auひかりのプロバイダ比較おすすめランキング8社|速度や料金を解説

auひかりのプロバイダを比較してどれを選ぶべきかランキングにしました。auひかりで利用できるプロバイダ全8社の回線速度やキャンペーンの違いを解説し、それぞれのメリット・デメリットをご紹介していきます。自分にあったauひかりのプロバイダを探してみてください。

  • 2024年2月16日
  • 本記事には広告が表示されます
auひかりのプロバイダを比較|おすすめ8社の速度や料金を解説
携帯キャリアとセットで
最安になる光回線はこちら!

auひかりは、KDDIが提供している光回線サービスです。

auひかりについて調べると「プロバイダ契約不要」という言葉をよく目にしますが、それはauひかりがプロバイダ一体型のサービスだからです。

しかし一般的に光回線とプロバイダ一体型のサービスは「光コラボ」と呼ばれますが、auひかりは光コラボではありません。

本記事ではauひかりと光コラボの違いを解説したのち、auひかりのプロバイダ8社を比較して紹介していきます。

auひかりを検討中の人は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

auひかりプロバイダ比較表

プロバイダ実質月額料金
(戸建て)
実質月額料金
(マンション)
平均実効速度
(ダウンロード)
GMOとくとくBB
GMOとくとくBB
3,066円~1,902円~625.3Mbps
So-net
So-net (ソネット)
3,666円~2,097円~525.57Mbps
BIGLOBE
BIGLOBE
3,943円~2,513円~575.53Mbps
@T COM
@T COM(アットティーコム)
4,343円~2,953円~504.75Mbps
DTI
DTI
4,554円~3,124円~730.59Mbps
@nifty
@nifty(ニフティ)
4,777円~3,347円~525.91Mbps
au one net
au one net
5,021円~3,670円~489.77Mbps
ASAHIネット
ASAHIネット
5,402円~3,972円~483.37Mbps
下矢印全て表示

auひかりは公式・プロバイダ・代理店それぞれでキャンペーンをしています。

プロバイダサイトと代理店サイトでは、公式のキャンペーンにプラスしてキャンペーンを実施しています。

auひかりの申込サイトを選ぶ方法

本サイトではauひかりを申し込むなら、プロバイダGMOとくとくBBのサイトからをおすすめしています。

GMOとくとくBB以外のプロバイダの場合は、代理店から申し込みで高額キャッシュバックが受けられるのでおすすめです。

本サイト・期間限定キャッシュバック増額中!
GMOとくとくBBが窓口である【ドコモ光】【auひかり】【WiMAX】が対象。

GMOとくとくBB期間限定キャンペーンこの機会をお見逃し無く!
auひかりのプロバイダおすすめ比較ランキング
\最大82,000円CB実施中!/auひかり(GMOとくとくBB)を見る

auひかりはプロバイダの契約が不要と言われる理由

auひかり

auひかりはプロバイダの契約が不要と言われる理由
  • auひかりがプロバイダ一体型のサービスだから
  • プロバイダ事業者と個別に契約する必要がない

auひかりはプロバイダを個別で契約する必要はありません。

理由は、auひかりがプロバイダ一体型のサービスであるためです。

通常インターネットを利用するには回線契約とプロバイダ契約の両方が必要で、それぞれに料金を支払う仕組みとなっています。

フレッツ光などがこれにあたります。

一方auひかりの場合は、下表の月額料金に光回線利用料とプロバイダ利用料が含まれています。

auひかりの回線契約と同時にプロバイダも契約することになるため、プロバイダ事業者と個別に契約する必要がありません。

これが「auひかりではプロバイダ契約が不要」と言われる理由です。

auひかりの基本情報

項目戸建てマンション
月額料金1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目以降:5,390円
4,180円~
最大通信速度1Gbps/5Gbps/10Gbps
平均実効速度下り:517.69Mbps
上り:523.39Mbps
契約期間2年自動更新
3年自動更新
工事費用41,250円33,000円
解約金10,450円~16,500円
\最大63,000円CB実施中!/auひかり(代理店)を見る

auひかりのプロバイダの選び方

auひかりのプロバイダ一覧

auひかりを契約するとプロバイダを8つの中から選択することができます。

どのプロバイダを選んでも月額料金は同じなので、どのプロバイダにしても違いがないのでは?と思うのは大間違い。

プロバイダごとに異なったキャンペーンを開催しているので、ぜひお得なプロバイダを選びましょう。

選び方①月額料金はキャンペーンで差が出る

キャンペーンで選ぶときのポイント
  • どのプロバイダを選んでも月額料金・セット割の割引額は同じ
  • 申込窓口によってキャンペーン内容が異なる
  • キャッシュバック以外のキャンペーンにも注目!

