WiMAXのホームルーターは遅いって本当?評判や特徴から徹底比較

  • 2024年4月23日
※本記事に掲載している情報について
  • 本記事は細心の注意を払って作成し更新していますが、情報の正確性や安全性を保証するものではありません。
  • 本記事で紹介しているインターネット回線は、すべてベストエフォート型サービスです。
  • 最大通信速度は技術規格上の最大値であり、実際の速度とは利用環境・機器・混雑状況によって異なります。
  • 掲載している実効速度は、当サイトおよび第三者の速度計測による検証結果であり、一定の効果を保証するものではありません。
※インターネット回線の契約について
  • インターネット回線のご契約前に、光回線各社のホームページに記載されている注意事項や利用規約を必ずご確認ください。
  • 契約後の利用に関するご不明な点は、サービス提供元へ直接お問い合わせください。
※広告について
本記事には広告が表示されます。
wimaxのホームルーター

本記事では、WiMAXのホームルーターの速度についての口コミ・評判を調査し、他社と速度の比較を行いました。

「WiMAXのホームルーターに興味はあるけど、速度が遅かったら嫌だな…」と心配している方は必見です。

記事の後半では、WiMAXホームルーターのおすすめプロバイダも紹介するので、WiMAXが気になっている人はぜひチェックしてみてください。

【結論】WiMAXホームルーターはどんな人におすすめ?
WiMAXホームルーターの種類とおすすめ
  1. とくとくBB WiMAX
    高額キャッシュバックで実質月額がお得!
  2. 5G CONNECT
    3ヶ月おまとめ支払いで4ヶ月に1回基本料金が0円
  3. UQ WiMAX
    キャンペーン利用で端末を格安で購入可能
  4. Broad WiMAX
    最新端末をお得に利用できる
  5. カシモWiMAX
    端末代が実質無料で2年目以降も価格が固定でずっと安い
この記事の監修者
加藤文也
加藤文也KatoFumiyaReYuu Japan株式会社取締役
中古スマホEC事業、光回線・格安SIM・WiFiなどのインターネットに関する6つのメディアを運営管理している。
当メディアがおすすめするインターネット回線の比較に関するコンテンツは、総務省消費者庁によって管理され公表されている情報を参考に、第三者による調査結果や利用者の評判・口コミなどの客観的事実をもとに作成しています。詳しくはコンテンツ制作・ランキング作成に関するポリシーを参照してください。
※記事の内容に間違いがあった場合には、ReYuu問い合わせへご連絡ください。
※記事内の金額は全て税込み表記となります。

WiMAXのホームルーターが遅いという口コミ・評判を調査

口コミ・評判

WiMAXのホームルーターに関する悪い口コミ、特に速度に関するものをまとめると、主に次の3つとなりました。

実際のツイートを見ていきましょう。

WiMAX +5Gに替えたら遅くなった


こちらのツイート主が「WiMAX2+」から「WiMAX +5G」へ変更したところ、以前よりもスピードが遅くなってしまったとのこと。

「WiMAX 2+」はWiMAX方式の電波のみを受信しますが、「WiMAX +5G」はWiMAX方式の電波に加え、「auの5Gと4G LTEの一部」の電波を拾ってしまいます。

おそらくツイート主のWiMAX +5Gルーターは、WiMAXの電波ではなく、auの5Gまたは4G LTEの電波を拾ってきているのではないでしょうか。

拾った電波の強度が弱い場合、通信速度は遅くなってしまうでしょう。

受信するバンドを調整できるタイプのWiFiルーターであれば、WiMAX方式(Band 41)のみを受信できるよう手動で調整することで、改善されるかもしれません。

接続不良や通信の途切れがある

接続不良が出まくる」旨のツイートがいくつか見られました。

前出のケースと同様、「WiMAX 2+」では受信しなかった「auの5Gまたは4G LTEの一部」の電波を拾い、その電波強度が弱いために不具合が起こるのだと思われます。

