Fon光の評判|遅い口コミの調査とNURO光との違いを解説

  • 2024年6月7日
※本記事に掲載している情報について
  • 本記事は細心の注意を払って作成し更新していますが、情報の正確性や安全性を保証するものではありません。
  • 本記事で紹介しているインターネット回線は、すべてベストエフォート型サービスです。
  • 最大通信速度は技術規格上の最大値であり、実際の速度とは利用環境・機器・混雑状況によって異なります。
  • 掲載している実効速度は、当サイトおよび第三者の速度計測による検証結果であり、一定の効果を保証するものではありません。
※インターネット回線の契約について
  • インターネット回線のご契約前に、光回線各社のホームページに記載されている注意事項や利用規約を必ずご確認ください。
  • 契約後の利用に関するご不明な点は、サービス提供元へ直接お問い合わせください。
※広告について
本記事には広告が表示されます。
Fon光の評判・口コミは?NURO光との違いやクーポンを徹底解説

Fon光は、NURO光と同じ2Gbpsの最大通信速度を持つ光回線サービスです。

本記事ではFon光の評判や口コミからメリット・デメリットをまとめました。

Fon光のプラン料金初期費用速度キャンペーンについても紹介します。

NURO光との違いも詳しく解説していますので、高速な光回線をお探しの方はぜひご覧ください。

Fon光の評判・口コミまとめ
  • 回線スピードが速い
  • NURO光より長期間契約しないとお得にならない
  • 料金が安い
  • 速度は速いのにパケットロスが発生する
  • NURO光よりも安定している
【結論】Fon光はどんな人におすすめ?

Fon光のメリット・デメリット

  • メリット
  • デメリット
    • NURO光よりも安く利用できる
    • ひかり電話をつけるとソフトバンクのスマホ料金が割引になる
    • オプションでChargeSPOTをお得に利用できる
    • キャンペーンが充実していない
    • NURO光よりも提供エリアが狭い

Fon光の評価レビュー

評価項目評判点数
利用料金★★★☆☆3.5
回線速度★★★☆☆4.5
サービス★★★★☆2.5
サポート★★☆☆☆3.0
ルーター★★★☆☆4.0
総合評価★★★☆☆3.5

Fon光の基本情報

項目戸建て・マンション共通
月額料金4,378円
最大通信速度最大2Gbps
平均実効速度441.57Mbps
事務手数料3,300円
工事費実質無料
キャンペーン・Amazonギフトコード3,000円分
セット割・ソフトバンク
スマホ料金が月額最大1,100円割引
契約期間初年度3年
以降2年更新
違約金3,148円
運営会社フォン・ジャパン株式会社
詳細公式サイト
この記事の監修者
加藤文也
加藤文也KatoFumiyaReYuu Japan株式会社取締役
中古スマホEC事業、光回線・格安SIM・WiFiなどのインターネットに関する6つのメディアを運営管理している。
当メディアがおすすめするインターネット回線の比較に関するコンテンツは、総務省消費者庁によって管理され公表されている情報を参考に、第三者による調査結果や利用者の評判・口コミなどの客観的事実をもとに作成しています。詳しくはコンテンツ制作・ランキング作成に関するポリシーを参照してください。
※記事の内容に間違いがあった場合には、ReYuu問い合わせへご連絡ください。
※記事内の金額は全て税込み表記となります。

