iPhone15とiPhone14の違いを比較してどっちを買うべき?Proも解説

  • 2024年6月4日
※本記事に掲載している情報について
  • 本記事は細心の注意を払って作成し更新していますが、情報の正確性や安全性を保証するものではありません。
  • 本記事で紹介しているインターネット回線は、すべてベストエフォート型サービスです。
  • 最大通信速度は技術規格上の最大値であり、実際の速度とは利用環境・機器・混雑状況によって異なります。
  • 掲載している実効速度は、当サイトおよび第三者の速度計測による検証結果であり、一定の効果を保証するものではありません。
※インターネット回線の契約について
  • インターネット回線のご契約前に、光回線各社のホームページに記載されている注意事項や利用規約を必ずご確認ください。
  • 契約後の利用に関するご不明な点は、サービス提供元へ直接お問い合わせください。
※広告について
本記事には広告が表示されます。
iPhone15とiPhone14の違いを徹底解説|比較してどっちを買うべき?

2023年9月22日に発売を開始したiPhoneの最新型「iPhone15」とiPhone14の違いにつて注目が集まっています。

買い替えを考えている人の中には、前機種のiPhone14とどちらを買うべきか迷っている人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、iPhon15とiPhone14の違いを比較して、結論どっちを買うべきか解説していきます。

iPhone15とiPhone14の比較項目

  • 価格
  • スペック
  • サイズ
  • カラー
  • ディスプレイ
  • チップ・CPU
  • カメラ
  • 機能
【結論】iPhone14とiPhone15の違い
  • iPhone15は大幅な値上げ無し!現時点での価格差は10,000~20,000円
  • サイズは同じ!ベゼルが細くなったiPhone15の方が本体サイズはわずかに小さい
  • 上位モデルは初のチタン製で14より軽量化!
  • iPhone初の待望のUSB Type-Cが遂に採用!
  • iPhone15はすべて新色!素材の違いにも注目
  • 全モデルでディスプレイ輝度向上、電池持ちや機能性も向上
  • CPUは全モデル1世代グレードアップ!iPhone15上位モデルは最新A17 Proチップ搭載
  • iPhone15のメインカメラが4800万画素に!
  • 上位モデルはレンズ性能・動画撮影性能がますますプロ仕様に

iPhone15とiPhone14の比較検証の結論を初めに読みたい人は、こちらをクリックしてください。

【結論】iPhone15とiPhone14はどちらを買うべき?

iPhone15とiPhone14の違い一覧比較

機種iPhone15
iPhone15
iPhone14
iPhone14
価格128GB:124,800円
256GB:139,800円
512GB:169,800円
128GB:112,800円
256GB:127,800円
512GB:157,800円
ディスプレイSuper Retina XDRディスプレイ
6.1インチ(対角)オールスクリーンOLEDディスプレイ
Dynamic Island
HDRディスプレイ
2,556 x 1,179ピクセル解像度、460ppi
2,000,000:1コントラスト比(標準)
True Toneディスプレイ
広色域ディスプレイ(P3)
触覚タッチ
最大輝度1,000ニト(標準)
ピーク輝度1,600ニト(HDR)
ピーク輝度2,000ニト(屋外)
Super Retina XDRディスプレイ
6.1インチ(対角)オールスクリーンOLEDディスプレイ
-
HDRディスプレイ
2,532 x 1,170ピクセル解像度、460ppi
2,000,000:1コントラスト比(標準)
True Toneディスプレイ
広色域ディスプレイ(P3)
触覚タッチ
最大輝度800ニト(標準)
ピーク輝度1,200ニト(HDR)
-
素材カラーインフューズドガラスの背面とアルミニウム
航空宇宙産業レベルのアルミニウム
ガラスの背面とアルミニウム
航空宇宙産業レベルのアルミニウム
Dynamic Island-
CPUA16 Bionicチップ
6コアCPU
5コアGPU
16コアNeural Engine
A15 Bionicチップ
6コアCPU
5コアGPU
16コアNeural Engine
カメラメイン:48MP、ƒ/1.6絞り値
超広角:12MP、ƒ/2.4絞り値
センサーシフト光学式手ぶれ補正
0.5倍、1倍、2倍の光学ズームオプション
True Toneフラッシュ
Photonic Engine
Deep Fusion
写真のスマートHDR 5
フォーカス機能と被写界深度コントロールが使える次世代のポートレート
6つのエフェクトを備えたポートレートライティング
ナイトモード
フォトグラフスタイル
メイン:12MP、ƒ/1.5絞り値
超広角:12MP、ƒ/2.4絞り値
センサーシフト光学式手ぶれ補正
0.5倍、1倍の光学ズームオプション
True Toneフラッシュ
Photonic Engine
Deep Fusion
写真のスマートHDR 5
フォーカス機能と被写界深度コントロールが使える次世代のポートレート
6つのエフェクトを備えたポートレートライティング
ナイトモード
フォトグラフスタイル
ビデオ撮影4Kビデオ撮影(24fps、25fps、30fpsまたは60fps)
1080p HDビデオ撮影(25fps、30fpsまたは60fps)
シネマティックモード
アクションモード
ドルビービジョン対応HDRビデオ撮影(最大4K、60fps)
1080pスローモーションビデオ(120fpsまたは240fps)に対応
手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
ナイトモードのタイムラプス
QuickTakeビデオ
ビデオのセンサーシフト光学式手ぶれ補正
オーディオズーム
ステレオ録音
4Kビデオ撮影(24fps、25fps、30fpsまたは60fps)
1080p HDビデオ撮影(25fps、30fpsまたは60fps)
シネマティックモード
アクションモード
ドルビービジョン対応HDRビデオ撮影(最大4K、60fps)
1080pスローモーションビデオ(120fpsまたは240fps)に対応
手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
ナイトモードのタイムラプス
QuickTakeビデオ
ビデオのセンサーシフト光学式手ぶれ補正
オーディオズーム
ステレオ録音
衝突事故検出
バッテリーリチャージャブルリチウムイオンバッテリー内蔵
MagSafeおよびQiワイヤレス充電
ビデオ再生:最大20時間
ビデオ再生(ストリーミング):最大16時間
オーディオ再生:最大80時間
高速充電
:30分で最大50%充電
リチャージャブルリチウムイオンバッテリー内蔵
MagSafeおよびQiワイヤレス充電
ビデオ再生:最大20時間
ビデオ再生(ストリーミング):最大16時間
オーディオ再生:最大80時間
高速充電
:30分で最大50%充電
端子USB-C
USB 2に対応
Lightning
USB 2に対応
生体認証Face IDFace ID
5G
MagSafe
容量128GB
256GB
512GB
128GB
256GB
512GB
サイズ高さ:147.6mm
幅:71.6mm
厚さ:7.80mm
高さ:146.7mm
幅:71.5mm
厚さ:7.80mm
重量171g172g
防水IP68等級IP68等級
SIMカードデュアルSIM
nano-SIMとeSIM
デュアルeSIMに対応
デュアルSIM
nano-SIMとeSIM
デュアルeSIMに対応
下矢印全て表示

iPhone15とiPhone14の違い比較まとめ

iPhone15とiPhone14の違いを比較
iPhone15とiPhone14の違いを比較

新型iPhone15の進化が気になる人も、ぜひチェックしてみてください。

iPhone15のカラーや新色に関する最新情報はこちらの記事で確認できます。

iPhone15とiPhone15 Proの違い比較はこちらの記事で全てまとめています。

iPhone15の在庫情報・入荷状況の確認はこちらの記事で確認できます。

やっぱりiPhoneは楽天モバイルがお得!