「WiMAX 2+」では不具合がなかった場所でも、「WiMAX +5G」になることで不具合が起こる可能性もあることは、頭に入れておいたほうが良さそうです。

オンラインゲームはできない

オンラインゲームをするには不十分という旨のツイートもいくつか見られます。

ホームルーターが遅くなってしまう原因には、「電波の強度」・「受信する電波の種類」・「ネットワークの混雑具合」の3つが考えられます。

とくにホームルーターにおいては、受信する電波の種類と電波の強度によって、大きく回線速度が変わるでしょう。

また、無線接続から有線で直接ルーターとPCをつなぐことによっても速度が改善する場合があります。

WiMAXホームルーターの速度で出来ること

UQ WiMAX

WiMAXホームルーターを使って遅く感じるかどうかは、実際にどんな用途で利用するのかによっても変わってきます。

基本的にはデータを自分の端末にダウンロードする「下り速度(ダウンロード速度)」が重要となりますが、それぞれのおおよその必要な速度は以下の通りです。

スムーズに行うために必要な通信速度

できること必要な回線速度(下り)
メールやLINE128Kbps〜1Mbps
Webサイトを閲覧する1〜10Mbps
SNSを見る・投稿する3Mbps〜10Mbps
ビデオ通話5Mbps〜15Mbps
動画視聴(SD画質、HD画質)3~5Mbps推奨
動画視聴(4K動画)15~20Mbps
オンラインゲーム10〜100Mbps以上

ただ、オンラインゲームで利用する場合には、タイムラグをできるだけなくす必要があるため、下り速度だけでなく「ping値」も重要になってきます。

速度とちがい、ping値は数値が低ければ低いほど良くなります。通常のサイト閲覧などであれば50ms程度で十分ですが、オンラインゲームをストレスなくプレイしたいのであればping値は15~20ms以下程度が理想的です。

また、ZOOMを利用したオンライン会議など互いに映像を送受信する場合には、それぞれが「上り速度(アップロード速度)」もある程度確保しておく必要があります。

ZOOMをパソコンで利用する場合の推奨速度

  • 1 対 1 のビデオ通話:600 kbps~(上り / 下り)
  • グループビデオ通話:1.0 Mbps / 600 kbps(上り / 下り)

WiMAXの平均実効速度上は、グループビデオ通話であっても問題なく利用できるだけの速度は出ているようです。

オンラインゲームに関してのみ不安が残りますが、ゲームの場合ジャンルやグラフィックのちがいによって必要な速度が変わってきます。

「これだけはストレスなく利用したい」というコンテンツがある場合は、公式が推奨している回線速度をチェックしてみてください。

WiMAXホームルーターが本当に遅いのか他社と比較

比較

つぎに、ドコモが提供するhome 5G、光回線と比較することで、WiMAXの速度がどの程度なのかを調査しました。

まずは、通信会社側で発表している最大通信速度を見てみましょう。

最大通信速度の比較

回線名回線種類・プラン最大速度
WiMAX
(端末:speed Wi-Fi HOME 5G L12)
5G/4G LTE/WiMAX 2+受信時最大2.7Gbps
送信時最大183Mbps
ドコモ home 5G
(端末:home 5G HR02)
5G受信時最大4.2Gbps
送信時最大218Mbps
4G受信時最大1.7Gbps
送信時最大131.3Mbps
光回線(NTTフレッツ光)フレッツ光クロス送受信時最大 10Gbps
ギガファミリー・スマートタイプ送受信時最大 1Gbps
ファミリー・ハイスピードタイプ受信時最大 200Mbps
送信時最大100Mbps
上記の数字はあくまでも「最大値」であり、実際にこの通りの速度で通信ができることはほぼありません。