auひかりを契約すると、どのプロバイダを選んでも月額料金やスマホセット割の割引額は一緒です。

なので、その点を考慮する必要はありません。

それよりも注目すべきなのはプロバイダごとのキャンペーン、特にキャッシュバックです。

申込窓口によって適用されるキャンペーンが異なるため注意しましょう。

GMOとくとくBBであればプロバイダサイト、それ以外のプロバイダに申し込みたい場合は代理店NEXTから申し込むのがお得です。

また、キャンペーンはキャッシュバックだけではありません。

光回線が開通するまで無料でモバイルルーターを貸し出してくれたり、WiFiルーターを無料でプレゼントしてくれたりといったものもあります。

自分でモバイルルーターをレンタルしたり、WiFiルーターを用意するとなるとそれだけで数千円かかってしまいます。

しかし、こういったキャンペーンを利用すればその分の費用を抑えることができます。

ぜひうまく利用してお得にauひかりを契約しましょう!

キャンペーンがお得なプロバイダ3選

  1. GMOとくとくBB
  2. So-net
  3. BIGLOBE

選び方②通信速度は気にしなくて大丈夫

通信速度で選ぶときのポイント
  • 最も速いのはDTIで平均実効速度は700Mbps以上
  • 最も遅いプロバイダでも470Mbps以上
  • 速度よりもキャンペーンで選ぶ方がおすすめ

auひかりを利用する場合、プロバイダによって通信速度によって違いが出るかどうかは気になる点でしょう。

みんそくで通信速度を調べてみました。

プロバイダ名平均ダウンロード速度
DTI730.59Mbps
GMOとくとくBB635.3Mbps
BIGLOBE575.53Mbps
So-net525.57Mbps
@T COM504.75Mbps
@nifty489.77Mbps
ASAHIネット483.37Mbps
au one net475.68Mbps