楽天モバイルのiPhone最大32,000円お得キャンペーン

データ量と料金の安さは、キャリア・格安SIMすべて比較してもナンバーワンコスパです!

今ならiPhone15/iPhone14/iPhone13が最大32,000円お得になるキャンペーン中!

iPhoneSEも22,000円割引でお得!

\iPhone15発売中!/楽天モバイル公式を見る
この記事の監修者
加藤文也
加藤文也KatoFumiyaReYuu Japan株式会社取締役
中古スマホEC事業、光回線・格安SIM・WiFiなどのインターネットに関する6つのメディアを運営管理している。
当メディアがおすすめするインターネット回線の比較に関するコンテンツは、総務省消費者庁によって管理され公表されている情報を参考に、第三者による調査結果や利用者の評判・口コミなどの客観的事実をもとに作成しています。詳しくはコンテンツ制作・ランキング作成に関するポリシーを参照してください。
※記事の内容に間違いがあった場合には、ReYuu問い合わせへご連絡ください。
※記事内の金額は全て税込み表記となります。
目次
auのお得な最新人気機種
au Online Shop お得割
順位1位2位3位4位
機種Xperia 1 VI
Xperia 1 VI
Google Pixel 8a
Google Pixel 8a
Galaxy S24
Galaxy S24
Google Pixel 8 Pro
Google Pixel 8 Pro
価格112,800円~47円~57,800円~65,400円~
特徴SONYの最新技術
全てハイスペック
オリジナル機能が
便利!そして安い
2024年4月の新型
AI機能が充実
ハイスペック
でも安い!
購入公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
※記載の内容は2024/6/5時点の情報です。【必読】auオンライン購入から自宅受け取りして初期設定するまでの手順

iPhone15とiPhone14の違い5個を比較

選び方

iPhone15とiPhone14の違いはいくつかありますが、その中でもとくに大きな違いは以下の5つです。

LightningからUSB Type-Cへ変更

iPhone 15はUSB-C採用

画像引用元:iPhone15 – Apple(日本)

iPhone15とiPhone14における、もっとも大きな違いは充電端子です。

iPhone14はLightning端子でしたが、iPhone15は全モデルでシリーズ初となるUSB Type-Cを採用しています。

タブレットやノートパソコン、ワイヤレスイヤホンなど、USB Type-Cを採用する他の機器と充電ケーブルを共有できるのが大きなメリットです。

Apple製のタブレットであるiPadシリーズは、すでに全モデルがUSB Type-Cに統一されています。

iPhone15がUSB Type-Cになったことで、iPhoneとiPadと併用する場合も充電ケーブルが一本で済むようになりました。

全モデルがDynamic Islandを搭載

iPhone 15はDynamic Island搭載

画像引用元:iPhone15 – Apple(日本)

iPhone15シリーズは、全モデルが「Dynamic Island」を搭載しています。

Dynamic Islandはパンチホール(インカメラを埋め込むための穴)部分を、通知の表示やアプリの操作などに利用する機能です。

もともとはiPhone14 Pro/Pro Maxのみ搭載していた機能で、iPhone14/Plusは従来モデルと同じくノッチ(切り欠け)がありました。

iPhone 14とiPhone 14 Plusはノッチを採用

画像引用元:iPhone15 – Apple(日本)

iPhone15シリーズでは、iPhone15/Plusを含む全モデルでノッチからDynamic Islandに変更されています。

ディスプレイの表示領域がより広くなったほか、対応アプリの操作や通知の確認も簡単になりました。

カラバリを刷新、上位モデルはチタン採用

iPhone15の新しいカラバリ

画像引用元:iPhone15 – Apple(日本)

iPhone15シリーズは、iPhone14シリーズからカラーバリエーションが刷新されました。

項目iPhone15iPhone14
無印/Plusブルー
ピンク
イエロー
グリーン
ブラック
スターライト
ミッドナイト
(PRODUCT)RED
ブルー
パープル
イエロー
Pro/Pro Maxナチュラルチタニウム
ブルーチタニウム
ホワイトチタニウム
ブラックチタニウム
シルバー
スペースブラック
ゴールド
ディープパープル

iPhone15/Plusは淡いパステルカラーのような色合いになりました。

iphone15 カラー

画像引用元:iPhone15 – Apple(日本)

マットで落ち着いた色合いなので、派手な色が苦手な人にもピッタリです。

iPhone15 Pro/Pro Maxは背面の素材がステンレスからチタニウムへ変更され、カラーもよりシックになっています。

iPhone15 Proのカラー

画像引用元:iPhone15 – Apple(日本)

従来モデルよりも軽くなり、耐久性もアップしました。

チップセットがグレードアップ

iPhone15のチップ

画像引用元:iPhone15 – Apple(日本)

iPhone15シリーズは、全モデルでチップセットがグレードアップされました。

モデルiPhone14iPhone15
無印/PlusA15チップA16チップ
Pro/Pro MaxA16チップA17 Proチップ

iPhone15/PlusはiPhone14 Pro/Pro Maxと同じA16チップを搭載しています。

旧チップとは言えProモデルに採用されていたものであり、処理性能は必要十分以上です。

一方、iPhone15 Pro/Pro Maxは最新チップであるA17 Proを搭載しています。

A16チップからCPU・GPU性能が大きく向上したほか、消費電力も改善されました。

iPhone15 Pro/Pro Maxは、iPhone史上最高の性能を持った”Pro”の名にふさわしいモデルですね。

カメラ性能もさらに強化

iPhone15のカメラ

画像引用元:iPhone15 – Apple(日本)

iPhone15は、カメラ性能もiPhone14から進化しています。

iPhone15のカメラの注目ポイント
  • 無印/Plusは広角カメラが4,800万画素になり、光学2倍ズームに対応
  • Pro Maxは最大5倍の光学ズームと新しい手ぶれ補正に対応
  • 背景ボケを後から調整できるようになった
  • スマートHDRが「スマートHDR5」に進化

iPhone15/Plusは、広角カメラの画素数が1,200万画素から4,800万画素へアップしました。

センサーサイズが大型化してより明るい夜景を撮影できるようになったほか、最大2倍の光学ズームにも対応します。

最上位モデルのiPhone15 Pro Maxは、シリーズ初となる最大5倍の光学ズームに対応しているのが特徴です。

3Dセンサーシフト光学式手ぶれ補正により、ズーム時も手ブレを気にする必要はありません。

その他にも次世代のポートレートやスマートHDR5など、機能面も進化していますよ。

auの激熱キャンペーン

今auでは新型Androidが続々登場!