実際には、使用する場所や機器、環境によって同じ回線を利用していても通信速度は変わってきます。

そこで、実際の利用者の口コミを元に、それぞれの平均速度を比較しました。

実際の平均速度

回線名端末平均Ping値平均ダウンロード速度平均アップロード速度
WiMAX
(WiMAX 2+)
全般52.54ms87.02Mbps14.45Mbps
Speed Wi-Fi HOME 5G L1244.26ms121.07Mbps18.19Mbps
Speed Wi-Fi HOME 5G L1159.21ms118.22Mbps 16.1Mbps
ドコモ home 5G全般49.49ms195.23Mbps20.07Mbps
光回線全般20.14ms351.51Mbps270.75Mbps
フレッツ光ライト21.7ms60.97Mbps63.49Mbps
フレッツ光クロス10.11ms1308.12Mbps1517.55Mbps
auひかり14.91ms514.46Mbps488.99Mbps

実効速度で比較してみても、やはり圧倒的に光回線が速いことが分かります。

ただ、集合住宅で利用されていた「フレッツ光ライト」の実行速度と比較すると、WiMAX・ドコモ home 5Gと大差ない、もしくは遅い結果となっているなど、光回線の中でも契約プランや通信環境によってかなりの差が出ています。

光回線を導入できるのであれば速度面では有利ですが、導入のしやすさや引っ越しの時の手軽さなど、WiMAXならではメリットも考慮するべきでしょう。

また、同じホームルーターであるドコモ homr 5Gと比較すると、ドコモ home 5Gの方が安定した数字が出ています。

ただ、これはドコモ home 5Gが、最大通信速度の向上した最新端末「HR 02」をWiMAXに先駆けて2023年3月に発売したことが影響している可能性もあります。

ルーター端末の種類による速度の違い

工事がいらないWi-Fi ホームルーター |【公式】GMOとくとくBB

上記表を見ても、「Speed Wi-Fi HOME 5G L11」よりも新しい「Speed Wi-Fi HOME 5G L12」の方が速度が出ており、ping値も低くなっています。

速度を重視するのであれば、やはりルーターの選び方は非常に重要です。

WiMAXではホームルーターの最新機種として、2023年6月1日に「Speed Wi-Fi HOME 5G L13」が発売されました。

2023年6月現在、最新機種を取り扱っているプロバイダはGMOとくとくBB、UQ WiMAX、Broad WiMAX、カシモWiMAX、auとなっています。

まだ発売して間もないためか「みんなのネット回線速度」で最新機種の口コミはありませんでしたが、ルーターの種類とプロバイダの違いによるそれぞれの平均速度を比較しました。

ルーター端末の種類とプロバイダの違いによる平均速度の違い

サービス名機種
平均Ping値平均ダウンロード速度平均アップロード速度
UQ WiMAX
UQ wimax
HOME 5G L11 67.48ms101.79Mbps17.23Mbps
HOME 5G L1240.41ms93.62Mbps33.74Mbps
HOME 5G L1345.6ms190.14Mbps29.06Mbps
カシモWiMAX
カシモWiMAX
HOME 5G L11 52.88ms97.94Mbps14.73Mbps
HOME 5G L1253.39ms72.28Mbps13.09Mbps
HOME 5G L1342.03Mbps140.65Mbps22.59Mbps
Broad WiMAX
Broad WiMAX
HOME 5G L11 49.49ms191.35Mbps15.49Mbps
HOME 5G L1239.65ms155.09Mbps17.66Mbps
HOME 5G L1345.33ms111.68Mbps21.28Mbps
GMOとくとくBB WiMAX
GMOとくとくBB
HOME 5G L11 40.68ms169.43Mbps31.96Mbps
HOME 5G L1246.58ms60.77Mbps12.78Mbps
HOME 5G L1345.29ms104.5Mbps12.42Mbps
5G CONNECT
5G CONNECT
HOME 5G L11 53.0ms268.28Mbps31.5Mbps
HOME 5G L12実測値報告なし
HOME 5G L13※取り扱い無し