Fon光の良い評判・口コミ

Fon光

Fon光の良い評判・口コミをリサーチすると、以下の3つが見つかりました。

上記の内容について解説します。

回線スピードが高速

1つ目の良い評判は、回線スピードが高速というものです。

ツイートされた方が添付したスピードテストの結果の画像では、689Mbpsと記録されていました。

Fon光の回線スピードは、かなり高速であることがわかりますね。

料金が安い

2つ目の良い口コミは、料金が安いというものです。

Fon光は月額費用がずっと安く設定されており、NURO光よりも安く利用できます。

NURO光よりも安定している

3つ目は、NURO光よりも安定しているという口コミです。

ツイート主はもともとNURO光のユーザーだったようですが、2022年夏頃から回線スピードが遅くなったことをきっかけに、Fon光へ乗り換えたとのこと。

結果、Fon光のサービス提供元であるNURO光よりも、安定して利用できているようです。

Fon光の品質は「大元の回線であるNURO光と同じ(=パケットロスも多い)」と考えがちですが、そのようなことはないようです。

NURO光と比較して、速度と料金の満足度が高いという口コミが多めでした。

\お得なキャンペーン実施中!/Fon光公式を見る

Fon光の悪い評判・口コミ

bad

Fon光の悪い評判・口コミについても見ていきましょう。

上記の悪い評判について解説します。

5年経過しないとNURO光よりも得にならない

Fon光の悪い評判の1つ目は、「5年経過しないとNURO光よりもお得にならない」というものです。

これは、Fon光にキャッシュバックがないことが関係しています。

Fon光はNURO光よりも月額料金が822円安いですが、NURO光はキャッシュバックで45,000円もらえます。

Fon光のトータルコストがNURO光よりもお得になるのは、

45,000円÷822円=54.7ヶ月

となり、約4年7ヶ月後となるでしょう。

申込みしていないのに申込み完了のSMSが届いた

2つ目の悪い評判は、申込みしていなのに申込み完了したというSMSが届いたというものです。

ツイート主が「縛りなしWi-Fi」というWebサイトからWiFiルーターを申し込んだところ、なぜか(ツイート主の承諾なしに)Fon光の工事受付もされてしまったようす。

申し込んでもないサービスが勝手に申し込まれていたら、かなり頭にきますよね。

そもそもツイートされた当時(2021年3月)、Fon光の運営企業であるフォン・ジャパンは「縛りなしWi-Fi」の運営企業でもありました。

縛りなしWi-FiとFon光とのセット割もあったようです。

ただフォン・ジャパンは縛りなしWi-Fi事業を2021年11月に売却しています。

勝手にFon光が申し込まれていたというクレームも、それ以降はないようです。

上下900Mbps出るのにビデオ会議がカクカクしてしまう

3つ目の悪い口コミは、ビデオ会議の49名参加者ギャラリービューがカクカクしてしまうというものです。

通信速度は900Mbps出ているのに対し、パケット損失が10~30%出てしまっているそう。

パケットロスが大きい光回線といえばNURO光ですが、NURO光回線の設備を使うFon光も同じ特徴をもっているようです。

NURO光同様、たまにラグが起きる現象はあるようです。

\お得なキャンペーン実施中!/Fon光公式を見る

Fon光のメリット

メリット

Fon光のメリットをまとめると、次の3つとなります。

詳しく見ていきましょう。

NURO光よりも安く利用できる

Fon光は、サービス大元のNURO光よりも安く利用できます

2ギガでは822円、10ギガでは772円安く利用できますよ。

同じ品質のものを安く利用できるのでお得といえるでしょう。

NURO光を利用した光回線はFon光以外にも多数ありますが、その中でもFon光は格安な料金プランとなっています。

NURO光ベースの光回線月額料金(2ギガ)
Fon光4,378円
ブラスト光4,998円
ファミリーギガ5,200円
ネクスト光5,390円
Swift光5,478円
エナジー光5,478円
ライン光5,478円
CCひかり5,478円
KiminiBB10,978円~
※オンライン英会話込み