キャンペーンを使えば10万円以上お得にAndroidスマホが購入できますよ!

iPhoneにも負けない新型Android

順位1位2位3位4位
機種Xperia 1 VI
Xperia 1 VI
Google Pixel 8a
Google Pixel 8a
Galaxy S24
Galaxy S24
Google Pixel 8 Pro
Google Pixel 8 Pro
価格112,800円~47円~57,800円~65,400円~
特徴SONYの最新技術
全てハイスペック
オリジナル機能が
便利!そして安い
2024年4月の新型
AI機能が充実
ハイスペック
でも安い!
購入公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
■期間限定キャンペーン実施中! au Online Shop お得割

キャンペーンの詳細はオンラインショップでチェック!

au公式オンライン ※記載の内容は2024/6/5時点の情報です。

【結論】iPhone15とiPhone14の違いを比較してどっちを買うべき?

iPhone15

iPhone14とiPhone15どちらにするか迷っているのであれば、iPhone15がおすすめです。

Pro/Pro Maxのチタンケースは堅牢で軽い

iphone15pro

画像引用元:iPhone15 – Apple(日本)

iPhone15の上位モデルでは、従来のステンレスに比べて軽量かつ堅牢なチタニウムが採用されました。

頻繁に買い替えるつもりがないのであれば、耐久性の高いiPhone15 Pro/Pro Maxはおすすめです。

また、iPhone15は本体・バッテリー共に再生素材の割合が高いカーボンニュートラルモデルとなっています。

環境配慮という観点からも、1つの端末を長く使い続けたい人にとってはiPhone15シリーズがおすすめです。

どのモデルもスペックは15が勝っている

iPhone15

画像引用元:iPhone15 – Apple(日本)

iPhone15とiPhone14、いずれも本体サイズ・画面サイズのラインナップにはほぼ変わりはなく、見た目の変化はあまりありません。

ですが、iPhone15はCPUが一世代上だったり、ディスプレイ性能やカメラ性能が向上していたりと、全モデルでスペックがワンランクアップしています。

また、初のUSB Type-C対応や、iPhone初登場のアクションボタン搭載など、新機能を使ってみられるのも新製品のiPhone15だからこそです。

スマホがプロ並みの撮影機材になる

iPhone15の画質

画像引用元:iPhone15 – Apple(日本)

最上位機種のiPhone15 Pro Maxは、価格も最も高いです。

その分、iPhone14 ProはもちろんiPhone15の他のモデルと比べても動画撮影の性能は群を抜いています。

60fpsのProRes撮影やLogビデオ撮影など、本格的な動画制作にも堪える品質の映像が撮影できるのが特徴。

iPhoneを”撮影機材”として導入することも検討できるレベルです。

価格が決め手な人はiPhone14の値下げに注目

大特価 SPECIAL SALE!大幅割引実施中! | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ

画像引用元:大特価 SPECIAL SALE!大幅割引実施中! | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ

iPhone15に大幅な値下げは無かったとはいえ、iPhone14が値下がりしたことにより、現時点でも1~2万円程度の価格差がついています。

またiPhone15の発表があった後には、どのキャリアもiPhone14の値下げが実施されるでしょう。

現時点での価格差はそこまで大きくありませんが、iPhone14が値下げされれば、Apple Storeや各携帯キャリアは1万円~3万円程度値下げし、価格差はより大きくなります。

iPhone15で進化があったとはいえ、iPhone14もスマートフォンとしては十分なスペックを備えています。

コスパ重視であれば、すぐにiPhone15に手を出さずにiPhone14の値下がり具合を注視するのがいいでしょう

iPhone15とiPhone14の違い|価格を比較

iPhone15とiPhone14の価格を比較
まずは、iPhone15とiPhone14の価格を比較します。

iPhone15の価格
  • iPhone14との価格差は10,000~20,000円前後
  • iPhone15が一番安いのは楽天モバイル
  • iPhone14の大容量モデルはソフトバンクがお得

Apple Storeおよび各キャリアでのiPhone15とiPhone14の各モデルの価格は以下の通りです。

iPhone14とiPhone15の価格を比較

機種容量iPhone14iPhone15価格の差額
Apple128GB112,800円124,800円12,000円
256GB127,800円139,800円
512GB157,800円169,800円
au
auオンラインショップ
128GB127,900円145,640円17,740円
256GB販売終了166,780円-
512GB販売終了206,930円
ドコモ
ドコモオンラインショップ
128GB124,465円149,490円25,025円
256GB161,480円172,040円10,560円
512GB201,740円212,300円
ソフトバンク
ソフトバンクオンラインショップ
128GB127,440円*3145,152円17,712円
256GB販売終了166,320円-
512GB販売終了206,640円
楽天モバイル
楽天モバイルオンラインショップ
128GB120,800円131,800円11,000円
256GB135,900円153,800円17,900円
512GB165,900円187,800円21,900円

iPhone14 PlusとiPhone15 Plusの価格を比較

機種容量iPhone14 PlusiPhone15 Plus価格の差額
Apple128GB124,800円139,800円15,000円
256GB139,800円154,800円
512GB169,800円184,800円
au
auオンラインショップ
128GB販売終了163,490円-
256GB販売終了184,850円
512GB販売終了225,360円
ドコモ
ドコモオンラインショップ
128GB158,180円168,740円10,560円
256GB179,520円190,080円
512GB220,330円230,890円
ソフトバンク
ソフトバンクオンラインショップ
128GB149,760円163,440円13,680円
256GB167,760円184,320円16,560円
512GB202,320円224,640円22,320円
楽天モバイル
楽天モバイルオンラインショップ
128GB135,900円146,800円10,900円
256GB150,900円167,800円16,900円
512GB180,900円204,800円23,900円

iPhone14 ProとiPhone15 Proの価格を比較

※現在iPhone14 Proを販売してるのはソフトバンクのみとなります。

価格の比較容量iPhone14 ProiPhone15 Pro価格差
ソフトバンク
ソフトバンクオンラインショップ
128GB173,520円185,760円12,240円
256GB190,800円211,680円20,880円
512GB226,080円248,400円22,320円
1TB261,360円285,120円23,760円

iPhone14 Pro MaxとiPhone15 Pro Maxの価格を比較

※現在iPhone14 Pro Maxを販売してるのはソフトバンクのみとなります。

価格の比較容量iPhone14 Pro MaxiPhone15 Pro Max価格差
ソフトバンク
ソフトバンクオンラインショップ
128GB191,520--
256GB208,800229,68020,880円
512GB244,080266,40022,320円
1TB279,360293,04013,680円