データ引用元:みんそく

8つのプロバイダの通信速度を見てみると、最も平均実効速度が速かったのはDTIで、700Mbpsの速度が出ていました。

最も遅いau one netでも470Mbps以上の速度が出ています。

日常使いなら十分な速度なので、より速いプロバイダを選ぶというよりはキャンペーンが充実しているプロバイダを選ぶ方がおすすめです。

実効速度が速いプロバイダ3選

  1. DTI
  2. GMOとくとくBB
  3. BIGLOBE

選び方③サポート体制には差がある

サポート体制で選ぶときのポイント
  • サポートやオプションにはプロバイダで異なる
  • 機械が苦手な人は出張サポートがおすすめ

通信速度には大きな差はありませんでしたが、サポート体制やオプションにはプロバイダによって違いがあります。

例えば、BIGLOBEならブロードバンド接続出張サポートがあり、最大2カ月無料でインターネットの接続・セキュリティ設定・プリンタ設定などをしてもらえます。

機械が苦手な人には重要なポイントですね。

So-netなら設定サポートの他に、「S-SAFE マルチプラットホームセキュリティ」が最大24カ月無料で使えます。

せっかくならサポートの手厚いプロバイダを選択するのもおすすめです。

サポート体制が充実しているプロバイダ3選

  1. BIGLOBE
  2. So-net
  3. au one net

選び方④対応エリアを必ず確認

対応エリアで選ぶときのポイント
  • auひかりは全国展開していない
  • マンションによって加入できるプランが異なることに注意

auひかりはそもそも全国展開していないため、お住まいの地域によっては対象エリア外の場合もあります。

また、対象エリア内だとしても、マンションにお住まいの場合は注意が必要です。

auひかりのマンションタイプは自分でプランを選ぶことができず、建物ごとに決まっており、もちろんプロバイダも自分で選ぶことはできません。

以下にauひかりが対応エリア外だった場合に、代わりにおすすめできる光回線をまとめたので、参考にしてください。

auひかりが対応エリア外のときにおすすめの光回線3選

  1. NURO光
  2. GMOとくとくBB光
  3. ドコモ光

auひかりのプロバイダおすすめ比較ランキング

auひかりのプロバイダおすすめランキング

ここではauひかりの公式プロバイダ8社をおすすめ順にランキング形式でご紹介。

各プロバイダの詳しい解説は後述していますので、気になったプロバイダはそちらで詳細を確認してみてください。

下記ランキングの平均実効速度引用元:みんなのネット回線速度

プロバイダ順位キャッシュバック平均実効速度
(ダウンロード)
GMOとくとくBB
GMOとくとくBB
1位最大82,000円625.3Mbps
So-net
So-net (ソネット)
2位最大81,000円525.57Mbps
BIGLOBE
BIGLOBE
3位最大81,000円575.53Mbps
@T COM
@T COM(アットティーコム)
4位最大61,000円504.75Mbps
DTI
DTI
5位最大61,000円730.59Mbps
@nifty
@nifty(ニフティ)
6位最大61,000円525.91Mbps
au one net
au one net
7位最大61,000円489.77Mbps
ASAHIネット
ASAHIネット
8位最大61,000円483.37Mbps
最もキャッシュバック金額が高く、通信速度も速いGMOとくとくBBが最もおすすめです。

次いでキャッシュバック金額が多いSo-netとBIGLOBEが2位と3位にランクインしています。

なお、平均実効速度ではDTIが700Mbps以上と非常に優秀でした。

もともとauひかりは通信速度に定評のある光回線ですが、さらに速度にこだわりたい方にはDTIがおすすめです。

次章では、各プロバイダの詳細について見ていきましょう。

\最大63,000円CB実施中!/auひかり(代理店)を見る

auひかりのおすすめプロバイダ詳細

auひかりのおすすめプロバイダ詳細

ここからは、上述した8社のプロバイダの詳細について見ていきます。

プロバイダで見るべき点は、割引やキャッシュバックの内容です。

月額料金や違約金、工事費等はauひかり側の話ですので、全プロバイダで一律。

逆に、割引やキャッシュバック、平均実効速度などはプロバイダが関係する項目になります。

ただし、auひかりは平均実効速度が非常に優秀であり、各プロバイダでそこまで差はありません。

よって、見るべきは割引やキャッシュバック、そしてこれらを反映した実質料金です。

ランキングで気になったプロバイダは、上記項目に注意しながらしっかり詳細を確認してみてください。

1位:GMOとくとくBB

auひかり(プロバイダGMOとくとくBB)

GMOとくとくBBのメリット・デメリット

GMOとくとくBBのメリット
  • 最大82,000円キャッシュバック
  • ネットのみでも最大72,000円キャッシュバック
  • 10ギガプランの申し込みで最大92,000円キャッシュバック
  • 電話基本料550円が最大35ヶ月無料
  • 他社からの乗換で最大30,000円分の還元
  • 工事費実質無料
  • 高性能Wi-Fiルーター無料プレゼント
  • au・UQモバイルのスマホとセット割
GMOとくとくBBのデメリット
  • キャッシュバック受け取りのスケジュール管理が面倒

GMOとくとくBBの解説

GMOとくとくBBは、GMOインターネットグループ株式会社が運営していて、プロバイダーとして20年以上の運営実績があります。

2019年と2020年の「オリコン顧客満足度調査プロバイダ」の広域企業部門では第1位に輝くなど、多くの方に認められているプロバイダです。

なおGMOとくとくBBをプロバイダとするauひかり回線は、代理店からは申し込むことができません。

申込窓口はGMOとくとくBBのサイトとなる点にご注意ください。

GMOとくとくBBのauひかり申込窓口はこちらです。

GMOとくとくBBのキャッシュバック・キャンペーン

GMOとくとくBBの最大の魅力は、最大82,000円ものキャッシュバックです。

10ギガに申し込みの場合は最大92,000円のキャッシュバックとなります。

また、IPv6に対応した高性能Wi-Fiルーターも無料でプレゼントというおまけ付き。

本来、Wi-Fiルーターは自分で用意する必要があるものですが、GMOとくとくBBならその手間がかかりません。

GMOとくとくBBのキャッシュバック特典は、回線開通月を含む11ヶ月目と23ヶ月目の2回に別けて受け取る必要があります。

この時期になるとキャッシュバックの案内メールが届くので、そのメールから手続きをします。

ただし手続きには有効期限があり、時期を逃すとキャッシュバックを受け取れません。

つまり、キャッシュバックをしっかり受け取るためには、23ヶ月目までのスケジュール管理が必須ということです。

それが面倒な方には、GMOとくとくBBはあまりおすすめできません。

GMOとくとくBBの口コミ

\最大82,000円CB実施中!/auひかり(GMOとくとくBB)を見る
閉じる

2位:So-net

auひかり(so-net)

