月額料金は次のとおりです。

@nifty光 WebLikoの月額料金
  • 戸建:5,478円
  • マンション:4,158円

転用/事業者変更で申し込む場合は、月額料金からの割引はなく、上記の料金で契約します。

新規で申し込む場合は、24ヶ月間の割引が適用されます。

項目新規
(24ヶ月割引)
転用/事業者変更
(割引なし)
戸建25ヶ月目まで:4,653円
26ヶ月目以降:5,478円
5,478円
マンション~25ヶ月目:3470.5円
26ヶ月目以降:4,158円
4,158円

WebLikoは契約期間が設定されていないため、いつ解約しても解除料金はかかりません。

@nifty光 WebLikoの解約料金
  • 0円
\お得なキャンペーン実施中!/@nifty光公式を見る

@nifty光の初期費用・工事費

caution

@nifty光/@nifty光 WebLikoの初期費用・工事費
  • 契約事務手数料:3,300円
  • 工事費(戸建:825円×24回払い)
  • 工事費(マンション:687.5円×24回払い)
  • ※工事費は新規のみ発生、転用/事業者変更は工事不要

@nifty光と@nifty光 WebLikoでは、契約事務手数料として3,300円初回にかかります。

工事費は、現在フレッツ光/光コラボを利用しておらず「新規」で契約する場合に発生。

24回の分割払いで支払っていきます。

フレッツ光/光コラボを使用している方は、転用や事業者変更で申し込めるので、基本的に工事費はかかりません。

ReYuuストア

@nifty光の速度・平均実効速度

光回線の速度検査結果

@nifty光の速度・平均実効速度
  • 下り平均221.36Mbps
  • 上り平均237.19Mbps

ここでは、光回線の実効速度を計測できる「みんそく」の最新データを元に@nifty光の実効速度を調べてみました。

これによると、2022年3月16日時点での平均ダウンロード速度は223.7Mbps。

62回線中56位という結果であり、平均より遅いことがわかります。

とはいえユーザーが非常に多くて人気のある「ドコモ光」や「OCN光」でも、実測値は270Mbps程度なので、遅いということは無いでしょう。

@nifty光のキャンペーン・キャッシュバック

キャンペーン

@nifty光では、以下のキャンペーンが実施されています。

@nifty光のキャンペーン・キャッシュバック
  • ニフティポイントプレゼントまたは現金キャッシュバック
  • @nifty光電話初月無料
  • @nifty光テレビ初月無料&工事費割引
  • 常時安全セキュリティ24が12ヵ月間無料
  • IPv4 over IPv6対応ルーターレンタル料最大25ヶ月間無料

ニフティポイントプレゼントまたは現金キャッシュバック

@nifty光のキャッシュバックキャンペーン

特典として、ニフティポイントやキャッシュバックがあります。

特典の内容は申し込み形態ごとに異なります。

申し込む回線@nifty光
申し込み形態新規転用/事業者変更
プレゼント内容戸建:36,000P
マンション:30,000P
or
現金3万円
10,000P
ニフティポイントを@nifty光支払いに充当した場合戸建:12ヶ月無料
マンション:13ヶ月無料
戸建:2ヶ月無料
マンション:3ヶ月無料