それぞれのモデルは、iPhone14の方が10,000円~20,000円ほど安い価格設定です。

iPhone15の発売前はiPhone15ベースモデルは値引きの可能性、Proシリーズは大きく値上げが噂されていました。

ですが、どのモデルもiPhone14から大幅な値上げはありませんでした。

分割割引プログラム適用時のiPhone14とiPhone15の価格を比較

つづいて、実際の各キャリアでの販売価格をみていきましょう。

ここでは、各社のリースプログラム(2年間の利用後に返却が条件)を利用した場合の割引価格で比較します。

各モデル、iPhone15が最も安いのは楽天モバイルです。

特に容量が大きいモデルでは他社よりも10,000円以上安くなっています。

ただし、iPhone15(128GB)など一部の機種は楽天モバイルよりauやソフトバンクのほうが割安です。

iPhone14は基本的にiPhone15より割安ですが、機種によってはiPhone15のほうが安いこともあります。

価格重視の場合は、各キャリアの価格をしっかり吟味し、どの機種を購入するか判断してくださいね。

ドコモ(いつでもカエドキプログラム)

モデルiPhone14iPhone15価格差
無印128GB:22,033円
256GB:81,680円
512GB:102,140円
128GB:62,898円
256GB:73,040円
512GB:89,540円
128GB:+40,865円
256GB:-8,640円
512GB:-12,600円
Plus128GB:79,220円
256GB:90,000円
512GB:111,250円
128GB:85,580円
256GB:96,360円
512GB:116,050円
128GB:+6,360円
256GB:+6,360円
512GB:+4,800円
Pro販売終了128GB:97,020円
256GB:110,550円
512GB:131,010円
1TB:158,510円
128GB:×
256GB:×
512GB:×
1TB:×
Pro Max128GB:89,650円
256GB:111,250円
512GB:129,990円
1TB:144,940円
256GB:119,460円
512GB:145,640円
1TB:169,950円
128GB:×
256GB:+8,210円
512GB:+15,650円
1TB:+25,010円

au(スマホトクするプログラム)

モデルiPhone14iPhone15価格差
無印128GB:44,047円
256GB:販売終了
512GB:販売終了
128GB:38,240円
256GB:87,630円
512GB:107,985円
128GB:-5,807円
256GB:×
512GB:×
Plus販売終了128GB:85,790円
256GB:96,830円
512GB:117,415円
128GB:×
256GB:×
512GB:×
Pro販売終了128GB:99,705円
256GB:112,930円
512GB:131,560円
1TB:150,420円
128GB:×
256GB:×
512GB:×
1TB:×
Pro Max販売終了256GB:122,360円
512GB:141,105円
1TB:159,850円
256GB:×
512GB:×
1TB:×

ソフトバンク(新トクするサポート)

モデルiPhone14iPhone15価格差
無印128GB:44,016円
256GB:販売終了
512GB:販売終了
128GB:36,144円
256GB:83,160円
512GB:103,800円
128GB:-7,872円
256GB:×
512GB:×
Plus128GB:44,160円
256GB:51,480円
512GB:65,400円
128GB:85,680円
256GB:96,240円
512GB:117,120円
128GB:+41,520円
256GB:+44,760円
512GB:+51,720円
Pro128GB:53,760円
256GB:60,840円
512GB:75,120円
1TB:89,400円
128GB:91,248円
256GB:106,440円
512GB:130,320円
1TB:149,400円
128GB:+37,488円
256GB:+45,600円
512GB:+55,200円
1TB:+60,000円
Pro Max128GB:61,080円
256GB:68,040円
512GB:82,320円
1TB:96,600円
256GB:120,120円
512GB:139,680円
1TB:154,560円
128GB:×
256GB:+52,080円
512GB:+57,360円
1TB:+57,960円
※いずれも25ヶ月目に返却した場合

楽天モバイル(楽天モバイル買い替え超トクプログラム)

モデルiPhone14iPhone15価格差
無印128GB:60,384円
256GB:67,944円
512GB:82,944円
128GB:65,880円
256GB:76,896円
512GB:93,888円
128GB:+5,496円
256GB:+8,952円
512GB:+10,944円
Plus128GB:67,944円
256GB:75,432円
512GB:90,432円
128GB:73,392円
256GB:83,880円
512GB:102,384円
128GB:+5,448円
256GB:+8,448円
512GB:+11,952円
Pro販売終了128GB:87,336円
256GB:96,384円
512GB:112,896円
1TB:129,888円
128GB:×
256GB:×
512GB:×
1TB:×
Pro Max販売終了256GB:105,384円
512GB:122,400円
1TB:138,384円
256GB:×
512GB:×
1TB:×
閉じる

iPhone15とiPhone14の違い|スペックを比較

iPhone15のスペック

画像引用元:iPhone15 – Apple(日本)

まずは、それぞれのモデルのスペックを表で確認します。

目立った変化が少なかったiPhone14と比べると、iPhone15では下位モデルも大きくアップグレードしているのが特徴です。

iPhone15とiPhone14を比較

項目iPhone15
iPhone15
iPhone14
iPhone14
ディスプレイSuper Retina XDRディスプレイSuper Retina XDRディスプレイ
本体サイズ6.1インチ
高さ:146.7 mm
幅:71.6 mm
厚み:7.8 mm
6.1インチ
高さ:146.7 mm
幅:71.5 mm
厚み:7.8 mm
カラーブルー、ピンク、イエロー、グリーン、ブラックスターライト、ミッドナイト、(PRODUCT)RED、ブルー、パープル
重量171 g172g
CPUA16 BionicA15 Bionic
ストレージ128/256/512GB128/256/512GB
メモリ6GB6GB
コネクタUSB-C 2.0Lightning
Dynamic Island対応非対応
認証顔(Face ID)顔(Face ID)
iPhone15はiPhone14にはなかったダイナミックアイランドが搭載され、USBがType-Cになりました。

CPUはA16 Proチップが搭載され、画面輝度が向上しました。

iPhone15 PlusとiPhone14 Plusを比較

iPhone15 / 15 PlusとiPhone14 / 14 Plusを比較

画像引用元:iPhone15 – Apple(日本)