So-netのメリット・デメリット

So-netのメリット
  • 最大81,000円キャッシュバック(オプション加入あり)
  • ネットのみ契約でも58,000円キャッシュバック
  • 他社から乗り換え時の解約違約金相当額を最大30,000円還元
  • 他社から乗り換えならプラス20,000円キャッシュバック上乗せ
So-netのデメリット
  • 回線の速度にこだわる人

So-netの解説

So-netは、ソニーネットワークコミュニケーションズが運営するプロバイダです。

1995年に設立された老舗のプロバイダで、高品質なサービスを提供していることで知られています。

平均実効速度も500Mbps以上と優秀。

多くの面で優れたプロバイダです。

ほぼデメリットはありませんが、あえてSo-netのデメリットを上げるなら回線速度です。

平均実効速度500Mbpsは非常に優秀ですが、トップではありません。

速度ではDTIやGMOとくとくBBの方が優秀ですので、回線速度にこだわり抜く方はそちらの方が良いでしょう。

So-netのキャッシュバック・キャンペーン

プロバイダSo-netでは、auひかり正規代理店からの申し込みで最大81,000円のキャッシュバックがもらえます。

最大81,000円のキャッシュバックは、電話やオプションも同時に申し込んだ場合の金額ですが、ネットのみでもキャッシュバック額は58,000円と非常に良心的。

さらに、解約違約金相当額の補償に加えて、最大20,000円のキャッシュバックも上乗せされ、とにかくお得なプロバイダです。

So-netの口コミ

\最大63,000円CB実施中!/auひかり(代理店)を見る

3位:BIGLOBE

BIGLOBEのメリット・デメリット

BIGLOBEのメリット
  • 最大81,000円キャッシュバック
  • ネットのみ契約でも58,000円キャッシュバック
  • 他社から乗り換え時の解約違約金相当額を最大30,000円還元
  • 他社から乗り換えならプラス20,000円キャッシュバック上乗せ
BIGLOBEのデメリット
  • auやUQモバイル以外のスマホを使っている人

BIGLOBEの解説

BIGLOBEは、KDDIの子会社であるビッグローブ株式会社が運営するプロバイダです。

格安スマホ「BIGLOBEモバイル」や光回線「ビッグローブ光」を提供していることでも知られています。

BIGLOBEのキャッシュバック・キャンペーン

auひかりのプロバイダBIGLOBEでは、so-net同様に正規代理店からの申し込みで最大81,000円のキャッシュバックを受け取れます。

しかし最大81,000円キャッシュバックは、ネットと電話・オプションの同時契約での特典となるので注意が必要です。

とはいえネットのみの申し込みでも58,000円がキャッシュバックされるので、非常にお得ですよ。

他社からの乗り換えで違約金の支払いがある方は、公式サイトの特典である最大30,000円まで還元してくれます。

すべてのプロバイダに言えることですが、auひかりのセット割はauやUQモバイルのスマホあってこそのもの。

それ以外のスマホを使っている方は、当然ながらセット割を利用することができません。

もちろんドコモやソフトバンクにもセット割があるため、これらのスマホを使っている方は、セット割が使える光回線を選んだ方が良いでしょう。

BIGLOBEの口コミ

\最大63,000円CB実施中!/auひかり(代理店)を見る

4位:@T COM

auひかりのプロバイダ|@T COM(アットティーコム)

@T COMのメリット・デメリット

@T COMのメリット
  • 代理店独自のキャッシュバックが最大61,000円
  • ネットのみの申し込みでも戸建て33,000円、マンション38,000円キャッシュバック
  • 他社からの乗り換え時、解約違約金相当額を最大50,000円還元
@T COMのデメリット
  • 通信速度にこだわりたい方