ニフティポイントのプレゼントまたは現金のキャッシュバックの対象回線は、@nifty光です。

@nifty WebLikoは対象回線とはなっていないため、ご注意ください。

では、@nifty光の申し込み形態ごとに、もらえる特典を解説します。

戸建で「新規」:ニフティポイント36,000Pか3万円

@nifty光を戸建で「新規」で申し込む場合、36,000Pのニフティポイントか、現金3万円のいずれかを選択できます。

ニフティポイント36,000Pは、ニフティ使用権54,000円として@nifty光の支払いに充当することも可能。

仮に@nifty光の支払いに充当した場合、@nifty光の月額料金が12ヶ月目まで無料になりますよ。

現金3万円をもらうよりも、@nifty光の支払いに充当したほうがはるかにお得に利用できるでしょう。

マンションで「新規」:ニフティポイント30,000Pか3万円

@nifty光をマンションで「新規」で申し込むのであれば、ニフティポイント30,000Pか現金3万円のどちらかがもらえます。

ニフティポイント30,000Pをニフティ使用権に変換すると、45,000円分利用できます。

@nifty光の支払いに充当した場合、@nifty光の月額料金13ヶ月目までが無料に

現金3万円をもらうよりも、ニフティポイントを@nifty光の支払いに充当したほうが価値が高いでしょう。

転用/事業者変更:ニフティポイント10,000P

@nifty光を転用/事業者変更で申し込む場合、プレゼント内容はニフティポイント10,000Pです。

ポイントをニフティ使用権に変換すると、15,000円分の使用権となります。

@nifty光の支払いに充てた場合、ホームタイプなら2ヶ月無料、マンションタイプなら3ヶ月無料となります。

IPv4 over IPv6対応ルーターレンタル料最大25ヶ月間無料

@nifty光のルーターレンタル無料キャンペーン

こちらの特典は、最大25ヶ月間「IPv4 over IPv6対応Wi-Fiルーター」を無料でレンタルできるキャンペーンです。

IPv6の高速通信を利用できるので、IPv6ルーターを持っていない方なら利用してみてはいかがでしょうか。

なお、レンタルできるルーターの種類は指定できません。

25ヶ月目以降の月額料金は550円となります。

@nifty光電話初月無料

無料

こちらは、@nifty光電話の月額料金550円が初月無料になるキャンペーンです。

光電話に乗り換えることで、通話料がNTT系列のひかり電話同士なら8.8円/3分、携帯電話は17.6円/60秒まで安くなります。

工事費用はかかりますが、長期的に見るとかなりの節約になりますよ。

@nifty光テレビ初月無料&工事費用割引

こちらは、@nifty光テレビの利用料金750円が初月無料になるキャンペーンです。

@nifty光テレビとは、地デジ・BSデジタル(新4K8K対応)・CSの全チャンネルに対応したテレビサービスのこと。

スカパーの対象プランを同時申込みすることで、スカパーの工事費用23,430円も無料になりますよ。

常時安全セキュリティ24が12ヵ月間無料

こちらは、「常時安全セキュリティ24」の月額料金550円が最大12ヶ月間無料になるキャンペーンです。

常時安全セキュリティ24とは、ネットバンキングの保護・有害サイトへのアクセス防止・ペアレンタルコントロールなどパソコン・スマホのセキュリティ機能が一つにまとまったセキュリティサービスのこと。

最大7台まで利用できます。

なお、割引が適用されるには、@nifty光またはWebLikoと同時申込みする必要があります。

\お得なキャンペーン実施中!/@nifty光公式を見る

▲目次に戻る

@nifty光の提供エリア

エリア

@nifty光の提供エリア
  • NTTフレッツ光提供エリア(全国)

@nifty光は、NTTフレッツ光の回線を利用する光コラボ事業者です。

提供エリアは、フレッツ光と同じ全国各地で利用できる点は大きなメリットです。

NURO光・auひかり・電力会社系光回線は提供エリアが限られています。

ですが、@nifty光であれば転勤などで引っ越した先でも引き続き同じ通信環境を利用できますよ。

さらに、東日本エリアと西日本エリアをまたいだ引越し先にも移転できるので心強いですね。

@nifty光のプロバイダ

プロバイダ

@nifty光のプロバイダ
  • @nifty

@nifty光は、自社のプロバイダ「@nifty」がセットになっています。

別途プロバイダを契約する手間がありませんし、プロバイダ料金込みの格安料金で利用できるのは大きなメリットです。

@niftyは、1986年からプロバイダサービスを提供している老舗中の老舗です。

実績が充分なのは言うまでもありませんが、セキュリティサービスが充実しているため、市販のセキュリティソフトが不要なのも魅力ですね。

@nifty光の無料Wi-Fiルーター

@nifty光のルーター

光回線の本来の速度を出すには、対応ルーターの利用が必須。

@nifty光では、回線と同時申し込みで、IPv4 over IPv6対応ルーターを最大25ヶ月間無料でレンタルできます。

@nifty光の無料Wi-Fiルーター
  • 最大25ヶ月間無料
  • 26ヶ月目以降:550円/月

26ヶ月目以降は550円/月のレンタル料がかかります。

機種を選定したり、今お使いのルーターが対応しているのか調べる手間がかからないので、@nifty光を申し込む際はWi-Fiルーターも同時に申し込むことをおすすめします。