参照:「みんなのネット回線速度」

最新機種で注目したいのは速度の性能で、下り最大速度が4.2Gbpsと、旧モデルのspeed Wi-Fi HOME 5G L12と比べて2倍近くの数値が出ることになっています。
【限定特典】WiMAX(ワイマックス)キャッシュバックキャンペーン | 【公式】GMOとくとくBB

Twitterの口コミは少ないものの良い・速いという口コミが目立ちました。速度にこだわりたい人は最新機種の使用をおすすめします。

ReYuuストア

WiMAXホームルーターの種類とおすすめ

UQ WiMAXルーター

WiMAXが+5Gになったことで、電波をうまく受信できればWiMAXホームルーターでも光回線並みの速度が実現できることが分かりました。

WiMAXホームルーターはすべてUQが提供している電波を利用しているものの、提供窓口は非常にたくさんあります。

そして窓口によって料金体系が異なり、それぞれが独自のキャッシュバックキャンペーンなども実施。どこを選べば一番お得なのか、すべてを見比べるのはかなり大変です。

そこで今回は、料金や提供端末といった違いを総合的に踏まえた上で、おすすめの会社を5つ厳選して紹介します。

比較のポイント

  • 最新の端末を利用できるかどうか
  • キャッシュバックや端末料金を含めた実質料金が安いかどうか
  • その他利便性(口座振替が利用できる、お試し利用ができるなど)

上記の比較ポイントを元に選定したおすすめの5社が、以下になります。

WiMAXホームルーターのおすすめ

では、1位から順にくわしく紹介していきます。

1位:とくとくBB WiMAX

とくとくBB ホームルーター

とくとくBB WiMAXのおすすめポイント
  • 高額キャッシュバックで実質月額は3,000円台!
  • 他社違約金も補填してくれる
  • 最新の端末「HOME 5G L13」も選べる
項目ギガ放題(2年)プラン
月額料金端末発送月:1,375円
1ヶ月目~35ヶ月目:3,762円
36ヶ月目以降:4,807円
※割引適用時の料金です。
帯域制限スタンダードモード:無制限
プラスエリアモード:30GB
プラスエリアモード1,100円/月
選べる端末最新端末!
Speed Wi-Fi 5G X12
ZTE Speed Wi-Fi HOME 5G L13
端末の下り通信速度最大4.2Gbps
端末代金770円/月(36回払い)
事務手数料3,300円
支払い方法クレジットカード払い
契約期間2年
契約解除料0円
詳細公式サイトへ

GMOとくとくBBは、なんといっても最大57,000円のキャッシュバックに注目です。

新規・乗り換えどちらも対象に15,000円キャッシュバックされるだけでなく、他社から乗換えの場合、他社違約金として最大40,000円もの高額キャッシュバックを設定しています。
とくとくBB キャッシュバック

また基本料金が端末発送月は1,375円、1ヶ月目〜35ヶ月目までは3,762円と月額料金の割引が適用されます。

キャッシュバックの受け取りには11カ月以上契約を続ける必要がありますが、実質月額は3,000円台とリーズナブルなので非常におすすめです。

\最大114,827円CB!/GMOとくとくBB WiMAX

2位:5G CONNECT

【5G CONNECT WiMAX】データ無制限で縛りなしのWiMAX

5G CONNECTのおすすめポイント
  • 30日間の「無料お試しモニター」で初月がお得になる!
  • 3ヶ月おまとめ払いを使えば料金が更に安くなる
  • 端末を無料でレンタルできる
5G CONNECT旧端末プラン最新端末プラン
月間データ量無制限
縛りなしプランの月額料金
(30日間のお試し期間終了後)
4,950円5,250円
2年契約プランの月額料金4,500円4,500円
3ヶ月分まとめ支払い実質4,300円
毎月200円割引
実質3,750円
3,6,9,12ヶ月目は0円
プラスエリアモード15GB(無料)15GB(有料)
端末Speed Wi-Fi HOME 5G L11
Galaxy 5G Mobile Wi-Fi
Speed Wi-Fi HOME 5G L13
Speed Wi-Fi 5G X12
下り最大通信速度2.7Gbps4.2Gbps
端末代金0円
(税込20,400円分)
0円
(税込33,000円分)
事務手数料3,300円4,400円
決済方法クレジットカード
契約解除料24ヶ月以内:4,500円
詳細5G CONNECT公式サイトへ