項目iPhone15 Plus
iPhone15 Plus
iPhone14 Plus
iPhone14 Plus
ディスプレイ Super Retina XDRディスプレイ
本体サイズ6.7インチ
高さ:160.9 mm
幅:77.8 mm
厚み:7.8 mm
6.7インチ
高さ:160.8 mm
幅:78.1 mm
厚み:7.80 mm
重量201 g203g
CPUA16 BionicA15 Bionic
ストレージ128/256/512GB128/256/512GB
メモリ6GB6GB
コネクタUSB-C 2.0Lightning
Dynamic Island対応非対応
認証顔(Face ID)顔(Face ID)
iPhone15 Plusには、新たにダイナミックアイランドが搭載され、USBがType-Cになりました。

CPUはA16 Proチップが搭載され、画面輝度が向上しました。

iPhone15 ProとiPhone14 Proを比較

iPhone15 Pro/Pro MaxとiPhone Pro/Pro Maxを比較

画像引用元:iPhone15 – Apple(日本)

項目iPhone 15 Pro
iPhone15 Pro
iPhone 14 Pro
iPhone14 Pro
ディスプレイSuper Retina XDRディスプレイSuper Retina XDRディスプレイ
本体サイズ6.1インチ
高さ:146.6 mm
幅:70.6 mm
厚み:8.25 mm
6.1インチ
高さ:147.5 mm
幅:71.5 mm
厚み:7.85 mm
本体素材チタニウム合金+テクスチャードマットガラスステンレスフレーム + テクスチャードマットガラス
重量187 g206g
CPUA17 ProA16 Bionic
ストレージ128/256/512GB/1TB128/256/512GB/1TB
メモリ6GB6GB
コネクタUSB-C 3.0Lightning
Wi-Fi規格Wi‑Fi 6EWi‑Fi 6
Dynamic Island対応対応
認証顔(Face ID)顔(Face ID)
iPhone15 Proは、本体素材がチタニウム合金に変わりました。それに合わせて、カラーバリエーションも全面的に変わっています。

また、CPUは最新のA17 Proチップが搭載されています。

Proモデルでは、大容量のデータを高速で通信できる新規格「Wi-Fi 6E」が採用されました。

iPhone15 Pro MaxとiPhone14 Pro Maxを比較

項目iPhone 15 Pro Max
iPhone15 Pro Max
iPhone 14 Pro Max
iPhone14 Pro Max
ディスプレイSuper Retina XDRディスプレイSuper Retina XDRディスプレイ
本体サイズ6.7インチ
厚み:159.9 mm
幅:76.7 mm
厚み:8.25 mm
6.7インチ
高さ:160.8 mm
幅:78.1 mm
厚み:7.80 mm
本体素材チタニウム合金+テクスチャードマットガラスステンレスフレーム + テクスチャードマットガラス
カラーナチュラルチタニウム、ブルーチタニウム、ホワイトチタニウム、ブラックチタニウムシルバー、スペースブラック、ゴールド、ディープパープル
重量221 g240g
CPUA17 ProA16 Bionic
ストレージ256/512GB/1TB128/256/512GB/1TB
メモリ6GB6GB
コネクタUSB-C 3.0Lightning
Wi-Fi規格Wi‑Fi 6EWi‑Fi 6
Dynamic Island対応対応
認証顔(Face ID)顔(Face ID)
iPhone15 Pro MaxもiPhone15 Pro同様、本体素材がチタニウム合金に変わりました。

iPhone15 Pro Maxでは、ストレージ容量128GBのモデルはなくなりました。

また、CPUは最新のA17 Proチップが搭載されています。

Proモデルでは、大容量のデータを高速で通信できる新規格「Wi-Fi 6E」が初めて採用されました。

iPhone15とiPhone14の違い|サイズ・重さを比較

iPhone15 pro size

画像引用元:iPhone15とiPhone15 Plus – Apple(日本)

まずは、携帯性や画面の見やすさに関わる画面サイズ・本体サイズを比較していきます。

機種画面サイズサイズ重さ
iPhone146.1インチ146.7 mm × 71.5 mm × 7.80 mm172 g
iPhone14 Plus6.7インチ160.8 mm × 78.1 mm × 7.80 mm203 g
iPhone14 Pro 6.1インチ147.5 mm × 71.5 mm × 7.85 mm206 g
iPhone14 Pro Max6.7インチ160.8 mm × 78.1 mm × 7.80 mm240 g
iPhone156.1インチ147.6 mm × 71.6 mm × 7.8 mm171 g
iPhone15 Plus6.7インチ160.9 mm × 77.8 mm × 7.8 mm201 g
iPhone15 Pro6.1インチ146.6 mm × 70.6 mm × 8.25 mm 187 g
iPhone15 Pro Max6.7インチ159.9 mm × 76.7 mm × 8.25 mm221 g

iPhone15 Proシリーズのケースには初めての素材、チタニウムが使用され本体サイズはほぼ変わりませんが重量は少し軽くなり19gの軽量化を果たしています。

ディスプレイのサイズはiPhone15とiPhone14は同じ。それでも、iPhone15の方が若干ベゼルが細くなったこともあり、Pro/Pro Maxは本体サイズが小さくなっています

また、全モデル本体の角に丸みがついたことで、持ちやすさ・手への収まりの良さも向上しています。

ReYuuストア

iPhone15とiPhone14の違い|カラー・デザインを比較

iPhone15シリーズのカラー

画像引用元:iPhone15 – Apple(日本)

iPhone15とiPhone14、それぞれのカラーラインナップは以下の通りです。

項目カラー
iPhone 15/Plus
iPhone15
ブルー
ピンク
イエロー
グリーン
ブラック
iPhone 14/Plus
iPhone14
スターライト
ミッドナイト
(PRODUCT)RED
ブルー
パープル
イエロー
iPhone 15 Pro/Pro Max
iPhone15 Pro
ナチュラルチタニウム
ブルーチタニウム
ホワイトチタニウム
ブラックチタニウム
iPhone 14 Pro/Pro Max
iPhone14 Pro
シルバー
スペースブラック
ゴールド
ディープパープル

iPhone15は、ベースモデルと上位モデルすべて新色となりました。

また、本体や背面の素材が変更されたために多様なカラーでも見え方がかなり変わっています。

iPhone15の新色・カラー
  • 全機種すべて新色でフルカラーチェンジ
  • iPhone15はパステル系
  • iPhone15 Proは素材変更で色合いが今までと異なる

無印モデルとPlusのカラーを比較

iPhone15とiPhone14のカラーを比較

画像引用元:iPhone15 – Apple(日本)