@T COMの解説

@TCOMは、株式会社TOKAIコミュニケーションズが運営するプロバイダです。

TOKAIコミュニケーションズは2015年から「@T COMヒカリ」を提供するなど、通信事業で優れた実績を残しています。

ただし、auひかりは通信速度に優れた光回線ですが、@T COMの平均実効速度は約400Mbpsです。

もちろん十分速いのですが、他のプロバイダに比べると遅い部類に入ってしまいます。

通信速度にこだわりたい方にはあまり向いていないといえるでしょう。

@T COMのキャッシュバック・キャンペーン

プロバイダに@T COMを選択すると、最大61,000円のキャッシュバックが受けられます。

他にも、KDDI公式割引サービスの「初期費用相当額の割引」や「他社乗り換え時の解約違約金相当額還元」も適用可能です。

@T COMの口コミ

\最大63,000円CB実施中!/auひかり(代理店)を見る

5位:DTI

DTIのメリット・デメリット

DTIのメリット
  • 代理店独自のキャッシュバックが最大61,000円
  • 通信速度が速い
  • 他社からの乗り換え時、解約違約金相当額を最大35,000円還元
DTIのデメリット
  • 通信速度にそれほどこだわりが無い方

DTIの解説

DTIは、株式会社ドリーム・トレイン・インターネットが運営するプロバイダです。

プロバイダの事業開始は1996年と古く、長年の運用実績に定評があります。

DTIの最大の魅力は平均実効速度の速さです。

DTIの平均実効速度は約600Mbps。auひかりのプロバイダのなかでNo.1です。

通信速度にこだわりたい方におすすめできるプロバイダといえるでしょう。

DTIのキャッシュバック・キャンペーン

DTIでは61,000円キャッシュバックを受け取ることができます。

ネットのみの申し込みでも戸建て33,000円、マンション38,000円キャッシュバックを受け取れますよ。

もちろんau公式で実施している、違約金相当額の還元も利用可能です。

DTIは平均実効速度に優れている一方、キャッシュバック額や割引額については平均的なレベルです。

正直なところ、DTIよりも実質月額料金が優秀なプロバイダはいくつもあるため、通信速度に強いこだわりがない方にはあまり向いていません。

DTIの口コミ

\最大63,000円CB実施中!/auひかり(代理店)を見る

6位:@nifty

nifty

@niftyのメリット・デメリット

@niftyのメリット
  • 代理店独自のキャッシュバックが最大61,000円
  • 他社サービスの解約違約金相当額を最大50,000円還元
  • 引っ越し先でも@nifty auひかりを利用する場合、契約解除料無料・回線撤去費用免除などの特典が受けられる
@niftyのデメリット
  • 引っ越しの可能性が当分無い方

@niftyの解説

@niftyは、ニフティ株式会社が運営するプロバイダです。

光回線サービス「@nifty光」や格安スマホNifMoなどを提供していることでも知られています。

また、@niftyは引っ越しが多い方にもおすすめのプロバイダです。

引っ越し時にかかる契約解除料や回線撤去費用などの免除を受けることができます。

@niftyのキャッシュバック・キャンペーン

@nifty auひかりを申し込みすると、最大61,000円キャッシュバックを受け取れます。

@niftyの最大の魅力は、引っ越し時の費用が安く済むことです。

逆にそれ以外の点については、他のプロバイダの方が優れています。

数年以内に引っ越しをする可能性が低い方には、@niftyはあまり向いていないといえるでしょう。

@niftyの口コミ

\最大63,000円CB実施中!/auひかり(代理店)を見る

7位:au one net

au one net

au one netのメリット・デメリット

au one netのメリット
  • 代理店独自のキャッシュバックが最大61,000円
  • au PAYゴールドカード支払いなら11%のポイント還元
  • 他社から乗り換え時の解約違約金相当額を最大50,000円還元
au one netのデメリット
  • 高額キャッシュバック狙いの人