5G CONNECTは、端末をレンタル制にすることで端末代金が発生しないようになっています。

そのため、端末代金が上乗せされる会社と比べて毎月の料金負担が軽く感じられるでしょう。

また、最新端末プランの2年契約プランでは「3ヶ月おまとめ支払い」を適用することで、3ヶ月ごとに9,000円を支払っていくのですが、3ヶ月に1度月月額料金が0円になる月があります。
5G CONNECT 3ヶ月おまとめ支払い詳細

そのため1年目の1ヶ月あたりの実質金額が3,000円とかなり安いです。

\最大40,000円以上お得!/5G CONNECT公式を見る

3位:UQ WiMAX

WiMAX +5G ギガ放題プラスS|UQ WiMAX(wifi/ルーター)【公式】

UQ WiMAXのおすすめポイント
  • 最新端末も選べて旧機種なら価格が安い!
  • 支払い方法に口座振替も選べる
  • 「Try WiMAX」で自宅のWiMAX実行速度を試せる
UQ WiMAXギガ放題プラスSギガ放題プラスS Netflixパック
月額料金(割引前)4,950円6,336円
WiMAX +5G割
(当月から13ヵ月間)
-682円割引-682円割引
翌月1ヵ月間 -1,386円
月額料金(割引後)1~13ヵ月目:4,268円
14ヵ月目~:4,950円
1ヵ月目:4,268円
2~13カ月目:5,654円
14ヵ月目~:6,336円
プラスエリアモード1,100円/月(30GB)
※auスマートバリューまたは自宅セット割 適用期間中は無料
対応機種Speed Wi-Fi HOME 5G L13
Speed Wi-Fi 5G X12
決済方法クレジットカード、口座振替
端末代金27,720円(一括払い)
770円×36回払い
事務手数料3,300円
契約年数なし
違約金の有無0円
UQ WiMAXおトク割
(端末代金割引)
・対象機種を新規、もしくは機種変更で購入
・ギガ放題プラスS もしくはギガ放題プラスS Netflixパックに加入
新規:20,988円割引で端末代金6,732円
機種変更:17,820円割引で端末代金9,900円
詳細UQ WiMAX公式サイトへ