まずは、iPhone15/15 PlusとiPhone14/14 Plusのカラーを比較します。

パステルカラーの淡い色合いのiPhone15に対して、従来のiPhoneのイメージ通りのビタミンカラーのiPhone14という違いになっています。

また、iPhone15では背面にガラスに色を浸透させたテクスチャードマットガラスを採用。

iPhone15

画像引用元:iPhone15 – Apple(日本)

iPhone14までのモデルと比べても、より高級感のある仕上がりです。いずれが好きかは、個人の好みの問題になってくるでしょう。

Proと Pro Maxのカラーを比較

iPhone15 proとiPhone14 proのカラーを比較

画像引用元:iPhone15 – Apple(日本)

つづいて、それぞれのProと Pro Maxのカラーを比較します。

iPhone15 Pro/Pro Maxは、チタニウムとアルミを融合させた素材が使用されています。

そのため、カラーバリエーションはチタニウム染色で表現可能な範囲のあまり華美ではない色味です。

iPhone15 pro

画像引用元:iPhone15 – Apple(日本)

iPhone14もPro/Pro Maxらしい落ち着いた色合いではあるものの、素材が違うこともあり見た目の印象には差があります。

どちらが良いかは、好みの問題となってくるでしょう。

iPhone15とiPhone14の違い|ディスプレイを比較

iPhone15の常時点灯ディスプレイ

画像引用元:iPhone15 – Apple(日本)

ディスプレイの変更点
  • iPhone15/15 Plusのディスプレイ輝度が向上
  • 全モデルに「ダイナミックアイランド」が搭載

iPhone15/15 PlusはiPhone14/14 Plusと比べてディスプレイ輝度が向上しました。

これにより、スタンダードモデルも上位モデルとディスプレイの明るさは同等ということになります。

機種Dynamic Island常時表示ディスプレイ輝度
iPhone14/Plus--最大800ニト(標準)
ピーク1,200ニト(HDR)
iPhone14 Pro/Pro Max対応対応最大1,000ニト(標準)
ピーク1,600ニト(HDR)
ピーク2,000ニト(屋外)
iPhone15/Plus対応-最大1,000ニト(標準)
ピーク1,600ニト(HDR)
ピーク2,000ニト(屋外)
iPhone15 Pro/Pro Max対応対応最大1,000ニト(標準)
ピーク1,600ニト(HDR)
ピーク2,000ニト(屋外)

どのモデルでも屋外ではピーク輝度が2,000ニトとなるため、強い日差しの下でも画面をはっきり見ることができるでしょう。

従来のノッチがなくなり全モデルで「ダイナミックアイランド」が搭載されたことで、ディスプレイの広さ・見やすさはiPhone15でのグレードアップが強く感じられる部分です。

また、上位モデルのiPhone15 Pro/Pro Maxは引き続き「常時表示ディスプレイ」にも対応しています。

iPhone15とiPhone14の違い|チップ・CPUを比較

iPhone15 CPU

画像引用元:iPhone15 – Apple(日本)

つづいて、iPhoneの操作感や処理性能を大きく左右するCPU性能を比較します。

iPhone15も、iPhone14と同じく上位モデルとベースモデルで異なるCPUを搭載しています。

iPhone15シリーズのCPU
  • iPhone15 :A16チップ
  • iPhone15 Plus:A16チップ
  • iPhone15 Pro:A17 Proチップ
  • iPhone15 Pro Max:A17 Proチップ

iPhone14シリーズでは、14 Pro/14 Pro Maxにのみ最新のA16チップが搭載されiPhone14/Plusは旧モデルと同じA15チップでした。

今回もその組み合わせ通りで、上位2機種のみ最新チップのA17 Pro 、ベースモデル2機種は旧モデルのチップ(A16 Bionic)搭載となっています。

A17 Proチップは、世界初となる3ナノメートルプロセスのチップで、「これまでとは全くの別次元」というほどの高性能を誇っています。

A16と比べて最最大10%速いCPUと最大4倍速いレイトレーシング。そして最大2倍速いNeural Engineによって、iPhone 14 Pro比べると最大70%高速化したとされています。

新しいチップの影響は、動作速度や電池持ちの他、カメラの画像処理能力の向上などにも及んでいます。

Proモデルはゲーム端末としても高性能を発揮

iPhone15 ProとPro Maxで新たに採用されたA17 Proチップは、最大20%のGPU高速化によって、スマホゲームのプレイに求められる持続性のあるハイパフォーマンスを実現しています。

レイトレーシング・グラフィックス処理が4倍高速になったことで、光の反射などの表現もよりリアルになりました。

水や波、爆発といったゲームの臨場感アップに欠かせない強力なグラフィック処理によって、迫力あるゲーム体験が可能です。

ReYuuストア

iPhone15とiPhone14の違い|カメラ性能を比較

iPhone15

画像引用元:iPhone15 – Apple(日本)

iPhone15とiPhone14のカメラ性能を比較していきます。

iPhone14で搭載された画像処理エンジン「Photonic Engine」、動画撮影時のシネマティックモードや4K対応といった機能はiPhone15でもそのまま。

ですが、レンズやビデオ撮影など、全モデルのカメラ性能がiPhone14からグレードアップしています。

iPhone15のカメラ性能の進化ポイント
  • iPhone15は広角カメラが1200万画素⇒4800万画素
  • デフォルトの撮影画像が2400万画素に
  • 後からでもポートレートのピント修正ができる
  • Pro Maxは最大光学5倍ズーム
  • Pro Maxはプロの機材並みの動画撮影が可能に

iPhone15の写真撮影性能の違い

まずは、iPhone15とiPhone14の写真撮影性能を比較します。

iPhone14とiPhone15の比較

項目iPhone14/plusiPhone15/Plus
アウトカメラレンズ広角(1,200万画素)
超広角(1,200万画素)
広角(4,800万画素)
超広角(1,200万画素)
インカメラレンズ1,200万画素
イメージセンサーサイズ1/1.9インチ1/1.5インチ
光学ズーム1倍2倍
スマートHDRスマートHDR 4スマートHDR 5
その他-次世代ポートレートモード対応

アウトカメラのレンズ

iPhone15とiPhone15 Plusは、iPhone14と同じデュアルレンズ構成ですが、広角レンズの画素数が大幅にグレードアップしています。

【iPhone14】1200万画素の広角+1200万画素の超広角
【iPhone15】4800万画素の広角+1200万画素の超広角

センサーサイズが大きくなった

iPhone15/Plusでは、センサーサイズがiPhone14の1/1.9インチから1/1.5インチになりました

センサーサイズが大きくなったことで、より多くの光を取り込め、豊かな色表現が可能となります。

スマートHDR4⇒スマートHDR5

iPhone14のスマートHDR4が、iPhone15ではスマートHDR5になりました。

HDRとは、HDR撮影は複数の明るさの写真を連続で撮り、それらを組み合わせることで、より見たままに近い高画質の写真にする加工技術のことです。

AppleではこのHDR技術が年々進歩しており、iPhoneSE(第3世代)~iPhone14の「スマートHDR4」から今回のiPhone15でワンランクアップしたことになります。

