5G対応の格安SIMおすすめ5選|最安はどこ?料金・速度を比較

  • 2024年7月2日
※本記事に掲載している情報について
  • 本記事は細心の注意を払って作成し更新していますが、情報の正確性や安全性を保証するものではありません。
  • 本記事で紹介しているインターネット回線は、すべてベストエフォート型サービスです。
  • 最大通信速度は技術規格上の最大値であり、実際の速度とは利用環境・機器・混雑状況によって異なります。
  • 掲載している実効速度は、当サイトおよび第三者の速度計測による検証結果であり、一定の効果を保証するものではありません。
※インターネット回線の契約について
  • インターネット回線のご契約前に、光回線各社のホームページに記載されている注意事項や利用規約を必ずご確認ください。
  • 契約後の利用に関するご不明な点は、サービス提供元へ直接お問い合わせください。
※広告について
本記事には広告が表示されます。
5G対応の格安SIMを比較

高速通信が可能な5G格安SIMでも提供されています。

今回は5Gに対応しているおすすめの格安SIMを紹介します。

料金や速度を比較するので、5G対応の格安SIMを探している人はぜひ参考にしてください。

5G対応の格安SIMのメリット・デメリット

  • メリット
  • デメリット
    • 高速通信を利用できる
    • 5G通信が安く使える
    • 複数デバイスで同時に通信可能
    • 5G対応端末が必要
    • 通信エリアが限定的
    • バッテリーの消費が大きい
5G対応のおすすめ格安SIM
  1. 楽天モバイル
    契約事務手数料が無料でデータ無制限が月額一定金額
  2. ahamo
    他社と比較して通信速度が速く、5分間の通話が無料
  3. ワイモバイル
    家族割・光回線とのセット割でお得に
  4. LINEMO
    料金プランがシンプルで、LINEがカウントフリー
  5. mineo
    フリータンクで全国のユーザー同士でデータ容量を分け合える

スマホ料金を極限まで安くしたい人におすすめ!

povo
\申込はpovo公式アプリから!/

乗り換え・新規契約の場合はpovoアプリからの申込が必要です。
以下のQRコードをスマホで読み取ると、アプリをダウンロードできます。

povo公式アプリ※au・povo1.0からの変更はこちら
この記事の監修者
加藤文也
加藤文也KatoFumiyaReYuu Japan株式会社取締役
中古スマホEC事業、光回線・格安SIM・WiFiなどのインターネットに関する6つのメディアを運営管理している。
当メディアがおすすめするインターネット回線の比較に関するコンテンツは、総務省消費者庁によって管理され公表されている情報を参考に、第三者による調査結果や利用者の評判・口コミなどの客観的事実をもとに作成しています。詳しくはコンテンツ制作・ランキング作成に関するポリシーを参照してください。
※記事の内容に間違いがあった場合には、ReYuu問い合わせへご連絡ください。
※記事内の金額は全て税込み表記となります。
auのお得な最新人気機種
au Online Shop お得割
順位1位2位3位4位
機種Xperia 1 VI
Xperia 1 VI
Google Pixel 8a
Google Pixel 8a
Galaxy S24
Galaxy S24
Google Pixel 8 Pro
Google Pixel 8 Pro
価格112,800円~47円~57,800円~65,400円~
特徴SONYの最新技術
全てハイスペック
オリジナル機能が
便利!そして安い
2024年4月の新型
AI機能が充実
ハイスペック
でも安い!
購入公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
※記載の内容は2024/7/4時点の情報です。【必読】auオンライン購入から自宅受け取りして初期設定するまでの手順

5G対応のおすすめ格安SIM5選

iPhone 13 Pro Max
5G対応のおすすめ格安SIMは以下5つです。

それぞれの会社について詳しく見ていきましょう。

1位:楽天モバイル

楽天モバイル

楽天モバイルは自社で回線網を有するMNOでありながら、ドコモやau、ソフトバンクと比べて料金が安いことが特徴です。

そのため、今回は特別に楽天モバイルの紹介もしていきます。

キャンペーンが多くて楽天ポイントも貯まりやすいため、楽天経済圏を利用している人に人気のスマホキャリアとなります。

楽天モバイルの特徴
  • 5G対応エリアなら自動で5G通信に切り替え
  • 大手キャリア同等のプラチナバンドに対応
  • データ無制限あり
  • 手数料が0円
  • 端末価格が安い
  • キャンペーン豊富