UQ WiMAXは端末代の面でメリットが大きいです。

新規契約・2台目以降購入の場合、最新端末のL13がUQ WiMAXおトク割で機種代金から20,988円割引となり、6,732円で手に入れられます

機種変更の場合も17,820円割引で、9,900円で購入できるので、かなりお得です。

また、お試しサービス「Try WiMAX」を使えば、実際に自宅でWiMAXの電波の入り具合を試すことも可能です。

WiMAXで十分な速度が出ると分かれば、UQ WiMAX以外のWiMAXで契約しても問題ありません。

auやUQモバイルのセット割の対象回線なので、スマホとセットで利用できる人は更にお得になります。

\お得なキャンペーン実施中!/UQ WiMAX公式を見る

4位:Broad WiMAX

「BIGLOBE WiMAX +5G」WEB広告特典

Broad WiMAXのおすすめポイント
  • 3年目まで基本料金がずっと安い
  • 他社からの乗り換えで最大19,000円のキャッシュバック
  • 最新のホームルーターで利用できる
Broad WiMAXギガ放題コスパDXプランギガ放題縛りなしDXプラン
月額料金初月:1,397円
1〜36ヶ月目:3,773円
37ヶ月目以降:4,818円
初月:1,397円
1〜36ヶ月目:3,960円
37ヶ月目以降:4,950円
帯域制限スタンダードモード:無制限
プラスエリアモード:30GB
プラスエリアモード1.100円/月
対応機種Speed Wi-Fi HOME 5G L13
Speed Wi-Fi 5G X12
決済方法クレジットカード
口座振替(手数料220円)
端末代金一括払い:31,680円
分割払い:880円x 36回
事務手数料3,300円
初期費用20,743円
※WEB手続き+オプション加入で無料(口座振替は対象外)
契約年数2年間縛りなし
違約金の有無0~24ヶ月目:4,818円
25ヶ月目以降:0円
なし
詳細Broad WiMAX公式サイトへ

提供されるのが最新端末のため機種代金は高くなっていますが、基本の利用料金には違いがありません。

そのため、最新機種をお得な料金で利用したいという人におすすめです。
WiMAX(ワイマックス)料金プラン | 【公式】Broad WiMAX

Broad WiMAXは料金がお得なプランを利用すると最低利用期間が設定されてしまいますが、途中解約した場合でも違約金は4,818円とそこまで負担が大きくありません。

キャッシュバック金額を考えると、途中解約したとしても損にはならないでしょう。

\お得なキャンペーン実施中!/Broad WiMAX公式を見る

5位:カシモWiMAX

カシモWiMAXのエリア

カシモWiMAXのおすすめポイント
  • 端末代実質0円
  • 端末返却時Amazonギフト券5,000円分プレゼント
  • シンプルな料金体系が分かりやすくて安心
  • 2年目以降の値上がりもなくずーっと安い
カシモWiMAX縛りなしSA端末プラン
月額料金初月:1,408円
1ヶ月目以降:4,818円
帯域制限スタンダードモード:無制限
プラスエリアモード:15GB
プラスエリアモード1,100円/月
対応機種
Speed Wi-Fi HOME 5G L13
Speed Wi-Fi 5G X12
決済方法クレジットカード
口座振替(手数料220円)
端末代金0円(770円×36ヶ月割引)
契約年数なし
違約金の有無0円
詳細カシモWiMAX公式サイトへ

カシモWiMAXは「WiMAX 5G+」に対応していないため速度面ではやや劣りますが、その他の面では非常におすすめできる内容となっています。

料金がシンプルで分かりやすい、2年目以降の値上げがないなど、複雑な料金体系で「騙された…」と感じることがないのも安心です。
【公式】カシモWiMAX-月額1,408円~工事不要安いWi-Fiルーター

またカシモWi-Fiは端末代金が実質無料。しかも、レンタルではなく購入した端末の割賦代金が毎月の利用量から割り引かれる形となっています。

そのため、3年間使えば無料でホームルーターが手に入ります!

カシモWi-Fiも、auやUQモバイルのセット割の対象回線です。

\お得なキャンペーン実施中!/カシモWiMAX公式を見る

【結論】WiMAXホームルーターはどんな人におすすめ?

解説

ここまでに見てきた、WiMAXホームルーターの口コミや速度の状況を踏まえて、どんな人におすすめか、おすすめ出来ないかをそれぞれ3つのポイントでまとめました。

自宅のインターネット回線に何を利用するか迷っているという人は、WiMAXホームルーターを検討する際に参考にしてみてください。

WiMAXホームルーターがおすすめな人

おすすめな人の特徴
  • 通信容量を気にせずにインターネットを利用したい人
  • 光回線が導入できない場所に住んでいる人
  • au・UQのスマホを利用している人

WiMAXでは2021年に「3日間で15GB」という短期間での通信量制限も撤廃され、ほぼ完全に「使い放題」となりました。(※プラスエリアモードの利用には制限があります。)