ひかり電話をつけるとソフトバンクのスマホ料金が割引になる

Fon光は、ソフトバンクの割引である「おうち割 光セット」の対象サービスです。

ソフトバンクのスマホ料金が月額最大1,100円も安くなるため、ソフトバンクユーザーにとってFon光は非常にお得。

なお、割引を適用するためには下記の条件を満たす必要があります。

おうち割 光セットの適用条件
  • NURO光でんわを契約すること
  • ソフトバンク回線とホワイトコール24を契約すること

NURO光でんわは月額料金が330~550円ほどかかりますが、ホワイトコール24は無料です。

オプションでChargeSPOTをお得に利用できる

「ChargeSPOT Pass for Fon光」オプション(月360円)をつけると、ChargeSPOTをお得に利用できます

ChargeSPOTとは、国内設置数No.1のバッテリーシェアリングサービス。

通常は使用時間に応じた従量課金制ですが、オプションをつけることで、5日間(120時間)レンタルしたときに300円お得になります。

バッテリーシェアリングをたくさん利用される方は、利用してみてもいいかもしれません。

\お得なキャンペーン実施中!/Fon光公式を見る

ReYuuストア

Fon光のデメリット・注意点

デメリット

Fon光のデメリット・注意点は、次の2つです。

それぞれについて見ていきましょう。

キャンペーンが充実していない

Fon光のデメリットの1つは、キャンペーンが充実していない点です。

行われているキャンペーンはAmazonギフトコード3,000円のプレゼントだけ

さらにオプションに3つ加入しなければならず、お得感はありません。

契約しただけでキャッシュバックをもらえる他の光回線と比べると、うまみは少ないといえるでしょう。

NURO光よりも提供エリアが狭い

Fon光のデメリットの2つ目は、大元の回線であるNURO光よりも提供エリアが狭い点です。

NURO光とは2ギガの提供エリアは同じですが、10ギガの提供エリアはNUROよりも狭くなっています

項目Fon光NURO光
2ギガ北海道
関東(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬)
東海(愛知、静岡、岐阜、三重)
関西(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良)
九州(福岡、佐賀)
中国(広島、岡山)
10ギガ東北(宮城)北海道
東北(宮城、福島、山形)
関東(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬)
東海(愛知、静岡、岐阜、三重)
関西(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良)
九州(福岡、佐賀)
中国(岡山)

10ギガの回線の申込みを検討されている方は、提供エリアにご注意ください。

\お得なキャンペーン実施中!/Fon光公式を見る

閉じる

Fon光のプラン料金

fon光2ギガ料金
fon光10ギガ料金

Fon光は、2ギガと10ギガの2プランがあります。

Fon光のプラン料金
  • 2ギガ:4,378円/月
  • 10ギガ:4,928円/月

どちらも5,000円以下で利用できるので、非常に安い料金プランといえます。

Fon光の解除料金は、2022年7月に以下のように改定されました。

Fon光の解除料金
  • 2ギガ:3,148円/月
  • 10ギガ:3,698円/月

どちらにおいても3,000円代なので、それほど高くはありません。

\お得なキャンペーン実施中!/Fon光公式を見る

Fon光の初期費用・工事費

construction

Fon光の初期費用は、事務手数料と工事費の2つです。

Fon光の初期費用・工事費
  • 事務手数料:3,300円
  • 工事費:実質無料

工事費については、本来なら44,000円かかりますが、3年利用すると実質無料となっています。

工事費の分割払い金相当額が36ヶ月間月額料金から割引されます。

ReYuuストア

Fon光の速度・平均実効速度

fon光の速度

光回線で最も注目したいのは、やはり通信速度です。

せっかく楽しみたい動画があっても、速度が遅いせいで頻繁に停止してしまっては台無しですよね。

光回線の一般的な最大通信速度は1Gbpsですが、Fon光の最大通信速度は2Gbpsと非常に高速です。

同じく2Gbpsの最大通信速度をPRしているのは大人気の「NURO光」だけ。速度に関しては期待が持てそうですね。

しかし、最大通信速度はあくまで目安程度のもの。

実際にネットを利用している時の速度である「実効速度」は、この最大通信速度よりもはるかに劣りますし、光回線毎に数値が大きく異なります。

つまり、光回線の通信速度を調べる際は、最大通信速度ではなく実効速度に目を向ける必要があるということです。

そこで、Fon光の実効速度を「みんなのネット回線速度(みんそく)」で調査し、他社のものと比べてみました。

光回線名平均実効速度
Fon光555.42Mbps
NURO光490.83Mbps
auひかり419.21Mbps
ドコモ光270.76Mbps
ソフトバンク光313.18Mbps
ビッグローブ光281.21Mbps
So-net光プラス259.92Mbps
楽天ひかり224.03Mbps
DTI光250.05Mbps
DMM光224.02Mbps
OCN光278.1Mbps
フレッツ光
(東日本)
277.28Mbps
フレッツ光
(西日本)
277.28Mbps