楽天回線では東京などの大都市を中心に、5G通信に対応しています。

エリアも人口カバー率99%と広く、今後も拡大していく予定があります。

使った分だけ料金が高くなっていく従量課金制プランを導入していますが、最上限では月額3,278円の金額一定でデータ無制限で使うことができます。

格安SIMのなかにはデータの上限が決められている会社も多いため、無制限プランを探している人は楽天モバイルを検討するといいでしょう。

契約事務手数料も無料なので、気軽に乗り換えることができます。

他キャリアと比べてiPhoneの販売価格が安かったり、楽天の独自端末が高コスパだったりと、端末も入手しやすいです。

キャンペーンも多いため、上手く活用すればかなり安く使うことができるでしょう。

楽天モバイルの料金プラン

項目内容
月額基本料3GB未満1,078円
20GB未満2,178円
無制限3,278円
平均速度(下り)124.56Mbps
速度制限時の通信速度最大1Mbps
音声通話料22円/30秒
契約事務手数料無料
違約金無料
セット割なし
無料オプション専用アプリで通話無料
海外利用毎月2GBまで無料
詳細公式サイト

2023年6月1日に「Rakuten最強プラン」がリリースされ、旧プランへの申し込みは出来なくなっています。

とはいえ新料金プランでも3GB未満は1,078円と、他社格安SIMとくらべても遜色ないほどの安さとなっています。

回線速度・エリア・安さ・通話料金・など全てで得をしたい方は、楽天モバイルがおすすめです。

\お得なキャンペーン実施中!/楽天モバイル公式を見る

閉じる

2位:ahamo

ahamo(アハモ)

ahamoはドコモが提供する格安スマホプランなので、格安SIM同様に料金が安く利用できます。

通信速度はもちろんキャリア同等に速いため、5G対応ブランドの中でもコスパが良くておすすめです。

ahamoをおすすめする理由
  • 他社と比較して通信速度が速い
  • 5分間無料通話がある
  • 海外での利用に手続きなし・エリアも広い
  • ahamo大盛り(100GB・4,950円)はコスパがめちゃくちゃ良い
  • ギガを使い切っても最大1Mbpsで通信できる
  • iPhoneの新機種をドコモオンラインショップで購入してahamoに乗り換えるとお得

ahamoの5G通信はオプション料金不要で、5G対応エリアに入ると自然に5G通信に繋がります。

速度制限がかかったときでも最大速度は1Mbpsと比較的速いです。

ahamoの通信速度は、実測値で下り102.86Mbpsと非常に速いのでとても快適に通信できるでしょう。

地味に嬉しい通話無料オプションや海外で快適に利用出来る点も好評で、人気の秘訣となっています。

ahamoの料金プラン

項目ahamoahamo大盛り
月額基本料2,970円4,950円
データ通信容量20GB100GB
平均速度(下り)65.93Mbps
速度制限時の通信速度最大1Mbps
音声通話料22円/30秒
契約事務手数料無料
違約金無料
セット割なし
無料オプション5分間通話無料
海外利用毎月20GBまで無料
詳細公式サイト
\お得なキャンペーン実施中!/ ahamo公式を見る

3位:ワイモバイル

ワイモバイルのロゴ

ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドであり、同じアンテナ基地局・設備を使っているため高品質な通信と通話が可能です。

さらに全国には約850店舗もワイモバイルショップがあり、格安スマホでありながらサポート体制が充実しています。

ワイモバイルの特徴
  • 標準で5G通信に対応
  • 通信・通話の品質が良い
  • 速度制限時の最大速度が速い
  • 家族割や光回線のセット割適用でお得
  • ソフトバンクから乗り換えると大幅に安くなる

ワイモバイルの5G通信はオプション料金不要です。

5G対応端末を持っていれば、5Gエリアに入ると自然に5G通信に繋がります。

5G通信に繋がれば10Gbpsの超高速通信が可能です。

データ通信容量を使い切って速度制限がかかると低速モードに切り替わりますが、低速モードでも最大速度は1Mbpsあります。

家族割や光回線のセット割が充実していて、家族みんなで使うとかなり安いです。

さらにソフトバンクから乗り換えると、月額料金が大幅に安くなったりキャンペーンでお得になったりするので、ソフトバンクユーザーは乗り換えもぜひ検討してください。

ワイモバイルの料金プラン

項目シンプル2 Sシンプル2 Mシンプル2 L
月額基本料2,365円4,015円5,115円
データ通信容量4GB20GB30GB
光セット割もしくは家族割適用時1,078円
2,178円3,278円
通信量1GB以下の割引対象外-1,100円-2,200円
データ増量オプション時+2GB増量
6GB
+5GB増量
25GB
+5GB増量
35GB
平均速度88.58Mbps
制限時の通信速度最大300kbps最大1Mbps最大1Mbps
音声通話22円/30秒
契約事務手数料3,300円
違約金4,000円
無料オプションなし
海外利用3GB980円~
詳細ワイモバイル公式を見る