基本画素数が24MPに

iPhone15では、デフォルトの記録画素数が24MP(2400万画素)になりました。

iPhone14では4つの画素を1つにして高感度の写真を撮影する「クアッドピクセル」を採用しており、通常撮影で保存されるのは1200万画素でした。

一方のiPhone15では、コンピュテーショナルフォトグラフィーによって、これが2400万画素に向上しました(ナイトモード、マクロなどは12MP)。

保存容量が気になる人は、設定で12MPにも変更できるので安心です。

光学ズーム性能が向上

レンズの性能が上がったことで、iPhone15では光学ズーム性能が1倍から2倍にグレードアップしました。

机の上の食べ物などを撮影したい時も、画質は落とさずにクローズアップ撮影が可能となります。

手振れ補正機能

iPhone15の手振れ補正はiPhone14と同じ第2世代のセンサーシフト光学手振れ補正ですが、手振れ補正の性能は向上しています。

1秒間に1万回という補正回数は、数字だけで見るとiPhone14の約2倍です。

写真撮影時はもちろん、動画撮影時の手振れもより少なくなるでしょう。

ポートレート撮影がより柔軟に

iPhone15のカメラは、ポートレートの撮影がより柔軟になりました。

通常撮影でも「f」ボタンをタッチすれば簡単にポートレートモード的な撮影(背景ぼかし)が可能になりました。通常撮影なので、ズームの倍率や被写体との距離も自由です。

また、ポートレートの背景ぼかしを後からでも調整できるようになりました。

人、犬、猫などポートレート撮影の対象となる被写体を撮影する際に、深度情報が自動で取り込まれるので、撮影時にピントの設定を失敗しても大丈夫です。

Pro・Pro Maxの比較

iPhone15 ProとPro Maxでもポートレート性能の変化やスマートHDR5の搭載は同様です。その他の、上位機種ならではのカメラ性能の違いを紹介します。

iPhone15 Pro/Pro Max の写真撮影性能

項目iPhone14 Pro/Pro MaxiPhone15 ProiPhone15 Pro Max
アウトカメラレンズ 広角4,800万画素、24mm4,800万画素、24mm4,800万画素、24mm
アウトカメラレンズ 超広角1,200万画素、13mm1,200万画素、13mm1,200万画素、13mm
アウトカメラレンズ 望遠1200万画素、77mm1200万画素、77mm1,200万画素、120mm
光学ズーム3倍3倍5倍
インカメラレンズ1,200万画素1,200万画素1,200万画素
イメージセンサーサイズ1/1.3インチ1/1.3インチ1/1.3インチ
手振れ補正第2世代のセンサーシフト
光学式手ぶれ補正
第2世代のセンサーシフト
光学式手ぶれ補正
第2世代のセンサーシフト
光学式手ぶれ補正
3Dセンサーシフト
光学式手ぶれ補正(望遠)
スマートHDRスマートHDR 4スマートHDR 5スマートHDR 5
その他の違い-・次世代ポートレートモード対応
・ワンタッチ画角切り替え
・デフォルトレンズの設定

【Pro Max】iPhone初の光学5倍ズーム

iPhone15ProMaxは最大3倍の望遠カメラを備えており、広角カメラの2倍ズームと合わせて、焦点距離120mmで最大5倍の光学ズーム、最大25倍のデジタルズームが可能となりました。

ズーム性能が上がると手振れが気になるところですが、iPhone15 Pro Maxの望遠カメラには「3Dセンサーシフト光学式手ぶれ補正」が備わっています。

レンズの反射防止コーティング

iPhone15 Pro/Pro Maxではレンズにフレア防止のナノスケールコーティングが施されています。

蛍光灯や太陽の逆光などを撮影したときにフレア(カメラやレンズ内部の光の反射)を抑えることができます。

画角のワンタップ切り替え

カメラの「1x」をタップするたびに画角が切り替わるシステムになりました。
24mm→28mm→35mmの順で変化しますが、これはカメラの世界でポピュラーな広角単焦点レンズの画角と同じです。

よく使う画角をデフォルト設定にしておけるなど、IFの細かい部分も使いやすく進化しています。

動画機能の比較

つづいて動画機能を比較します。

動画撮影の機能は、下位モデルはあまり変化が無く、iPhone15Pro Maxで大きく進化しています。

今回のAppleのiPhone15の発表会の映像は、すべてiPhone15 Proを使って撮影されたそうです。

プロ仕様のビデオカメラとして、最高レベルの性能に達したと言えます。

Phone14 Pro MaxとiPhone15 Pro Max

項目iPhone14 Pro MaxiPhone15 Pro Max
4Kビデオ撮影24fps、25fps、30fpsまたは60fps
1080p HDビデオ撮影25fps、30fpsまたは60fps
ProResビデオ撮影最大4K、30fps最大4K、60fps
シネマティックモード
アクションモード
Logビデオ撮影×
手振れ補正センサーシフト光学式手ぶれ補正(第2世代)センサーシフト光学式手ぶれ補正(第2世代)
3Dセンサーシフト光学式手ぶれ補正
ACES×〇アカデミーカラーエンコーディングシステム
その他-・空間ビデオ撮影モード搭載予定

最大4K、60fpsのProRes撮影

ProResとは、Appleによって開発されたプロフェッショナルレベルの動画コーデックです。より多くのデータを記録した高品質な映像が撮影できます。

iPhoneには、iPhone13 Proから導入されたものですが、iPhone15 Pro Maxでは最大4K・60fpsという高画質・高フレームレートでのProRes撮影が可能となりました。

Logビデオ撮影に対応

Logとは、プロ仕様のビデオカメラに搭載されているカラープロファイルのこと。Logビデオであれば映像編集の段階で、色とコントラストをより柔軟に編集できます

なおLogビデオの撮影はデータが大きくなるため、外部ストレージへの接続が必須となります。

Type-Cケーブルに対応可能になったことで、外部機器やHDとの接続の柔軟性も上がりました。

ACES(アカデミーカラーエンコーディングシステム)に対応

ACESとは、映画やテレビ番組の映像制作におけるカラースペースの業界標準規格です。

一般的な使い方ではあまり恩恵を感じる場面はないかも知れませんが、「iPhoneを本格的な撮影機材として使いたい」という人にとっては嬉しいアップデートです。

空間ビデオ撮影モード搭載予定

iPhone15 Pro Maxは、2つのレンズを使った空間ビデオ撮影モードにも対応する予定です。

このモードで撮影した動画は、2024年に発売される予定の「Apple Vision Pro」で3Dビデオとして再生できます。

※空間ビデオ撮影は2023年の年末までに対応予定

iPhone15とiPhone14の違い|機能を比較

iPhone15 ios17

画像引用元:iPhone15 – Apple(日本)