実効速度引用元:みんなのネット回線速度(みんそく) | 速度比較が出来る通信速度測定サイト

Fon光の平均実効速度は約555Mbpsです。

比較的高速と言われるNURO光やauひかりよりも高い数値ですから、実効速度は非常に優秀であることがわかります。

他社の実効速度は200Mbps後半であることが多いのですが、それらと比べても非常に高速ですね。

通信速度を重視する方にも、Fon光はおすすめの光回線です。

\お得なキャンペーン実施中!/Fon光公式を見る

Fon光のキャンペーン・キャッシュバック

fon光のキャンペーン

Fon光のキャンペーン・キャッシュバック
  • Amazonギフトコード3,000円分プレゼント

Fon光のキャンペーン・キャッシュバックは、Amazonギフトコード3,000円のプレゼントだけです。

適用条件は次のとおりです。

キャンペーン適用条件
  • 「クラウドバックアップ&データ復旧サービス(初月無料・2か月目以降月額各550円)」を申し込む
  • 「マカフィー・マルチデバイスセキュリティ10デバイス(最大2ヵ月無料 月額550円)」を申し込む
  • 「リモートサポート(最大2ヵ月無料 月額550円)」を申しこむ

利用開始7ヶ月目以降に、メールアドレスにギフトコードが送付されてくるとのこと。

ただ、オプションを3つも申し込まなければならないため、やや手間がかかります。

Fon光のプロバイダ

プロバイダ

Fon光のプロバイダ
  • Fon光

Fon光のプロバイダは、Fon光となっています。

プロバイダ一体型なので、料金が回線会社とプロバイダ別々になることもなくて管理しやすいですね。

Fon光の無料Wi-Fiルーター

fon光のルーター

Fon光で貸与されるONUホームゲートウェイには、無線LAN機能が標準装備されています。

無線LAN通信は追加料金なしで利用できます。

fon光の公式サイトにてよくある質問にもありますが、自身で用意したWiFiルーターは非推奨となっているので、注意が必要です。

fon光は専用の無料貸出WiFiルーターを使いましょう。

\お得なキャンペーン実施中!/Fon光公式を見る

Fon光とNURO光の違いを比較

NURO光

Fon光とNURO光の違いは、次の表のとおりです。

項目Fon光NURO光
月額料金2ギガ4,378円
5,200円
10ギガ4,928円5,700円
平均実効速度555.42Mbps490.83Mbps
事務手数料3,300円3,300円
工事費実質無料実質無料
キャンペーン・Amazonギフトコード3,000円分・キャッシュバック最大45,000円
・乗りかえ補償など
セット割・ソフトバンク
スマホ料金が月額最大1,100円割引
・ソフトバンク
スマホ料金が月額最大1,100円割引
契約期間2ギガ初年度3年
以降2年更新
2年または3年
10ギガ3年3年
違約金2ギガ3,148円2年:3,740円
3年:3,850円
10ギガ3,698円4,400円

下記のポイントごとに、詳しく比較してみましょう。

利用料はFon光が安い

月額料金については、2ギガと10ギガのどちらにおいても、Fon光のほうが安く利用できます

初期費用は、Fon光もNURO光も変わりません。

キャンペーンはNURO光が豪華!