スマホやPC、その他スマート家電といった機器を通信量の心配をせずに利用したい人にとっては、ホームルーターは必須。

住環境の都合で光回線を導入できない家でも、エリア内でコンセントさえあればすぐに使えるのもWiMAXホームルーターならでは。

また、WiMAXのホームルーターは、au・UQのスマホとセットで利用することでスマホ料金が割引になる場合があります。
【限定特典】WiMAX(ワイマックス)キャッシュバックキャンペーン | 【公式】GMOとくとくBB

au・UQのスマホを利用している人は、対象のWiMAXを導入することで通信費全体を安くすることができますよ。

WiMAXホームルーターをおすすめ出来ない人

おすすめ出来ない人の特徴
  • 自宅がWiMAXのエリア外にある人
  • オンラインゲームをストレスなくプレイしたい人

ホームルーターは、自宅でのインターネット回線として使用する人がほとんどかと思います。

そのため、自宅がWiMAXの回線エリア外にある人は利用すべきではありません。

プラスエリアモードでの利用は、追加料金が必要だったり、毎月のデータ容量に制限があったりと、ホームルーターの強みを十分に生かすことができなくなってしまいます。

プラスエリアモードの対象エリア内であっても、スタンダードモードの対象外であればWiMAXホームルーターの利用はおすすめ出来ません。

また、オンラインゲームを本格的にプレイしたい人は、確実に高速通信ができる光回線がおすすめです。

光回線が利用できないけど高速通信がしたいという場合には、WiMAXの最新端末「Speed Wi-Fi HOME 5G L13」を使うことも検討してみてください。

閉じる

▲目次に戻る

WiMAXホームルーターに関するよくある質問

question

最後に、WiMAXホームルーターに関するよくある質問とその回答を紹介します。

プラスエリアモードってなに?

プラスエリアモードはより広範囲で寄り繋がりやすい周波数帯を利用できるようになるモードです。

スタンダードモードでもau 4G LTE回線が利用できるようになりましたが、プラスエリアモードにするとさらにau 4G LTE(プラチナバンド)も利用できるようになります。

場所や時間帯によってつながりにくい時にプラスエリアモードを活用すれば、快適なインターネット環境が確保しやすくなります。

ただし、代理店によってはプラスエリアモードの利用に追加料金(1,100円/月)を設定している場合もあるため、利用の際には注意が必要です。

WiMAXホームルーターの端末はどれが最新?

2023年6月に発売した「Speed Wi-Fi HOME 5G L13」が最も新しい端末です。

ひとつ前の「Speed Wi-Fi HOME 5G L12」は2021年10月に発売したため、およそ2年ぶりの新機種となっています。

最大実効速度が4.2Gbpmになり、プラスエリアモードでの利用上限も、L13の場合15GBから30GBに増量しています。

▲目次に戻る

ReYuuストア

WiMAXホームルーターは端末とエリアを要チェック

UQ WiMAX

今回の記事では、WiMAXのホームルーターの口コミ調査を調査し、総合的におすすめできるWiMAXホームルーターの契約窓口をまとめました。

2021年4月から開始された「WiMAX +5G」では標準で「auの5Gまたは4G LTEの一部」を受信できるようになり、2022年2月以降は、通常エリア(スタンダードモード)で使用するときの「3日間15GBの上限」が撤廃され、利用者の利便性が大きく向上しました。

さらに、2023年6月に登場したばかりの新機種では、通信速度も大幅にアップ!

WiMAXに関して多かった「遅い」という口コミ内容も変わっていくのではないでしょうか。

ただしWiMAXのホームルーターを使用したときに速度が出るかどうかは、「使用場所で電波をうまく受信できるかどうか」に大きく依存します。

WiMAXのホームルーターを契約する前に、「Try WiMAX」で電波状況を事前に検証することをおすすめします。

\お得なキャンペーン実施中!/UQ WiMAX公式を見る

▲目次に戻る

この記事を書いた人
22歳でIT関連企業に就職後、法人営業として13年間仕事してきました。ハードウェア販売、会計・売り上げ管理ソフトウェア導入の経験を活かし、IT関連の記事を執筆しています。ネットを使った調べ物が大好き。