\お得なキャンペーン実施中!/@nifty光公式を見る

@nifty光と他光回線を比較

手順・流れ

auスマートバリューとUQ自宅セット割に対応する@nifty光。

ここでは、auスマートバリューとUQ自宅セット割に対応する光コラボである、So-net光プラスとビッグローブ光と比較してみます。

料金と特典は、新設(新規)でそれぞれの光回線を引いたときのものです。

項目@nifty光
@nifty(ニフティ)
So-net光プラス
ソネット光プラス
ビッグローブ光
ビッグローブ光
auスマートバリュー
UQ自宅セット割
3年使ったときの総支払額
(戸建)
◎151,920円170,968円157,208円
3年使ったときの総支払額
(マンション)
◎112,608円127,408円117,608円
月額料金(戸建)
※割引適用後
25ヶ月目まで:4,895円
26ヶ月目以降:5,720円
6,138円5,478円
月額料金(マンション)
※割引適用後
~25ヶ月目:3690.5円
26ヶ月目以降:4,378円
4,928円4,378円
事務手数料3,300円3,500円3,300円
工事費戸建:825円×24回
マンション:687.5円×24回
実質無料実質無料
Wi-Fiルーター25ヶ月無料永年無料1年無料
キャッシュバック
(ポイント付与)
3万円または、
ニフティ使用権54,000円(戸建)
ニフティ使用権45,000円(マンション)
5万円4万円
実効速度223.7Mbps 267.18Mbps271.85Mbps
※3年使ったときの総支払額は、36ヶ月分月額+工事費-キャッシュバック額で算出しています。

結論から申し上げると、3年間使った場合では、@nifty光が最もトータルコストが安いです。

@nifty光は工事費が普通にかかるデメリットがあります。

ただ他の2回線よりも月額費用が安く、ニフティ使用権として54,000円分(マンションの場合は45,000円分)付与されるので、デメリット分が相殺されます。

実効速度は@nifty光が最も遅いものの、他の2回線も200Mbps台であり、大きな差はありません。

また@nifty光では現金の代わりにニフティポイントをもらえるので、申請手続きが不要ですし申請手続きのスケジュール管理も不要です。

特典をもらい忘れることがないという点で、他の2回線よりも優れているといえます。

\お得なキャンペーン実施中!/@nifty光公式を見る

【結論】@nifty光はどんな人におすすめ?

@nifty(ニフティ)

@nifty光がおすすめな人とおすすめできない人の特徴をまとめました。

@nifty光がおすすめな人

@nifty光がおすすめな人は、次の3つに当てはまる方です。

@nifty光がおすすめな人
  • ノジマで買い物する人
  • au/UQモバイルユーザー
  • キャッシュバック手続きが面倒だがお得に光回線を契約したい人

@nifty光ユーザーは、ノジマでの買い物が月1回8%オフになります。

ノジマでよく買い物をされる方は、お得に買い物できるようになるでしょう。

@nifty光は、auスマートバリューとUQ自宅セット割に対応しています。

通信キャリアにauやUQモバイルを利用されている方は、スマホ料金が割引されますよ。

@nifty光は、現金のキャッシュバックだけでなく、@nifty光の支払いに充当できるニフティポイントとしても付与可能。

キャッシュバックと異なりメールが来るのを待ったり申請したりする必要がないので、非常に楽です。

@nifty光がおすすめ出来ない人

@nifty光がおすすめ出来ない人は、次に当てはまる方です。

@nifty光がおすすめ出来ない人
  • 高速回線を求める人
  • 高額キャッシュバックがほしい人

@nifty光の実効速度は200Mbps台であり、決して速いとはいえません

回線速度を気にされる方には、@nifty光は向いていないでしょう。

スピードを求めるなら、auひかりやNURO光、電力系光回線がおすすめ。

エリアや住宅条件で上記の回線が引けない方は、光コラボの中でもスピードが速いソフトバンク光やドコモ光がおすすめです。

また現金がほしい方にとって、@nifty光の現金3万円キャッシュバックは高額とはいえません。

auひかりなら最大82,000円分もの高額キャッシュバックがあるのでお得ですよ。

\お得なキャンペーン実施中!/@nifty光公式を見る

▲目次に戻る

@nifty光はキャンペーンがとにかくお得な光回線

まとめ

今回は、@nifty光の最新の料金プラン、SNSの口コミ・評判を解説しました。

@nifty光の特徴は次の通りです。

@nifty光の特徴
  • NTTフレッツ光の回線を利用できる光コラボ
  • @nifty光と@nifty光 WebLikoの2サービスある
  • @nifty光ならノジマでの買い物&au/UQモバイルのスマホ料金が割引
  • @nifty光でニフティポイント付与なら特典もらい忘れなし&最大1年月額無料にできる
  • 回線スピードはやや遅い

@nifty光ならノジマでの買い物が月8%オフ、auとUQモバイルのスマホセット割もあり、特典も豊富なのでおすすめ。

特典として現金またはニフティポイントを選択でき、ニフティポイントの方が現金よりも実質的に価値を高く利用できます。

回線スピードはやや遅いものの、月額料金の割引とニフティポイントを組み合わえることで料金を抑えて利用できるでしょう。

\お得なキャンペーン実施中!/@nifty光公式を見る

▲目次に戻る

この記事を書いた人
22歳でIT関連企業に就職後、法人営業として13年間仕事してきました。ハードウェア販売、会計・売り上げ管理ソフトウェア導入の経験を活かし、IT関連の記事を執筆しています。ネットを使った調べ物が大好き。