Fon光

Fon光のキャンペーンはAmazonギフトコード3,000円分のものが1つだけ。

それに比べて、NURO光は最大45,000円のキャッシュバックがあります。

また、NURO光では他社から乗り換えた際に発生した違約金などを2万円まで補償するキャンペーンも実施中。

キャンペーンはNURO光が豪華といえますね。

契約期間や解約金も異なる

Fon光の解約金は、NURO光よりも若干安く設定されています。

Fon光の契約期間は最初が3年、1回目の更新以降は2年と変則的。

一方、NURO光の契約期間はずっと3年間または2年間です。

解約金や契約期間に関しては、若干の違いはあるものの大きな差はないといえますね。

提供エリア:2ギガは同じ/10ギガはNURO光の方が広い

項目Fon光NURO光
2ギガ北海道
関東(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬)
東海(愛知、静岡、岐阜、三重)
関西(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良)
九州(福岡、佐賀)
中国(広島、岡山)
10ギガ東北(宮城)北海道
東北(宮城、福島、山形)
関東(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬)
東海(愛知、静岡、岐阜、三重)
関西(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良)
九州(福岡、佐賀)
中国(岡山)

2ギガの提供エリアは同じですが、10ギガの提供エリアは異なっています。

Fon光は宮城県のみ10ギガを提供していますが、NURO光では、宮城を含め、北海道・関東・東海・関西・九州・中国地方で提供しています。

Fon光で10ギガを申し込む際は、提供エリアに注意する必要があるでしょう。

\お得なキャンペーン実施中!/Fon光公式を見る

【結論】Fon光はどんな人におすすめ?

Fon光はどのような人におすすめなのか解説します。

Fon光がおすすめな人

Fon光がおすすめなのは、以下に当てはまる方です。

Fon光がおすすめな人
  • 光回線の利用料金を抑えたい人
  • 速い回線を長期的に利用したい人
  • 現在の回線速度に不満がある人
  • キャシュバックがほしくない人

Fon光は月額利用料金が安いので、光回線の利用料金を抑えたい方におすすめです。

定額でずっと同じ料金、5年以上使うならNURO光よりも安く利用することができるのも嬉しいポイントです。

NURO光回線を利用しているので、通信速度が非常に高速。

現在利用している光回線の通信速度に不満がある方におすすめといえます。

ただ、Fon光にはキャッシュバックがありません。

「キャッシュバックの手続きが面倒だし、そもそもキャッシュバックはいらない」という方に、Fon光はピッタリな光回線です。

Fon光がおすすめできない人

Fon光がおすすめできない人についても見ていきましょう。

Fon光がおすすめできない人
  • キャッシュバック狙いの人
  • 10ギガの回線を引きたい人
  • ちょっとのラグでも困る人

Fon光はキャッシュバックがないので、キャッシュバックがほしい方には向いていません

またFon光の10ギガの提供エリアは、2023年3月現在、宮城県のみで提供されています。

10ギガの回線を引きたいと考えている方は、エリアの関係で引けない可能性が高いでしょう。

ラグに関する口コミなどもあるので、オンラインゲームなどで少しの硬直も困る人は要検討です。

オンラインゲーム向けの光回線はこちらで紹介しています。

\お得なキャンペーン実施中!/Fon光公式を見る

▲目次に戻る

Fon光なら超高速回線をリーズナブルに契約できる

fon光の申し込み手順

本記事では、Fon光について解説しました。

Fon光まとめ
  • NURO光回線を利用した光接続サービス
  • 回線スピードが500Mbps以上と超高速
  • NURO光よりも安く利用できるがキャッシュバックはない
  • 2ギガ提供エリアはNURO光と同じ|10ギガは宮城県のみ

Fon光はNURO光とほぼ同等の通信速度を持っており、NURO光よりも安く利用できます。

高速な光回線を使いたい方には非常におすすめできる光回線だといえますね。

ただし、Fon光は全国展開しているわけではないため、提供エリアには注意が必要です。

\お得なキャンペーン実施中!/Fon光公式を見る

▲目次に戻る

この記事を書いた人
22歳でIT関連企業に就職後、法人営業として13年間仕事してきました。ハードウェア販売、会計・売り上げ管理ソフトウェア導入の経験を活かし、IT関連の記事を執筆しています。ネットを使った調べ物が大好き。