au one netの解説

au one netは、auが提供するプロバイダです。

au one netを利用すると通信料に応じてPontaポイントがたまり、auの通信料やショッピングの支払いなどに充当できます。

KDDI直営のプロバイダなので、引っ越しや問い合わせのときにたらい回しに遭わない点もメリットといえるでしょう。

au one netのキャッシュバック・キャンペーン

au PAYゴールドカードでauひかり料金を支払うとき、プロバイダがau one netであれば、11%のポイント還元を受けられます。

他のプロバイダでは通常の1%還元なので、かなりお得ですね。

最大61,000円のキャッシュバックや他社からの乗り換え時の違約金還元も受けられますよ。

au one netのキャッシュバックは最大61,000円ですが、さらに高額なキャッシュバックを設定しているプロバイダも多いです。

高額なキャッシュバックを狙うなら、au one netではなく、GMOとくとくBB、So-netやBIGLOBEがおすすめです。

au one netの口コミ

\最大63,000円CB実施中!/auひかり(代理店)を見る

8位:ASAHIネット

ASAHIネット

ASAHIネットのメリット・デメリット

ASAHIネットのメリット
  • 安定した通信回線
  • 代理店独自のキャッシュバックが最大61,000円
  • 他社からの乗り換え時の解約違約金相当額を最大35,000円還元
ASAHIネットのデメリット
  • 通信速度にこだわりたい人

ASAHIネットの解説

ASAHIネットは、株式会社朝日ネットが運営するプロバイダです。

ASAHIネットは他のプロバイダに比べて名前はあまり知られていませんが、プロバイダの開設は1994年と古く、老舗プロバイダの一つであり優れた技術も提供しています。

ただ、ASAHIネットの平均実効速度は、他のプロバイダほど高速ではありません。

通信速度を重視したいという方に、ASAHIネットは向いていないでしょう。

ASAHIネットのキャッシュバック・キャンペーン

キャッシュバックは最大61,000円、他社からの乗り換える際も違約金を還元してくれます。

ASAHIネットの口コミ

\最大63,000円CB実施中!/auひかり(代理店)を見る

▲目次に戻る

auひかりのプロバイダについてよくある質問

question

auひかりのプロバイダについて検討している人や、現在利用している人でよくある質問をまとめました。

基本的な疑問なので、是非チェックしておきましょう。

auひかりのプロバイダって何?

auひかりのプロバイダーとは、回線をインターネットに繋げる役割を担う接続事業者のことです。

光回線は回線事業者と接続事業者(プロバイダ)の2つ契約することでインターネットが利用できます。

auひかりの場合はどちらもセットで契約できるのが特徴です。

プロバイダ
プロバイダの解説

auひかりのプロバイダ変更方法は?

auひかりのプロバイダは変更することができません。

auひかりは回線とプロバイダをセットで契約しているため、どうしても変更したい場合は、一度解約をする必要があります。

▲目次に戻る

auひかりのプロバイダ比較まとめ

auひかり

今回は、auひかりのプロバイダ全8社を比較してきました。

auひかりのプロバイダまとめ
  • auひかりは回線とプロバイダが一体型になった光回線
  • プロバイダは8社から選べる
  • 月額料金は同じ
  • キャンペーン・通信速度はプロバイダによって異なる

auひかりの月額料金にはプロバイダ料も含まれているため、別途契約する必要はありません。

auひかりで利用できるプロバイダは8社あり、好きなプロバイダを選んで契約できます。

月額料金は、どのプロバイダを選んでも同じです。

ただし、プロバイダによって、キャッシュバックの金額やキャンペーン・通信速度などに違いがありました。

少しでもお得にauひかりを契約したい人は、各プロバイダのキャンペーン情報をチェックして、よりお得に申し込みできるプロバイダを選びましょう。

特に、代理店を経由して申し込むことでキャンペーンをより多く受けられる可能性があるため忘れずにチェックしましょう。

auひかりなら、どのプロバイダを選んでも高速通信が可能です。

中でも通信速度が速かったのはDTIとGMOとくとくBBでした。

オプションサービスの内容もプロバイダによって異なるので、自身にマッチしたサービスがあるか事前に確認しておくことをおすすめします。

auひかりのプロバイダ選びに迷った際は、ぜひ記事を参考にしてみてくださいね。

\最大63,000円CB実施中!/auひかり(代理店)を見る

▲目次に戻る

携帯キャリアとセットで
最安になる光回線はこちら!
この記事を書いた人
在宅ナレーターをしながら、格安SIM好きが高じて格安SIMに関するライターもしています。キャンペーンや新プランが目白押しで目が離せないですね。 iPhoneとAndroidの2台持ち。