最後に、iPhone14とiPhone15を比較し、新しく増えた機能を紹介します。

iPhone15は全モデルにダイナミックアイランド搭載

 width=

画像引用元:iPhone15 – Apple(日本)

iPhone14 Pro/Pro Maxの上位機種のみに限定されていたダイナミックアイランド(Dynamic Island)がiPhone15ではすべてのモデルに搭載されました。

ダイナミックアイランドは、画面上部のパンチホールを活かした変形するサブディスプレイです。

通知だけでなく、アプリの操作なども行うことができ、滑らかなグラフィックでiPhoneの使い心地をワンランクアップさせてくれます。

ダイナミックアイランドでできること
  • 音楽や動画アプリの操作
  • 地図アプリのルート案内
  • タイマー表示
  • 交通系ICカードの利用表示

上記に限らず、さまざまなアプリがダイナミックアイランドに対応してきています。

iPhone14 Pro/Pro Max登場時の目玉機能がスタンダードモデルでも使えるのは嬉しいですね。

iPhone15はiPhone初のUSB-C端子対応に!

iPhone15 USB

画像引用元:iPhone15 – Apple(日本)

iPhone15では、iPhoneとしてはじめてUSB Type- Cが採用されました。

USB-C端子対応のメリット
  • 他の機器と充電ケーブルを共有できる
  • 転送速度が速くなる

中でもiPhone 15 ProとiPhone15 Pro Maxの2機種は、高速転送ができるUSB 3.0規格にも対応しています。

転送速度の比較

  • LightningとUSB 2.0:最大転送速度 480Mb/秒:
  • USB 3.0:最大転送速度 10Gbps/秒

タイプC端子であっても、USB 2.0ではデータの転送速度に変化はありません。

一方、USB 3.0であれば最大10Gbpsで転送できるので、理論上はUSB 2.0の20倍の速さとなります。

カメラ機能が大幅にアップグレードしたiPhone15 Proシリーズでは、データの転送速度向上は重要なポイントです。

超広帯域チップが第2世代(U2)に進化

iPhone15では、超広帯域チップが第1世代(U1)から第2世代(U2)にグレードアップしました。

U1はAppleが独自に開発したチップで、AirDropなどで使用されている無線技術です。

U2になったことでより長距離での通信が可能となり、約60m離れていても互いのiPhone正確な位置を検索できるようになりました。

iPhone15 Proシリーズのミュートボタンがアクションボタンに進化

iPhone15のアクションボタン

画像引用元:iPhone15 – Apple(日本)

iPhone15の上位モデルでは、従来のスイッチ式のミュートボタンが、さまざまな機能を割り当てられる「アクションボタン」となりました。

アクションボタンはすでにApple Watchで採用されているもので、ボタンの押し方や電源ボタン・音量ボタンとの組み合わせによってさまざまなアクションが行えます。

適用できるアクションには、たとえば以下のようなものがあります。

  1. 消音モード
  2. 集中モード
  3. カメラ
  4. フラッシュライト
  5. ボイスメモ
  6. ショートカット

ショートカットに各種設定やアプリを登録すれば、どんな操作もアクションボタンで起動できるようにできそうです。

iPhone15 ProシリーズはWi-Fi 6Eに対応

iPhone15 pro

画像引用元:iPhone15 – Apple(日本)

従来のWi-Fiの周波数帯は5GHzと2.4GHzの2つでしたが、2022年9月から新たに6GHz帯も使用できる「Wi-Fi 6E」が登場。

iPhone15シリーズでは、Pro/Pro Maxの2種類がWi-Fi 6E対応となりました。

iPhone14は上位モデルでもWi-Fi 6までしか対応していないので、iPhone15 Proシリーズは、さらに大容量のデータも高速で通信可能になります。

iPhone15とiPhone14の違い比較でよくある質問

iPhone15

画像引用元:iPhone15 – Apple(日本)

最後にiPhone15と14を比較した際に、よくある疑問点とその回答を紹介します。

iPhone15とiPhone14の違いは?

iPhone15とiPhone14の主な違いは以下の6点です。

  • 素材・カラー・デザインの変更
  • CPU性能が1段階グレードアップ
  • Type-C端子搭載
  • 全モデルにダイナミックアイランド搭載
  • 全モデルでカメラ性能がグレードアップ
  • 上位モデルのミュートボタンがアクションボタンに変更

iPhone15では過去のアクセサリが使えなくなるの?

iPhone15はLightningケーブルは使えません

ただし、MagSafe充電器やMagSafe対応のアクセサリであればそのまま使用できます。

保護フィルムやケースに関しても全モデルデザインの変更があったため、iPhone15用につくられたものが必要となるでしょう。

▲目次に戻る

iPhone15は久しぶりの買い替えiPhoneにもおすすめ

iPhone15シリーズのカラー

画像引用元:iPhone15 – Apple(日本)

今回の記事でみてきたiPhone14とiPhone15の違いをまとめます。

【結論】iPhone14とiPhone15の違い
  • iPhone15は大幅な値上げ無し!現時点での価格差は10,000~20,000円
  • サイズは同じ!ベゼルが細くなったiPhone15の方が本体サイズはわずかに小さい
  • 上位モデルは初のチタン製で14より軽量化!
  • iPhone初の待望のUSB Type-Cが遂に採用!
  • iPhone15はすべて新色!素材の違いにも注目
  • 全モデルでディスプレイ輝度向上、電池持ちや機能性も向上
  • CPUは全モデル1世代グレードアップ!iPhone15上位モデルは最新A17 Proチップ搭載
  • iPhone15のメインカメラが4800万画素に!
  • 上位モデルはレンズ性能・動画撮影性能がますますプロ仕様に

2023年発売の新型iPhone15は、上位モデルだけでなくベースモデルでもCPU性能や機能面でiPhone14から進化がみられます

また、本体の素材の変更に伴いベースモデル・上位モデルともにすべて新色での登場となりデザイン面でも目新しさがあります。

過去に発売したiPhoneを使っていて買い替えを迷っていたという人にとっては、iPhone15は良い選択肢となるでしょう。

iPhone15に関するプレスリリース一覧

iPhone15の値段・スペック・機能まとめ
iPhone15の値段・スペック・機能まとめ
Apple公式のiPhone15紹介動画
iPhone15Proの値段・スペック・機能まとめ
iPhone15Proの値段・スペック・機能まとめ
Apple公式のiPhone15Pro紹介動画

iPhone15の公式スペック解説

▲目次に戻る

この記事を書いた人
人にいろいろ説明するのが好きなwebライター兼古本屋。分かりにくい情報を分かりやすく伝えることを心がけています。