ワイモバイルの月額基本料は少し高めの設定となっていますが、家族割や光回線のセット割で安くすることが可能です。

  • 家族割:毎月1,188円割引
  • 親子割:毎月1,100円割引(1年間)
  • おうち割 光セット:毎月1,188円割引
  • おうち割 でんきセット:毎月110円割引

一人あたり毎月1,188円割引のため、4人家族なら毎月4,752円の割引となり年間57,024円もお得になります。

光回線は「SoftBank Air」もしくは「SoftBank 光」なら割引が受けられるので、ワイモバイルを使うときは光回線もソフトバンクを検討するといいでしょう。

\お得なキャンペーン実施中!/ワイモバイル公式を見る

4位:LINEMO

LINEMOのロゴ

LINEMOはソフトバンクの格安プランで、2021年3月17日からサービスを始めています。

新周波数のSoftBank 5G(28GHz、3.7GHz)を限定エリアで提供、さらにSoftBank 5G(1.7GHz、3.4GHz)は東京・名古屋・大阪・東北・北陸の一部エリアから順次提供開始予定です。

LINEMOの特徴
  • ソフトバンク品質で通信速度が速い
  • 料金プランがシンプルで安い
  • LINE使い放題
  • 5分かけ放題オプションが1年無料
  • 最短で申し込み当日から使える

LINEMOはソフトバンクの4G・5G回線を利用しているため通信や通話の品質が良いです。

5G対応エリアの拡大も早いことから、できる限り5G通信を使いたい人はLINEMOを検討するといいでしょう。

料金プランはミニプランとスマホプランの2種類のみで、データ容量に応じて選ぶことができます。

LINEMOなら「LINEギガフリー」が適用されるため、LINEトークやLINE通話でデータを消費しません。

写真や動画の投稿、ビデオ通話などもデータフリーで使えるので、LINEをメインの連絡手段にしている人にはぴったりでしょう。

また、月額550円の「5分かけ放題オプション」が1年間無料となってお得です。

eSIMに対応しているため申し込みの当日から利用することもできます。

LINEMOの料金プラン

項目スマホプランミニプラン
月額基本料2,728円990円
データ通信容量20GB3GB
平均速度(下り)64.48Mbps
速度制限時の通信速度最大1Mbps最大300kbps
音声通話料30秒22円
契約事務手数料無料
違約金無料
セット割なし
無料オプションなし
海外利用980円~
詳細公式サイト

7月下旬以降、新プラン提供開始!

今の料金と変わらず更に使いやすくグレードアップしているので、今のうちに契約しても損はなし!

LINEMOの新プランベストプラン、ベストプランV

  • 6月14日(金)から新プラン受付開始
  • ベストプラン:〜3GBが990円/月、〜10GBが2,090円/月の従量課金制
  • ベストプランV:〜20GBが2,970円/月、〜30GBが3,960円/月の従量課金制
  • ベストプランVは5分以内の国内通話無料もついてくる
  • ミニプラン、スマホプランの人は変更しない限り新プランには変更されない
  • 新プラン発表記念キャンペーンを実施(2024年9月末まで10GBが990円で使える!)
  • ミニプランの人が記念キャンペーン適用すると自動的に新プランへ以降される

詳しくはLINEMO公式サイトでチェック!

LINEMOの料金プランは、3GBの「ミニプラン」と20GBの「スマホプラン」のみです。

データ量の違いに加えて、データ量超過後の制限速度が異なります。

スマホプランなら制限後でも最大1Mbpsあるため、比較的速い通信が可能です。

キャンペーンもスマホプランが優遇されているので、LINEMOを使うなら「スマホプラン」がおすすめになります。

\お得なキャンペーン実施中!/LINEMO公式を見る

5位:mineo

mineoのロゴ

mineoは顧客満足度が非常に高く、ユーザーに高く評価されている格安SIMです。

5G通信対応の端末を持っていれば、追加料金不要で5Gの高速通信が体験できます。

mineoの特徴
  • 5G通信の追加料金が不要
  • パケット放題Plusでデータ量を無制限にできる
  • フリータンクでデータ容量を分け合える
  • お試しプランがある
  • 料金プランは2種類

5G通信オプションは、申し込みは必要ですが料金はかかりません。

mineoなら最大1.5Mbpsのデータ通信が使い放題になる「パケット放題 Plus」があり、普段の通信量を抑えることも可能です。

さらに全国のmineoユーザー同士でデータ容量をシェアできる「フリータンク」サービスもあるため、データ容量で困ることは基本的にないでしょう。

気軽に体験できる「お試し200MBコース」が用意されていて、データ通信のみなら330円、音声通話込みのSIMでも1,100円でmineoの通信を試すことができます。

5G通信のお試しも追加料金不要でできるため、mineoの5G通信が気になる人は、まずはお試しコースから使ってみるといいでしょう。

mineoの料金プランは2種類あり、容量や速度で選ぶことが可能です。

mineoの料金プラン(マイピタ)

基本データ容量音声通話+データ通信
(デュアルタイプ)
データ通信のみ
(シングルタイプ)
1GB1,298円880円
5GB1,518円1,265円
10GB1,958円1,705円
20GB2,178円1,925円

mineoの料金プラン(マイそく)

マイそく速度制限音声通話+データ通信
(デュアルタイプ)
データ通信のみ
(シングルタイプ)
プレミアム最大3Mbps2,200円
スタンダード最大1.5Mbps990円
ライト最大300Kbps660円
スーパーライト最大32Kbps250円-
注意事項・月曜~金曜の12時台は最大32kbpsになります。
・混雑回避のための速度制限および通信最適化の適用が必須となります。
・3日間で10GB以上利用時も速度制限があります。

「マイピタ」では、音声通話SIMかデータ専用SIMを選んだうえで、さらにデータ容量を4段階から選択します。

10GB以上のプランであれば月額385円の「パケット放題 Plus」が無料になるため、お得に利用できるでしょう。

「マイそく」はデータ容量を気にせず使い放題できるプランで、通信速度によって2つのコースから選ぶことができます。

最大1.5Mbpsはほとんどのスマホで利用できる速度です。

\お得なキャンペーン実施中!/mineo公式を見る

5G対応のおすすめ格安SIMの料金・速度を比較

提供エリア

ここからは5G対応のおすすめ格安SIMを比較していきます。

料金を比較

格安SIM小容量のプラン大容量のプラン
楽天モバイル
楽天モバイル
3GB:1,078円無制限:3,278円
ahamo
ahamo
-20GB:2,970円
100GB:4,950円
ワイモバイル
ワイモバイル
3GB:2,178円25GB:4,158円
LINEMO
LINEMO
3GB:990円20GB:2,728円
mineo
mineo
1GB:1,298円20GB:2,178円
無制限:990円~

小容量のプランでおすすめは楽天モバイルとLINEMOです。

ただし、ワイモバイルも、家族割や光回線のセット割を利用することで990円になります。

データ増量キャンペーンが行なわれていることもあるため、割引やキャンペーンが使える人はチェックしてください。

大容量のプランの場合、無制限プランを探している人ならmineoのマイそくプランがおすすめです。

通信速度によって料金が異なりますが、最大1.5Mbpsのスタンダードプランなら990円で使うことができます。

最大3Mbpsのプレミアムプランでも2,200円のため、データ量無制限で使えることを考えるとかなり安いでしょう。

速度を比較

格安SIMダウンロード速度
(平均)
アップロード速度
(平均)
楽天モバイル
楽天モバイル
66.9Mbps29.87Mbps
ahamo
ahamo
89.32Mbps11.03Mbps
ワイモバイル
ワイモバイル
72.25Mbps14.61Mbps
LINEMO
LINEMO
84.55Mbps19.23Mbps
mineo
mineo
40.83Mbps10.57Mbps

今回は通信速度測定サイト「みんなのネット回線速度」の平均速度を参考に比較しています。

スマホを快適に利用するための通信速度の目安は以下の通りです。

  • LINEやメール:1Mbps
  • サイト閲覧:1~10Mbps
  • 動画・SNSの投稿:3~10Mbps
  • 動画閲覧:5~25Mbps
  • オンラインゲーム:5Mbps~

本記事の格安SIM5社はすべて5Mbps以上の速さが出ているため、動画やオンラインゲームをしても問題ないでしょう。

5社の中で比較的速いのはLINEMOです。

5G対応の格安SIMのメリット・デメリット

iPhone 13

ここでは5G対応の格安SIMのメリット・デメリットを紹介します。

5G対応の格安SIMのメリット
  • 高速通信を利用できる
  • 5G通信が安く使える
  • 複数デバイスで同時に通信可能

5G通信の最大のメリットは超高速通信が使えることです。

大容量のデータでも少ない時間でダウンロードできるため、快適にインターネットをしたい人におすすめします。

4Gから5G通信に変わっても追加料金が発生しないことが多いため、格安SIMなら安く使うことが可能です。

スマホだけでなくタブレットやパソコン、ゲーム機などのデバイスを同時に使う場合や、家電や自動車といった身の回りの電子機器にも接続したい場合でも、ストレスなく通信できるでしょう。

5G対応の格安SIMのデメリット
  • 5G対応端末が必要
  • 通信エリアが限定的
  • バッテリーの消費が大きい

5G通信をするためには5G対応端末が必要になります。

5G通信に対応している格安SIMと契約して対応エリアの中に入ったとしても、端末自体が5Gに対応していないと4G通信しかできません。

iPhoneでは2020年発売のiPhone12シリーズ以降であれば5Gに対応しています。

また、現在の5G通信エリアは基本的に大都市が中心です。

今後、地方にも順次拡大していく予定ですが、契約してすぐに5Gが使えるとは限らないため注意しましょう。

5Gを使った通信は4Gよりも多くのバッテリーを消費するため、バッテリーの減りに注意しなければなりません。

▲目次に戻る

格安SIMなら5G通信もお得に使える!

申し込み方法

今回は5G対応のおすすめ格安SIMを紹介しました。

5G通信なら超高速通信が可能となり、複数デバイスで動画やゲームをしても快適に使うことができます。

格安SIMなら料金が安く、5G通信のオプション料金も不要な場合が多いため、お得に高速通信が体験できるでしょう。

5G通信が気になっている人は、ぜひ今回の記事を参考にして格安SIMを検討してください。

ahamo(アハモ)に関する公式からの注意事項

  • ※ahamoでは、一部ご利用できないサービスがあります。
  • サポートについて
    ※ahamoはお申込みからサポートまで、オンラインにて受付するプランです。
    ドコモショップなどでのサポートをご希望の場合は、「ahamoWebお申込みサポート(※2)」(税込3,300円) をご利⽤ください。
    なお、お申込み時の端末操作はお客さまご⾃⾝で実施頂きます。また、端末初期設定およびデータ移⾏などは本サポートの範囲外となります。
    端末初期設定およびデータ移⾏の補助をご希望のお客さまは「初期設定サポート(有料)(※3)」を別途お申込みください。
    ※2お客さまのご要望に基づき、ahamo専⽤サイトからのお申込みの補助を⾏うものです。
    ※3お客さまのご要望に基づき、ahamoアプリおよび専⽤サイトからのお⼿続き補助を⾏うものです。
  • オンライン⼿続きについて
    ※サイトメンテナンス中など、受付できない場合がございます。
  • ⽉額料⾦について
    ※機種代⾦別途
  • 国内通話料⾦について
    ※5分超過後は、22円/30秒の通話料がかかります。
    「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦がかかります。
  • 海外パケット通信について
    ※15⽇を超えて海外で利⽤される場合は速度制限がかかります。
    国内利⽤と合わせての容量上限です。
  • 端末のご契約について
    ※ご利⽤端末がドコモで提供している通信⽅式とは異なる通信⽅式のみに対応している機種の場合、
    またSIMロック解除がなされていない場合についてはahamoをご利⽤いただくことはできません。
    ご利⽤中の機種が対応しているかはahamoサイトにてご確認ください。
  • SIMカードのご契約について
    ※MNP予約番号を取得のうえ、ahamoサイトからMNPによる新規お申込み⼿続きが必要です。

▲目次に戻る

この記事を書いた人
ひかりチョイス編集部は、光回線・格安SIM・Wi-Fi・ホームルーターを比較しておすすめをご紹介しています。口コミや評判も含めて商品をレビューしていくので、きっとあなたにピッタリなネット環境が見つかります。